レクサスLM アジア限定高級ミニバンを日本で発売しない理由と導入の可能性


 トヨタは国や地域によって販売車種を選別している。これはトヨタのプレミアムブランドであるレクサスについても同様だ。

 そのレクサスで今注目を集めているのが、中国、香港、台湾をはじめとするアジア限定の高級ミニバンであるLMだ。少数ではあるが、並行輸入車として日本に上陸し、2000万円オーバーの高額ながら、入れば売れる状態が続いている。

 ちなみに、中国で販売されるLMは、2.5LハイブリッドのLM300hで4人乗りと7人乗りをラインナップし、7人乗りは116万6000元、4人乗りは146万6000元ということで、1元=16円で換算すると、それぞれ日本円で1865万6000円、2345万6000円となる。

 ということで、並行輸入業者が暴利をむさぼっているわけではないのだ。

 この超高級ミニバンのレクサスLMが日本に導入されない理由、そして日本導入の可能性について考察する。

文/渡辺陽一郎
写真/LEXUS、TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】中国では2000万円前後で販売中!! LSより高額なフラッグシップミニバンのLMは史上最高級ミニバン!!

■日本で販売していないLMの需要は高い

 最近はアルファードの販売が好調だ。

 2020年9/10/11月の登録台数は1万台を超えた。もともとアルファードは人気車だったが、取り扱い販売店はトヨペット店のみだった。それが2020年5月以降は、トヨタの全店が全車を扱う体制に移行して、アルファードの売れ行きも急増した。

よく売れているミニバン、アルファード。350万~500万円の売れ筋グレードが実用車のシエンタより売れていると言うのだから、驚異的だ

 そのいっぽうで姉妹車のヴェルファイアは売れ行きを落とし、1カ月あたり1000~1300台に留まる。基本的にはアルファードと同じクルマなのに、登録台数では大差を付けられた。

 それにしてもアルファードの売れ筋価格帯は350万~500万円に達する。この価格帯のクルマがフィットやシエンタよりも多く売れるのだから、物凄い人気ぶりだ。

 そしてアルファードの人気が高騰するなら、レクサスLMのニーズも同様に高いだろう。

 中国や香港で販売されるレクサスブランド(トヨタが展開する上級ブランド)のミニバンで、アルファードをベースに開発された。ただしミニバン大国とされる国内市場には投入されていない。

中国でのレクサス LSが日本円で1400万円相当からなのに対し、LMの販売価格は1800万円からだと言う。オセアニア地域市場向けでのフラッグシップは今後LMにする言うことなのだろうが、それにしても凄い値段だ

■LMはアルファードをベースにさらに高級化

 LMの外観は基本的にアルファードと同じだが、フロントマスクにはレクサスのスピンドルグリルが備わる。

 LSなどと同様の顔つきで、高級感を盛り上げる。全幅やホイールベース(前輪と後輪の間隔)はアルファードと同じだが、外観の変更で全長は90mmほど伸ばされて5mを超える。

 内装も豪華だ。3列シートの7人乗りに加えて、2列シートの4人乗りを用意したことも特徴となる。4人乗りの後席は、アルファードのエグゼクティブラウンジシートをさらに豪華にしたような造りだ。

 前後席の間にはパーテーションとキャビネットが装着され、リムジンのような雰囲気を感じさせる。

2列/4人乗り仕様。まさにショーファードリブン
3列/7人乗り仕様。こちらと比べて貰えば、4人乗り仕様の贅沢さをより感じて貰えると思う

 7人乗りの2列目は、アルファードのエグゼクティブパワーシートに準じた造りになり、シートアレンジも実用性を重視した。2種類のグレードを用途に応じて選べる。

 エンジンは販売する地域に応じて、直列4気筒2.5Lのハイブリッドと、V型6気筒の3.5Lを用意する。基本的なメカニズムはアルファードと同じだが、ショックアブソーバーなどは上級化されて快適性を向上させた。

次ページは : ■LM日本導入について販社の見解

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ