ヤリスクロス RAV4 スイスポ…国内最激戦区!! 価格200万円台 目的別イチオシ車 18選

「使い勝手がイチバン」「走りを楽しみたい」「コスパ最重要」「とにかく扱いやすいクルマ!」……クルマの用途や買う基準、楽しみ方は人それぞれだ。

 本企画では、車両価格200万円台のクルマたちから、ニーズに応じた国産&輸入車区別なしのオススメ車をご紹介。

 車両価格200万円台といえば新車購入予算の中心となる価格帯。それだけに各社意欲的なクルマを数多く投入しており、3列シートのミニバンもSUVも豊富に揃う。

 逆に言えばそれだけにクルマ選びは楽しくも難しい。それゆえ、こうして専門家の意見を紹介するのも価値が出てくる、ということなのだ! さて、この価格帯のイチオシのモデルは?

●こんなニーズを考えてみました!!!
・スポーツドライビングを楽しむなら?
・運転のしやすさが外せないなら?
・3列目にこだわるなら?
・居住性&乗り心地重視派なら?
・コスパにこだわるなら?
・アウトドアにこだわるなら?
・チョイ乗りにフィットするクルマは?
・インテリアの質感にこだわるなら?
・免許を取りたて「最初のクルマ」なら?

【こちらもオススメ!】究極の「安くていいクルマ」 100万円台で買える目的別オススメ車 14選

【画像ギャラリー】各社力を入れるバラエティ豊富な価格帯! 200万円台で買えるオススメ車たちを写真で吟味!!!

※本稿は2020年10月のものです
選者/斎藤 聡、国沢光宏、渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2020年11月26日号


■スポーツドライビングを楽しみたい!

(選者/斎藤 聡)

 86やロードスターもグレードによってはこのクラスだが、200万円台ではスイフトスポーツとS660を推す。100万円台にも登場したスイフトだが、スイフトスポーツはさらに数段面白い。

【オススメNo.2】スズキ スイフトスポーツ:201万7400円(6MT)

 このクルマ、エントリースポーツだと思ったら大間違い。中・上級者が乗っても充分楽しいし、刺激的な速さを持っている。

 S660も外せない1台。軽自動車を作ろうとハナから思っていなかったのでは? と思えるようなボディ剛性の高さ。操縦性は本気のスポーツカーだ。

【オススメNo.1】ホンダ S660 α:232万1000円(6MT)…こんなに小さなミドシップは日本車でなければあり得ない。S660は凄い

■わりと頻繁に3列目シートを使います

(選者/渡辺陽一郎)

 標準ボディが5ナンバーサイズに収まるミドルサイズミニバンのなかで、3列目の居住性が最も快適な車種はセレナだ。

【オススメNo.1】日産 セレナXV:273万6800円(CVT)…200万円台のミニバンで3列目シート重視ならセレナが一番のオススメ!

 XVなど3列目にスライド機能を備えたグレードなら、足元空間が広く多人数の乗車も快適だ。3列目は座面の奥ゆき寸法がライバル車よりも30~40mm長く、座り心地もいい。

 2位はヴォクシーZS。ヴォクシー系3姉妹車の3列目は、座面の奥ゆきがセレナより短いが、床と座面の間隔に余裕があって着座姿勢はいい。座り心地も適度に柔軟だ。

【オススメNo.2】トヨタ ヴォクシーZS 7人乗り:284万4600円(CVT)

■とにかく運転しやすいクルマが欲しい

(選者/渡辺陽一郎)

 200万円台は車種の選択範囲も広がるが、運転のしやすさを重視するなら、視界のいいコンパクトな車種だ。最も推奨されるのはノートe-POWER X。

【オススメNo.1】日産 ノートe-POWER X:205万9200円(―)…ノートe-POWERのワンペダルドライブは慣れれば運転がとってもラク!

 5ナンバーサイズの直線的なボディは、四隅の位置もわかりやすい。最小回転半径も5.2mで運転しやすい。アクセルペダルだけで速度を調節できる運転感覚も、慣れると扱いやすい。

 2位はヤリスクロスハイブリッドZ。全幅は少しワイドな3ナンバー車だが、直線基調のボディは視界も優れ運転しやすい。

【オススメNo.2】トヨタ ヤリスクロスハイブリッドZ:258万4000円(―)

■クルマは居住性&乗り心地重視派です

(選者/渡辺陽一郎)

 この価格帯で居住性と乗り心地を重視するなら、最も推奨度の高い車種はインプレッサスポーツだ。

【オススメNo.1】スバル インプレッサスポーツ4WD 2.0e-Lアイサイト:256万3000円(CVT)…この項No.1のインプレッサスポーツはマイナーチェンジしたばかりだ

 3ナンバーサイズの国産ハッチバックでは、後席が最も広い。乗り心地も優れ、4名が快適に移動できる。内装もデザインは平凡ながら作り込みは上質で、満足感はLサイズセダンに近い。

 2位はヴェゼルだ。ボディはコンパクトだが、燃料タンクを前席の下に設置して後席と荷室を広く確保した。乗り心地は低速域で少し硬いが、発売当初に比べると快適になった。

【オススメNo.2】ホンダ ヴェゼルRSホンダセンシング:252万833円(CVT)

■コストパフォーマンスにこだわります

(選者/国沢光宏)

 コストパフォーマンスという点でクルマ選びをするならXVでしょう。もっといえば、よくこの価格で売れると驚くレベル。

【オススメNo.1】スバル XV 1.6i-Lアイサイト(4WD):233万2000円(CVT)…スバルのコスパの高さは定評あり。No.1もohashi.2もスバル車で決まり!

 悪路も走れる本格的な4WDだしシャシー性能は欧州車に負けないくらい高い。事故回避能力が極めて高いアイサイト3を標準装備して歩行者エアバッグまで付く。このクルマ、難点は燃費が伸び悩むことだけ。サンデードライバーなどで走行距離短いなら100点だと思う。

 2位は同じスバルのインプレッサG4。特徴はXVと同じです。

【オススメNo.2】スバル インプレッサG4 1.6i-Lアイサイト(4WD):222万2000円(CVT)

■趣味のアウトドア遊びに便利なクルマ

(選者/国沢光宏)

 No.1は瞬時も迷うことなくRAV4でしょう。アウトドアの相棒として使うなら申しぶんない。コストパフォーマンスだって最高!

【オススメNo.1】トヨタ RAV4 2.0X(4WD):297万4000円(CVT)…2Lガソリンなら4WDでも200万円台のRAV4がオススメNo.1だ

 ウィークエンドドライバーでチョイ乗りがほとんどなら300万円以下で買えるベースエンジンの2Lが最もいいと思う。加えてリセールバリューを期待できるから、乗り換え時もうれしい。

 No.2にヤリスクロスを選んでおく。ハイブリッドはめちゃくちゃ燃費いいため、毎週のように遠くまで遊びに行くような人にもオサイフにやさしい。

【オススメNo.2】トヨタ ヤリスクロスハイブリッドZ E-Four:281万5000円(―)

■チョイ乗りがほとんどだけどクルマが欲しい

(選者/国沢光宏)

 輸入車などいかがか? 新型プジョー208はオシャレだし装備内容も充実している。

【オススメNo.1】プジョー208アリュール:259万9000円(8AT)…Bセグメントなら欧州車でも200万円台で魅力的なクルマが選べます!

 自動ブレーキ性能など平均以下ながら、チョイ乗り主体ならあまり困らないと思う。ただリセールバリューが不安なので、長く乗ることを前提にしておきたい。短期に乗り換えるなら国産の人気車が一番です。

 次点にシトロエンC3を挙げておく。これまたセンスよくて実用性高い。近所のお買い物や休日のドライブの相棒としちゃ最高でしょう。騙されたと思って試乗してみてほしい。

【オススメNo.2】シトロエンC3フィール:229万円(6AT)

■インテリアの質感が高いクルマに乗りたい

(選者/渡辺陽一郎)

 1位はMX-30だ。見た人の好みによって評価が大きく変わるデザインだが、コルクを使ったセンターコンソールなど、新鮮なセンスで造り込んだ。

【オススメNo.1】マツダ MX-30ベーシックセット:249万7000円(6AT)…最新のMX-30のインテリアは一見の価値あり。コルクを使った内装は新鮮だ

 シートの生地に伸縮性があり、体にフィットする座り心地も上質だ。従来のスポーティなマツダ車に興味を持たない人たちに向けて、リラックスできるクルマに仕上げた。

 2位はシビックハッチバック。ややデザインの古さを感じるが、インパネの周辺は立体的で囲まれ感が伴う。6速MTのシフト感覚も上質だ。

【オススメNo.2】ホンダ シビックハッチバック:294万8000円(6MT)

■免許を取った子どもの最初のクルマを探しています

(選者/国沢光宏)

 クルマ好きの子どもならスイフトスポーツしかないと思う! このクルマ、乗って楽しいしモディファイして楽しい。ロムチューンだけで奥ゆきが深まるほど。

【オススメNo.1】スズキ スイフトスポーツ:201万7400円(6MT)

 安全装備もソコソコ充実しており、スポーティモデルとして考えたら合格点です。リセールバリューも期待していいです。

 アウトドアスポーツ好きなお子さんならフォレスターなどいかがか? 子ども用として買っておき、親がアウトドアに行くとき使ったっていい。安心して雪道を走れます。

【オススメNo.2】スバル フォレスターツーリング:291万5000円(CVT)

【画像ギャラリー】各社力を入れるバラエティ豊富な価格帯! 200万円台で買えるオススメ車たちを写真で吟味!!!