新型トヨタGR86ついに発売!!!! 偉大な功績と進化度を徹底分析


 2021年4月にプロトタイプが公開され、車名を「86」から「GR86」に改めたトヨタ86の2代目モデルが、兄弟車のスバルBRZの登場から約3ヶ月遅れで発売された。ここでは愛車として約5年半乗った初代86前期型から2代目BRZに乗り換えるほど、86&BRZを愛する筆者がGR86を紹介していく。

文/永田恵一
写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】うーん…やっぱりカッコいいぞ…ついに発売した新型GR86全画像(18枚)画像ギャラリー

■トヨタ渾身のスポーツカーだった初代の志を継承

 2012年に登場した初代86&BRZは、大メーカーながら当時ラインナップにスポーツカーがなかったトヨタが「スポーツカー文化の継続」のため企画し、アライアンスを結ぶスバルとのコラボレーションにより産まれたスポーツカーである。

2021年10月28日、発売となったトヨタGR86
2012年に発売した初代86

 初代86&BRZは2リッター水平対向4気筒NAエンジンを積むFRの2+2というオーソドックスなスポーツカーで、このポジションは速さやスペースなどの実用性など、すべての要素がちょうどよかった。それでいて乗りだし価格は約300万円と現実的なものだったこともあり、進化を続けながら堅調に売れ、めでたく2代目モデルへのバトンタッチが実現した。

 2代目モデルとなるGR86は、初代の企画が素晴らしかったこともあり、クルマの土台となるプラットホームをはじめ、初代モデルのキープコンセプトとなる正常進化版だ。しかし、その進化は2代目BRZに約2ヶ月約2000km乗ったところ、劇的であることがわかった。

 ここからはパートごとに紹介していこう。

◆エクステリア
 クルマを横から見たプロポーションは初代モデルとほぼ同じながら、新鮮味あるものとなり、特にリアビューはマッシブなものとなった。

◆インテリア
 インテリアも液晶メーターの採用などによりエクステリア同様に新鮮味あるものとなったのに加え、9インチナビの装着対応やセンターコンソールにUSB電源が2個付く点など、現代的なアップデートが行われた。また、リアシートを倒せば自車のタイヤが4本積めることなど、スポーツカーとして絶妙な実用性を持つという初代モデルからのよき伝統も引き継がれている。

インテリアの機能性や使い勝手も大幅に向上。スポーツカーならではの世界観もばっちり

◆機能面
 機能面のハイライトは排気量の2リッターから2.4リッターへの拡大と、ボディ剛性の大幅な強化だ。排気量の拡大は、筆者は一度も感じたことはなかったものの「モアパワーを」の声は多く、この答えとして排気量が2.4リッターに拡大された。スペックは初代86後期6速MTの207馬力&21.6kgmから235馬力&25.5kgmに向上。動力性能に関しては特に最大トルクを3700回転で発生し、かつ7400回転のレッドゾーンまでシッカリ回り「乗りやすく、速い」という劇的な進化を自分のBRZで確認している。

 また、トランスミッションは初代同様の6速MTと6速ATだが、6速MTはフィーリングの向上、6速ATはソフト面の見直しといった改良が行われている。

 ボディ剛性はプラットホームこそ初代モデルと同じだが、BRZ以外のスバル車が使うSGP(スバルグローバルプラットホーム)で、日本向けでは現行レヴォーグから盛り込まれているフルインナーフレーム構造の採用により、横曲げ剛性が約50%、ねじり剛性も約60%向上。ボディ剛性の大幅な強化を基盤に、BRZではスバルが提唱する動的質感が劇的に向上しており、GR86の市販車での進化も楽しみだ。

 2020年代に登場するクルマは衝突安全性の強化など、車重が重くなる要素ばかりだ。それでもGR86&BRZは高張力鋼板の拡大採用、フェンダーやルーフもアルミとするなどの対策により、車重は最上級グレードの6速MT同士で初代/1270kg、2代目/1290kgと微増に抑えたことも高く評価できる。

 そして、待望のアイサイトが6速ATのみながら標準装備される。GR86&BRZのアイサイトはver.3で操舵支援こそないが、停止まで対応する先行車追従型のアダプティブクルーズコントロールや緊急ブレーキなど、十分な機能が揃う。

【画像ギャラリー】うーん…やっぱりカッコいいぞ…ついに発売した新型GR86全画像(18枚)画像ギャラリー

■兄弟車であるスバルBRZとの違いは

 フロントマスク以外で気になるGR86とBRZの違いを、グレード体系や価格を含め機能面から挙げていくと、以下のとおり。

◆エンジン特性
 アクセルを全開にすれば同じながら、GR86はアクセル操作に対しシャープにレスポンスする。

◆足回り
 電動パワステは、BRZに対してGR86はややシャープな設定。スプリング&ショックアブソーバーは、BRZに対してGR86はフロントは柔らかい方向でより軽快にノーズが入り、リアは硬い方向。

◆車体結合
 フロントハブハウジングは、BRZは振動を吸収するアルミ製なのに対し、GR86はステアリングインフォメーションが入りやすい鉄製。リアスタビライザーはボディ直付けで太さ14mmとなるBRZに対し、GR86はブラケットを介することで太さは15mmとなる。

 まとめると、いい意味でオーソドックスなBRZに対し、「操作に対する反応が鋭い、ドリフトしやすい方向」となる点など、マニアックなGR86といったところだ。筆者はBRZで普段乗りに加え、最近クローズドコースでのドリフト練習をしたところ、大変コントローラブルで大満足しており、GR86が最終的にどんなキャラクターになったか非常に楽しみだ。

こちらは先行して発売されているスバルの新型BRZ

◆インテリア
 最上級グレードのRZで選べるフロアカーペット、ドアトリム、シートバック上方に入るラインがレッドになるブラック×レッドのインテリアカラーの設定。

 スポーツ走行の際に使うVSCのトラックモード、オフで液晶メーターに水温と油温が具体的な数字で出る機能がある(これはBRZオーナーからすると、とてもうらやましい)。

◆ボディカラー
 BRZにある「WRブルーパール」がGR86にはない代わりに、「ブライトブルー」を設定。

◆グレード体系
 GR86は上から、BRZの「S」に相当する「RZ」(6速MT/334万9000円、6速AT/352万2000円)、「R」に相当するSZ(6速AT/303万6000円、6速AT/319万9000円)、BRZにはないベースグレードの「RC」(6速MTのみ277万9000円)の3グレード構成。

 BRZとの違いとしては、「RZ」はBRZのSに対しバックフォグランプ、フロントのスポーツブレーキパッドが加わり若干充実するぶんやや高額、SZはBRZのRに対しステアリング連動ヘッドライトやスポーツアルミペダルが省かれるぶん少し安い。また、GR86ではBRZではディーラーオプションのスペアタイヤが、メーカーオプションで1万1000円と安価に設定される。

 注目は、現状ではGR86にしかないRCだ。

 GR86のRCは初代86前期にあったRCが約200万円だった代わりに、エアコンは設定無し、オーディオは付かない、前後バンパーは無塗装の黒のままというのとはまったく違い、ホイールキャップ無しのスチールホイール以外フル装備となる普通に乗れるグレードだ。

 そのため、一般的には18インチのミシュランパイロットスポーツを履くRZがおすすめで、筆者のように初代モデルと同じ17インチとなる先代プリウスのミシュランプライマシーHP同士の進化を見たいならSZもいい。

 しかし、今GR86を買うならカスタマイズしたい人だけではなく、BRZには相当するグレードがないこともありRCも大いにアリではないだろうか。

 また、GR86はトヨタが展開しているクルマのサブスクリプションであるKINTO(任意保険なども込みの定額利用)でも扱われ、この原稿を書いている時点では詳細は不明ながらカスタマイズも可という点も注目だ。

次ページは : ■新型GR86のライバル車は?