新型RAV4 PHVにプラス80万円の価値はあるか?


 2020年6月8日、とうとう発売となったRAV4 PHV。先行予約の段階で納期が半年待ちの11月頃になっているという。

 だが、そもそもRAV4には元々の設定としてハイブリッド車がある。その違いは何だろう? そしてその違いは、 ハイブリッド車の最上級グレードG=388万8500円(税抜)とPHVの最安価グレードG=469万円との差、約80万円を埋めるに値するものなのだろうか?

 自動車評論家 鈴木直也氏の試乗評とともに「PHV」の価値を探る。

●トヨタ RAV4 PHV グレードと価格
・BLACK TONE=539万円
・G “Z” =499万円
・G=469万円

【画像ギャラリー】トヨタハイブリッドの常識をひっくり返す!!? RAV4 PHV試乗の様子をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年6月のものです
文:鈴木直也、ベストカー編集部/写真:TOYOTA、ベストカー編集部/撮影:池之平昌信
初出:『ベストカー』 2020年7月26日号


■そもそもRAV4 PHVってどんなクルマなの?

(TEXT/編集部)

 RAV4ハイブリッドをベースに、駆動用大容量リチウムイオンバッテリーを搭載した「プラグインハイブリッドモデル」なのだが、ここでのポイントは、トヨタはこのPHVを「RAV4シリーズの最上級モデル」と位置づけている、ということ。

トヨタ RAV4 PHV

 外部充電でEV走行が95km可能であることももちろん大きなアピールポイントだが、単なる「エコ性能に優れたモデル」というよりも、「圧倒的な動力性能と優れたエコ性能を両立するプレミアムモデル」というイメージ。

 実際、システム出力306psのたたき出す動力性能はインパクトがあり、RAV4ハイブリッドとはまったく違った個性を発揮するモデルである。

 外部充電は100V/6Aの家庭用電源では27時間、200V/16Aだと5時間半で満充電可能。1500Wの外部出力も可能なので災害時の電源としても活用できる。

AC100/200V対応の外部充電のソケットは車体右側後方に設置される。急速充電には非対応だ

■RAV4ハイブリッドと何が違う?

(TEXT/編集部)

 床下に18.1kWhの大容量バッテリーを搭載し、フロントモーター出力を120ps/20.6kgmから182ps/27.5kgmへと大出力化。EV走行は最大95km(WLTC相当値)可能としているのがPHVの最大の違いだ。

次ページは : ■荷室や室内スペースは狭くない!?

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ