黒のサソリ現る!人気のアバルト595に限定車「スコルピオーネオーロ」登場

 愛らしいイタリアの小型車フィアット500のスポーツモデル「アバルト595」は、日本でも人気の高い小型輸入車のひとつだ。そのアバルト595に、ブラックのボディとゴールドのアクセントを組み合わせた限定車「スコルピオーネオーロ」が登場した。

 なぜ愛らしいアバルト595から、ちょいワル風に仕立てた限定車が誕生したのか?その理由と限定仕様の特徴について紹介しよう。

文:大音安弘、写真:FCAジャパン

【画像ギャラリー】シブさ満点!! アバルト595スコルピオーネオーロ


ネオクラシックなコーディネートの理由

 FCAジャパンは、2020年11月7日、フィアットの高性能モデル「Abarth(アバルト)」の主力モデルであるAbarth 595(アバルト595)の限定車「Abarth 595 Scprpioneoro(アバルト595スコルピオーネオーロ)」を発表した。

 価格は、5速MTが368万円、セミオートマチックとなる5速AMTが379万円となる。それぞれの仕様で、それぞれ左・右ステアリングが用意。ボディカラーは、ブラックのみとなる。

 スコルピオーネオーロは、世界限定2000台の特別仕様車で、主要マーケットのひとつに数えられる日本には200台が導入。

 現在、アバルト公式サイトでは、2020年11月21日まで、最初の50台の先行予約受付を実施中で、応募者多数の場合は、抽選が行われる。

 ブラックのボディにゴールドのアクセントが輝く仕様が特徴となる限定車だが、クルマ好きの中には懐かしさを覚える人もいるはずだ。

 それもそのはずで、スコルピオーネオーロは、1970年~80年代に活躍したアバルトのホットハッチ「アウトビアンキA112アバルト」に、1979年に設定された限定車「タルガ オーロ」のオマージュなのだ。そのカラーリングの特徴に現代的なアレンジを加え、595へと受け継いでいる。

限定車「アバルト595スコルピオーネオーロ」はブラックのボディにゴールドのアクセントが特徴だ

ゴールドのアクセントが輝くチョイワルなアバルト

 ベース車は、日本にも導入されるアバルト595ツーリスモで、基本的なスペックは共通だが、元々、エントリーモデル595よりもパワーアップが施されており、より高性能化されているモデルだ。

 エクステリアの特徴は、なんといってもゴールドのアクセントだ。ボディストライプ、ボンネットのスコーピオンのデカール、ボディサイドのアバルトステッカー、限定車名などのエンブレム、専用デザインのアルミホイールの全てがゴールド仕様に。

 そのアクセントを強調すべく、マットブラックのチェッカードルーフやブラック仕上げのブレーキキャリパーが組み合わされている。

ボディ各部に加えられるゴールドのパーツ。エンブレムもゴールド仕上げとなり、存在感を増している

インテリアは、より大人っぽく

 エクステリア同様に、ブラックを基調としたインテリアは、よりクールな仕上げとなる。ゴールドのアクセントは、たった2か所に限定。

 そのひとつがスポーツシートだ。表皮は、レザーとファブリックのコンビ仕上げとなり、ヘッドレスト部にトリコローレカラーのデザインと金文字での限定車名の刺しゅうが加えられる。

 またシート中央のカモフラージュ柄も限定車だけの仕様となる。

 もう一点は、限定車を示すプレートで、ダッシュボード中央のハンドブレーキ後ろに装着され、限定車であることを証明する。

外観とは裏腹に大人びたインテリア。専用表皮デザインとなるシートが限定車の特徴だ

限定車の密かな魅力は、左ハンドルとMT!?

 スコルピオーネオーロの最大の魅力は、そのビジュアルだが、実は裏技的魅力もある。それが日本非導入の仕様が選べるということ。

 アバルト595は、グレードにより左右ハンドルやMTの選択が可能だが、左右ハンドルとMTとAMTの4つの組み合わせ全てが選べるのは、スコルピオーネオーロだけ。

 さらにいえば、ベースとなる595ツーリスモは、右ハンドルのAMTのみ。しかもアバルト595のAMTには、全グレード右ハンドルしか設定がない。このため、MT仕様のツーリスモや左のAMTを手にする絶好の機会となっているのだ。

 現在のアバルト595は、「ベース」「ツーリスモ」「コンペティツォーネ」の3タイプがあるが、全てエンジンスペックを中心に仕様が異なる。

 ツーリスモは、その名が示すように、GT的キャラクターも意識した仕様であるため、日本では、AMTに絞られている。限定車だけでなく、好みのツーリスモの仕様が手に出来るという点でもスコルピオーネオーロは、魅力的なのである。

 日本には、200台が導入予定だが、好みの仕様を手にするためには、先行予約に参加した方が得策といえそうだ。

限定車の密かな魅力は、好きなハンドル位置とトランスミッションの組み合わせがえらべることにもある!

【画像ギャラリー】シブさ満点!! アバルト595スコルピオーネオーロ