名門アバルト軍団の実力と心配 世界に誇る「サソリ」の一撃


 日本人が好きな輸入車メーカーはいろいろあり、昔から偏愛的で熱狂的なマニアも多数存在している。MINI、アルファロメオなどはその典型でもある。

 そのいっぽうで、チューニングを施す名チューナーに対して熱狂的なファンが存在する珍しいケースがアバルトだろう。

 カルロ・アバルトが始めたチューニングメーカーはフィアットに吸収され、アバルトというブランド自体の存続も危ぶまれたこともあるが、それを救ったのが日本での人気だったのは有名な話だ。サソリのエンブレムに対し並々ならぬ思い入れを持っている人も多い。

 現在アバルトはアバルト595、アバルト124スパイダーを販売し、根強い人気を誇っている。アバルトが日本人の琴線を刺激し続ける理由について考察すると同時に現行ラインナップの魅力についても言及していく。

 そして、2019年末に生産終了が報じられたロードスターの兄弟車、アバルト124スパイダーのその後について調べてみた。

文:岡本幸一郎/FCA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】懐かしいクルマが勢揃い!! アバルトマジックが炸裂した歴史的モデルをチェック!!


サソリの毒は間違いなく日本に蔓延

 日本では輸入車というとドイツ系が圧倒的に強いいっぽうで、まったく異質ながら高い人気を博しているブランドがいくつかある。

 2019年に70周年を迎えたアバルトも、まさしくそのひとつだ。しかも非常に特徴的な売れ方をしているのが興味深い。

2017年のマイナーチェンジで595に統一された。アバルトブランドで最量販モデルで、2019年は歴代2番目の販売台数をマーク

 2019年の販売実績(FCA値)では、フィアット500の4342台に対し、アバルト595が2955台と、チンクェチェント全体における販売比率が68%超にも達していることにまず驚く。

 さらにはフィアット500ともども登場から時間が経過するにつれて極端な右肩上がりとなっているのだから恐れ入る。

 アバルト595系の導入年と翌年は500台あまりだったところ、図のとおり急増している。「サソリの毒は間違いなく日本で蔓延してきております(笑)」とFCA広報女史も述べるとおりだ。

アバルト500、アバルト595の年別販売台数(FCA公表データ)

モータースポーツで名を馳せたアバルト

日本にはアバルトフリークが根強く存在していて、カルロ・アバルトの誕生月にちなんだサソリのエンブレムは特別な意味を持っている

 アバルトはオーストリア出身のレーシングライダーであるカルロ・アバルトが1949年にイタリアのトリノで設立したのが起源。おなじみのサソリのトレードマークは創始者のカルロの誕生月の星座に由来する。

 ほどなくフィアット車をメインに市販車のチューニングを手がけるかたわら競技にも参戦し、1950~1960年代にはモータースポーツ界を席巻するほどの活躍を見せた。

アバルトは1960年代のレーシングシーンでセンセーショナルを巻き起こし、それにより名声を築いた。写真は1965年モデルの1000SP

「ジャイアントキラー」や「ピッコロモンスター」と呼ばれるほど、競争相手の大柄な高性能車を小さなアバルトが追いかけ回すさまはのちのちまで語り草となった。

 それが遠く離れた日本にも伝わると、もともと日本人が昔からDNAとして持っている、強大な相手に挑む小兵に味方する、いわゆる“判官びいき”の心境と通じたことも、現在のアバルトの人気につながっている面も少なからずありそうだ。

次ページは : アバルト復活のきっかけは日本!!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ