常識をひっくり返した!! 新型RAV4 PHVにプラス80万円の価値はあるか?

 2020年6月8日、とうとう発売となったRAV4 PHV。先行予約の段階で納期が半年待ちの11月頃になっているという。

 だが、そもそもRAV4には元々の設定としてハイブリッド車がある。その違いは何だろう? そしてその違いは、 ハイブリッド車の最上級グレードG=388万8500円(税抜)とPHVの最安価グレードG=469万円との差、約80万円を埋めるに値するものなのだろうか?

 自動車評論家 鈴木直也氏の試乗評とともに「PHV」の価値を探る。

●トヨタ RAV4 PHV グレードと価格
・BLACK TONE=539万円
・G “Z” =499万円
・G=469万円

【画像ギャラリー】トヨタハイブリッドの常識をひっくり返す!!? RAV4 PHV試乗の様子をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年6月のものです
文:鈴木直也、ベストカー編集部/写真:TOYOTA、ベストカー編集部/撮影:池之平昌信
初出:『ベストカー』 2020年7月26日号


■そもそもRAV4 PHVってどんなクルマなの?

(TEXT/編集部)

 RAV4ハイブリッドをベースに、駆動用大容量リチウムイオンバッテリーを搭載した「プラグインハイブリッドモデル」なのだが、ここでのポイントは、トヨタはこのPHVを「RAV4シリーズの最上級モデル」と位置づけている、ということ。

トヨタ RAV4 PHV

 外部充電でEV走行が95km可能であることももちろん大きなアピールポイントだが、単なる「エコ性能に優れたモデル」というよりも、「圧倒的な動力性能と優れたエコ性能を両立するプレミアムモデル」というイメージ。

 実際、システム出力306psのたたき出す動力性能はインパクトがあり、RAV4ハイブリッドとはまったく違った個性を発揮するモデルである。

 外部充電は100V/6Aの家庭用電源では27時間、200V/16Aだと5時間半で満充電可能。1500Wの外部出力も可能なので災害時の電源としても活用できる。

AC100/200V対応の外部充電のソケットは車体右側後方に設置される。急速充電には非対応だ

■RAV4ハイブリッドと何が違う?

(TEXT/編集部)

 床下に18.1kWhの大容量バッテリーを搭載し、フロントモーター出力を120ps/20.6kgmから182ps/27.5kgmへと大出力化。EV走行は最大95km(WLTC相当値)可能としているのがPHVの最大の違いだ。

■荷室や室内スペースは狭くない!?

(TEXT/編集部)

 写真はカットボディの展示車両。

カットボディの展示モデル

 一番かさばるバッテリーは床下、充電器やDCDCコンバータを後席下にレイアウトすることで、基準車RAV4と比較してもインテリア空間を犠牲にすることはなく、充分な荷室容量を維持している。

 後席座面クッションは、若干薄くなっているが、座り心地に影響はほとんどない。

荷室フロアは若干高くなっているものの、奥行きなどは変化なく、室内空間は基準車とほぼ同じだ

■約90万円の価格差の価値は?

(TEXT/編集部)

 PHV専用デザインのブラック基調のインテリアカラーや合皮を使った表皮デザインなどで、ノーマルRAV4よりも豪華な印象。

PHVは全グレードで合成皮革のシートが標準仕様となる。インテリアはブラック基調で、レッドステッチがアクセント。全体的に基準車に比べて豪華でスポーティな印象だ

 外観ではフェンダーアーチモールやサイドシルの光沢感のあるブラック塗装がポイント。パワーユニット以外の差も結構あるのだ。

光沢感のあるブラックがPHVの外観上のポイント。なんかきらびやかな印象!

■鈴木直也のトヨタ RAV4 PHV 試乗評

(TEXT/鈴木直也)

 RAV4に追加されたPHVモデルはこれまでのトヨタハイブリッド車の常識をひっくり返す存在といっていい。

 初代プリウス以來、トヨタハイブリッドシステム(THS)は一貫してエネルギー効率を高めることがテーマ。結果として、圧倒的な燃費性能が世界中で高く評価されてきた。

 その一方「THSは燃費はいいけど面白くないよね」という声があったのも事実。エンジン出力と発電機負荷をバランスさせる原理上、単純にパワフルなエンジンを積むわけにもいかず、これまでボクも「ここはTHSの苦手な分野」と評価してきた。

 ところがRAV4 PHVは電動パワー部分を思いっ切り強化することで、その制約を突破してきた!

ひと踏みで“ドン!”と加速!

 スペック面でRAV4ハイブリッドとPHVを比較すると、エンジン部分は177ps/22.3kgmでほぼ同じだが、フロントモーターが120psから182psへパワーアップ。リアモーターは54ps‌で同じながら、システム最高出力は222psから306psへと強化されている。

 これは、モーターのみならず、18.1kWhの大容量リチウムイオン電池と、そこから大電流を引き出す強化型パワコンユニットの合わせ技。これまで効率一辺倒だったTHSのシステムを、パフォーマンス方向へ振るとこうなるという、新たなロールモデルとなっている。

 そのRAV4 PHVを試す舞台は袖ヶ浦フォレストレースウェイ。なるべく自制心を働かせて全開アタック以外の日常走行も試してみた。

メーターパネルはセンターにスピードメーターを配し、左にはエネルギーモニターを配置している

 パワースイッチをオンしてシステムを起動させると、基本的に最初はEVモードで立ち上がる。EVのみでも出力は236psもあるから、軽快にピットレーンからコースに滑り出る。

 そんなに踏んだつもりはないんだけど、ここでぼくも同乗の編集ウメちゃんも揃って「オッ!」と声が出たね。

 アクセル開度の小さいところから、グイッとトルキーに発進するその加速感は、まさにイマドキのEVそのもの。

 車重は1900kgのヘビー級ながら、ズンとパンチの効いた初期加速の鋭さは60kWh‌リーフやテスラモデル3あたりにも引けを取らない印象だ。

合皮素材を使ったシートやレッドステッチをアクセントとしたブラック基調のインテリアは上質さを感じさせ、標準RAV4との違いをアピールしている

 スタッフが電池を満充電にしておいてくれたおかげで、最初の1周はほぼEVモードのみで周回。さすがに、100km/hくらいになると余剰トルク感はあんまりなくなるものの、静かでスムーズなEV走行が堪能できる。

 カタログ値EV航続距離95kmで実力がその7掛けくらいだったとしても、日常の用足しはすべてEVでこなせそうだ。

 2周目はいよいよハイブリッドモードに切り替えて全開走行を試す。

 EVモードでは床まで踏まないとエンジンは始動しないが、このモードでは従来のトヨタハイブリッドと同じ感覚。踏めばエンジン+モーター、戻せば臨機応変にエンジンを停めて回生充電する。

 本気で走るとこのRAV4 PHV、そうとうに速い!

 サーキット走行でキモになるのは、いうまでもなくコーナーからの立ち上がりだが、モーターが低速トルクをアシストするうえに、4WDの優れたトラクションがあいまって、どこから踏んでもグイグイいくイメージ。

 システムトータル出力306psは伊達じゃない。

 ただし、サーキットをガンガン攻めると、物足りなくなるのがタイヤとブレーキのキャパシティ。パワフルなうえに車重が重いから、そのしわ寄せが全部タイヤにかかってくる感じで、減速時や高速コーナーではけっこうズルズルくる。

 ここだけはオプションでもいいからパフォーマンスパッケージみたいなセットを用意して、より高性能なタイヤとブレーキを選べるようにしてほしいと思った。

 実際、欧州プレミアムのスポーツバージョンは、そういったオプションでけっこうな金額を稼いでるわけだし。

BLACK TONEとG “Z” のシート表皮は横基調のキルティング調デザイン

 それにしても、これほどまでにパワフルでスポーティなトヨタハイブリッドは初めて。

 まもなく誕生から25年を迎えるTHSだけど、そのポテンシャルにはまだまだ伸び代があるのにビックリの試乗でした。

RAV4 PHVの各グレードと主要諸元

【画像ギャラリー】トヨタハイブリッドの常識をひっくり返す!!? RAV4 PHV試乗の様子をギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ