ハーレーがバブル期超えの絶好調? 「ナイトスター」爆売れで業績大躍進なるか

ハーレーがバブル期超えの絶好調? 「ナイトスター」爆売れで業績大躍進なるか

 昨年末の空冷ファイナルモデルが即日完売するほどの人気を示す、ハーレー最量販シリーズの「スポーツスター」。新たに975cc水冷エンジンを搭載する「ナイトスター」が発表された。

 水冷1250ccのスポーツスターSに続くシリーズ新世代の第2弾で、従来の883(パパサン)後継機に該当するモデルだ。ハーレーらしい外観に200万円を切るプライスでヒットは確実か。ハーレーダビッドソンジャパンの野田社長に展望を聞いた。

文/沼尾宏明、写真/Webike、Harley-Davidson

【画像ギャラリー】ついに3車種が出揃った水冷ハーレーは1252ccと975ccの二本立て(7枚)画像ギャラリー

先行する2台の水冷1250と異なる「975cc」Vツインを初搭載

 「今年のハーレーは絶好調です」。
 4月15日、都内で行われた新車発表会で、ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)の野田一夫社長が開口一番切り出す。

 2022年1~3月におけるハーレーの国内登録台数は前年同期比で1.7倍。バブル期に次ぐ過去2番目に高い台数を示し、2021年4月~2022年3月の登録台数に関しても6年ぶりにHDJの実績がプラスに転じた。

 その理由は、コロナ禍ながら販売店が営業したことに加え、何よりニューモデルが好評だからという。2021年6月に発売したハーレー初のアドベンチャー「パンアメリカ1250/S」、2022年1月から投入した「スポーツスターS」という2台の水冷モデルが販売を押し上げている。

 パンアメリカは、CRF1100Lアフリカツイン(ホンダ)、R1250GS(BMW)ら強豪が並み居るリッター超級アドベンチャーのセグメントにおいて昨年登録2位を記録。スポーツスターSに関しても発表から4か月で受注1000台に達したという。この「1000台」という数字は相当なもので、2021年では401cc以上の国内販売台数トップ10に入る計算だ。

 ここに今回発表された水冷スポーツスターの第2弾「ナイトスター」が加わる。

 既に発売された水冷2モデルが「レボリューションマックス1250T」と呼ばれる1252cc60度Vツインを搭載するのに対し、ナイトスターは初の975ccVツインを抱く。空冷スポスタシリーズは1200と、“パパサン”の愛称で知られた883の2本立てだったが、新世代の水冷においては1200の後釜をスポーツスターSが担い、ナイトスターは弟分883の位置付けとなる。

 初代から64年の歴史を持つ空冷スポーツスターは、ユーロ5相当の排ガス規制をクリアするため、ついに水冷化。ハーレーはより大排気量のビッグツイン系でパワー増強を目的に年々排気量アップしており、その流れを汲んで883から100ccほど上乗せした格好だ。

スポーツスターSに続く水冷スポスタの第2弾がナイトスター。伝統的なスタイルとモダンさを癒合したデザインが特徴だ。価格は188万8700円~191万9500円

まさに売れ線、「カッコよく、軽くて乗りやすい」

 スタイルがクラシカル路線なのもトピックだ。先行発売されたスポーツスターSは近未来的なスポーツ路線だったが、ナイトスターは伝統のピーナッツ型タンクやリヤ2本サス、ダウンマフラーなど従来の空冷シリーズに連なるデザイン。エンジンなどに既存の空冷とは異なるモダンさを感じさせるが、スポーツスターの正統後継モデルと言える。

 野田社長も「凄くかっこいいと自負しています。そして非常に軽くて乗りやすい」と太鼓判を押す。

 エンジンをフレームの一部として活用する構造により車重は221kgを達成。空冷のアイアン883が256kgだったのに対し、35kgもの減量に成功している。スポーツスターSと比べても4kg軽量だ。さらに通常の燃料タンク位置にあるのはダミーで、シート下に燃料タンクを搭載。低重心化を促し、引き起こしや取り回しも非常に軽い。

通常のタンクが位置する部分はダミーで、内部にエアクリーナーボックスがある。燃料タンクはシート下だ

次ページは : 身長164cmの女性でも両足がかかとまで接地する足着き性

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ