フォレスターターボ復活!&インプレッサにSTI登場!! スバルの本気に乗り遅れるな!!!

 2020年10月15日の正式発表から大きな話題となっている新型レヴォーグ。だが今年のスバルはこれだけでは終わらない、いやむしろこれからが本番と言っていい。国内で展開している全ラインナップが一斉に切り替わりの時期を迎えているからだ。

 今回はその中から、グレード構成を一新しターボを復活させたフォレスターのマイナーチェンジと、STIスポーツが設定されたインプレッサの一部改良についてお届けする!

■フォレスターの主な改良ポイント
・新型1.8Lターボを新設定
・e-BOXERを主力に変更して拡大搭載(2.5Lエンジン廃止)
・Xブレイクは「eアクティブシフトコントロール」を新搭載

■インプレッサの主な改良ポイント
・「アドバンス」「2.0e-Lアイサイト」「STIスポーツ」の3グレードを新設定
・「アドバンス」「2.0e-Lアイサイト」にはe-BOXERを搭載

【画像ギャラリー】人気グレード投入で巻き返しなるか!!? フォレスター&インプレッサを写真で見る

※本稿は2020年10月のものです
文/ベストカー編集部、写真/SUBARU
初出:『ベストカー』 2020年11月26日号


■デビューから2年のフォレスター、マイナーチェンジでターボ復活!

 デビューから2年が経過するスバルのミドルSUV、フォレスターのマイナーチェンジが実施された。

 現行フォレスターは2.5Lと2Lハイブリッドの「e-BOXER」の2つのパワーユニットを搭載して登場。

新開発1.8Lターボ搭載モデルの「スポーツ」が新設定。2.5Lエンジンが廃止になり、「ツーリング」「Xブレイク」のパワーユニットは2Lハイブリッドのe-BOXERに変更。e-BOXERがメインのラインナップになった

 しかし先代モデルにあったターボ車がなくなったため、これまで力強い走りが魅力だったフォレスターとしては、正直物足りない部分があった。

 そこで、今回のマイナーチェンジでは新型の1.8Lターボ搭載車を新たに設定。同時に2.5Lエンジンを廃止し、エンジンラインナップに合わせてグレード構成の見直しが図られた。

内装に大きな変更はなく、機能的で落ち着きのあるデザインを継承。車内空間が見た目以上に広い

 パワーユニットは1.8Lターボとe-BOXERの2本立てに変更。

 e-BOXERが主力パワーユニットとなり、従来の「アドバンス」1グレードから「アドバンス」「Xブレイク」「ツーリング」の3グレードに拡大搭載。

 1.8Lターボは、新たに設定された最上級グレードの「スポーツ」に搭載される。

 1.8Lターボは、新型レヴォーグと同じ新開発の1795cc水平対向4気筒直噴ターボで、177ps/30.6kgmを発揮。低速域からトルクフルな走りを実現する。

 また、e-BOXER車では、スポーツ走行時に高いエンジン回転をキープして走りの楽しさを味わえる「e-アクティブ シフトコントロール」をXブレイクに新たに搭載したのも改良点となっている。

 先進安全装備が従来どおり充実しているも魅力だ。

「Xブレイク」にはスポーティな走りをサポートする「e-アクティブ シフトコントロール」が搭載される

■フォレスター スポーツ 主要諸元
・全長×全幅×全高:4625×1815×1715mm
・ホイールベース:2670mm
・最小回転半径:5.4m
・車両重量:1570kg
・エンジン:水平対向4DOHCターボ
・排気量:1795cc
・最高出力:177ps/5200-5600rpm
・最大トルク:30.6kgm/1600-3600rpm
・ミッション:CVT
・サスペンション 前/後:ストラット/Wウィッシュボーン
・WLTCモード燃費:13.6km/L
・価格:328万9000円

フォレスター価格一覧

■インプレッサもリニューアル!

 9月17日から先行予約を開始していたインプレッサの一部改良モデルが10月8日に発表、発売された。

 今回の改良では、5ドア車に、2Lハイブリッドのe-BOXERを搭載した「アドバンス」「2.0 e-Lアイサイト」の2グレードと、スポーティな最上級グレード「STIスポーツ」の3つのグレードを新たに追加。

グレーメタリックのフロントグリルやアルミホイールの外観が特徴のe-BOXERを搭載した「アドバンス」

 アドバンスと2.0e-Lアイサイトは、2L水平対向4気筒+モーターアシストによる軽快な加速を実現。

 さらにアダプティブ変速制御「e-アクティブ シフトコントロール」を採用し、コーナリング時の走りの楽しさをサポートしている。

 一方のSTIスポーツは、フロントサスペンションにSTIチューニングのSHOWA製メカ式減衰力ダンパーを採用し、快適な乗り心地とスポーティな走りを高次元で両立。

 軽快な走りのFFモデルも設定されている。

STIチューニングによって走る楽しさを追求した「STIスポーツ」
「STIスポーツ」の内装。レッドカラーをアクセントに採用

 外装はフロントグリルなどにブラックカラーが採用され、内装はレッドをアクセントにしてスポーティさが表現されている。

インプレッサ価格一覧

【画像ギャラリー】人気グレード投入で巻き返しなるか!!? フォレスター&インプレッサを写真で見る

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】マツダ 社運を賭けた新車戦略の全貌|ベストカー12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…

カタログ