レクサスを支えるSUV 新型NX登場!! 初PHEVも用意されてすげえ売れそう!!

トレンドを取り入れつつ、ドライビングマインドを刺激するインテリア

 ヘッドラップディスプレイからメーターへと前後方向につながる情報表示系のレイアウトや、超大型のセンターディスプレイなど、運転中のスムーズな視線移動を実現している。

 スタートスイッチ、シフトレバー、ドライブモードセレクタなどは、ステアリング近くにレイアウトされており、姿勢を崩すことなく操作ができ、安全だ。程よくタイトなつくりとなっている運転席周りも、ドライビングマインドを刺激してくれるはずだ。

 また、昨今の欧州系高級車のように、新型NXにも64色の室内イルミネーションが採用されており、車内全体を照らしてくれる。14色が推奨カラーとしてプリセットされており、こうしたライティングコーディネートは、今後もトレンドとして続いていくだろう。

ヘッドアップディスプレイ、液晶デジタルメーター、大型ナビゲーションモニタが、運転中の視線移動を極力減らすように配置されている
ヘッドアップディスプレイ、液晶デジタルメーター、大型ナビゲーションモニタが、運転中の視線移動を極力減らすように配置されている
14インチワイドタッチディスプレイを採用。コマンドコントローラーで操作するのではなく、直感的に操作ができるようにした
14インチワイドタッチディスプレイを採用。コマンドコントローラーで操作するのではなく、直感的に操作ができるようにした
シフトレバーはコンパクト。その他のスイッチ類も極力シンプルにして、無駄なデザインを省いた
シフトレバーはコンパクト。その他のスイッチ類も極力シンプルにして、無駄なデザインを省いた
高級感に溢れたフロントシート
高級感に溢れたフロントシート
後席はサイドウィンドウが広く、採光が良い
後席はサイドウィンドウが広く、採光が良い

PHEVのほか、なんと新開発ターボも

 新型NXのホットポイントは、なんといってもパワートレインだ。ラインアップは6つ、2.5L直4プラグインハイブリッド、2.5L直4ハイブリッド(FFとE-Four)、2.5L直4NAガソリンエンジン(FFとE-Four)、そして、2.4L直4ガソリンターボ(電子制御フルタイム4WD)だ。

 トップグレードに位置するプラグインハイブリッド車は、18.1kWhのリチウムイオンバッテリーの容量を誇り、クラストップレベルのEV走行距離を実現するという。RAV4PHVと同じバッテリー容量のため、おそらく95kmはEV走行可能なはずだ。EVモード、AUTOモード、HVモード、セルフチャージモードと、4つの走行モードを持つ。

 特筆すべき点としては、AUTOモードとHVモード時、ナビで目的地をセットすると、先読みEV/HVモード切り替え制御が働き、電池残量や経路、交通情報を元に、エネルギー効率の良い走りになるという点。非常に賢いシステムだ。

 2.5Lハイブリッドは、RAV4やハリアーでもお馴染みのパワートレインだ。使用されるハイブリッド技術「THS-II」は、現時点「世界最高峰」といっていい。4WDもお馴染み、e-Fourを採用。前後駆動配分は100:0から20:80で可変となる。2.5L NAガソリンも、すでに実績のあるパワートレインだ。

プラグインハイブリッドシステム。プロペラシャフトはなく、後輪はモーター駆動となる
プラグインハイブリッドシステム。プロペラシャフトはなく、後輪はモーター駆動となる
バッテリー容量18.1kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載
バッテリー容量18.1kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載

 2.4L直4ガソリンターボは新開発となるエンジンだ。高トルク対応型ダイレクトシフト8ATと、フルタイムAWDの組み合わせのみとなる。TNGAの高速燃焼システムに加え、センター噴射直噴システム、ターボと触媒の近接配置などによって、環境対応も考慮したという。

 前後駆動配分は、75:25から50:50まで常時可変。高い接地感とリニアなステアリングフィールを実現するという。

2.4Lの直列4気筒ガソリンターボエンジンも用意する
2.4Lの直列4気筒ガソリンターボエンジンも用意する

 2.5LのNAガソリンエンジンがあるのに、なぜ、あえて排気量を上げたターボエンジンを用意したのか、は疑問が残るところだ。

 ハイブリッドとNAガソリンエンジンの間をつなぐグレードとして、「顧客を逃さない」という策略なのかもしれないが、カーボンニュートラルが大きく叫ばれる時代に、わざわざ新開発したターボエンジンまで用意してくるとは、レクサスの商魂の高さには恐れ入る。

新型NXのパワートレインのラインアップ。このほかにも、中国専用としてNX400h+、NX260、また台湾とロシア専用としてNX200(2.0L直4)が設定
新型NXのパワートレインのラインアップ。このほかにも、中国専用としてNX400h+、NX260、また台湾とロシア専用としてNX200(2.0L直4)が設定

次ページは : 便利機能もさらに進化!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!