メルセデス・マイバッハGLS 600 4MATIC登場 何処へでも連れていってくれる!!


 メルセデス・ベンツのフラッグシップモデルをベースに開発された超高級車「メルセデス・マイバッハ」の史上初となるSUVモデル「メルセデス・マイバッハGLS」が、ついに日本上陸。

  GLSの名からもわかるように、メルセデス・ベンツのフラッグシップSUV「GLSクラス」をベースとしたものだ。しかし、その見た目は、ワイルドなGLSとは異なり、重厚な専用デザインと各部の装飾が加えられており、キャラクターの違いを明確にしている。メルセデス・マイバッハは一体どんなクルマなのだろうか?

文/大音 安弘  写真/メルセデス・ベンツ日本

【画像ギャラリー】これがショーファードリブンSUV!メルセデス・マイバッハGLS 600 4MATIC


■マイバッハ初のSUV誕生!

 メルセデス・ベンツ日本は、2021年7月1日、贅を尽くした超高級車サブブランド「メルセデス・マイバッハ」初のSUV「メルセデス・マイバッハGLS」の日本導入を発表した。グレードは、「GLS 600 4MATIC」の左ハンドル車のみとなり、価格は2729万円だ。

 メルセデス・マイバッハGLSは、Sクラス級SUVである「メルセデス・ベンツGLS」をベースに開発されたメルセデス・マイバッハシリーズ第2弾となるモデルで、2019年11月21日に世界初公開されたもの。

 日本では、新型メルセデス・マイバッハSクラスのフルモデルチェンジと同じタイミングでの導入となり、お披露目された。

メルセデス・マイバッハ初のSUV「メルセデス・マイバッハGLS」が日本上陸

■大きくイメチェンを図ったビジュアル

 新SUVは、GLSと基本を共有するが、そのビジュアルは大きく異なる。フロントマスクは、メルセデス・マイバッハSクラス譲りの縦格子デザインの大型グリルを採用。ロアグリルはエレガントなメッシュデザインとしつつも、SUVを感じさせるアンダーガードは、GLSよりも大型化。

 まさにマイバッハサルーンがSUVに変化したというストーリーを語り掛けるようなデザインなのだ。細かな点だが、現行型SUVで、ボンネットマスコットのスリーポインテッドスターが与えれるのは、同モデルだけの特典だ。

 サイドガラスは、クロームメッキで囲われ、Bピラーもクローム仕上げとすることで後席空間の特別感と広さを強調している。幅広いCピラーには、マイバッハエンブレムも輝く。

 装着される上品なスポークデザインのアルミホイールは、メルセデス・ベンツ乗用モデル最大の23インチサイズのもの。そのデザインは、フロントグリルがモチーフだという。

 またリヤスタイルは、GLSに近いが、テールゲート下にメッキモールを追加するなどゴージャス感を増している。

アクセントとなるメッキモールが豪華さを増す。ルーフレールもハイグロスクローム仕上げとなる

次ページは : ■後席最優先の贅を尽くしたインテリア