ルノー アルカナに新パワーユニット登場!! 好評のターボエンジンをマイルドハイブリッドに!

ルノー アルカナに新パワーユニット登場!! 好評のターボエンジンをマイルドハイブリッドに!

 ルノー初のクーペSUVとして注目を集めた新型車「アルカナ」に、ストロングハイブリッド「E-TECHハイブリッド」に加え、新パワーユニットとなるマイルドハイブリッド仕様が追加された。

 E-TECHハイブリッドとパワーユニットや仕様の違いに加え、価格についても紹介する。

文/大音安弘、写真/ルノージャポン

【画像ギャラリー】ルノーのクーペSUV「アルカナ」マイルドハイブリッド仕様の特徴は!?(10枚)画像ギャラリー

■日本初導入のマイルドハイブリッドを追加

 ルノージャポンは2022年11月24日、2022年ルノーのクーペSUV「アルカナ」に新パワーユニットとなるマイルドハイブリッド仕様車を追加することを発表し、同年12月1日より販売を開始した。価格は399万円だ。

ルノー初のクーペSUV「アルカナ」にマイルドハイブリッド仕様が追加された
ルノー初のクーペSUV「アルカナ」にマイルドハイブリッド仕様が追加された

 マイルドハイブリッド仕様となる新グレードは、「R.S.ライン マイルドハイブリッド」となり、ストロングハイブリッド「R.S.ライン E-TECH フルハイブリッド」と同様の装備レベルとなることも特徴のひとつだ。R.S.ラインのスポーティで上質な内外装はもちろんのこと、先進安全装備についても同様の内容を備えている。

■マイルドハイブリッドパワーユニットの実力は!?

 新パワーユニットは、ルーテシアやキャプチャーのガソリン車に採用され、好評の1.3L直列4気筒直噴ターボエンジンを12Vマイルドハイブリッド化したもの。電動化のために、補助モーター(BSG)とリチウムイオンバッテリーを搭載。加速時のモーターアシストを、減速時にはエネルギー回生を行う。

 さらに高効率化のために、約30km/hから140km/hの領域で、安定走行時にはアクセルオフでは慣性走行を行い、エネルギーを抑制。アイドリングストップからのエンジン再始動もBSGを活用することで、スムーズな立ち上がりを実現している。

 エンジン単体の性能は、最高出力158ps/5500rpm、最大トルク270Nm/1800rpmを発揮。最大トルク270Nm/1800rpmを発揮。最大トルクは同等だが、キャプチャーの搭載エンジンよりも最高出力が4ps向上されている。

 さらにアシストモーターとして、最高出力5ps(3.6kW)、最大トルク19.2NmのBSGが加わる。E-TECHフルハイブリッド同様にハイオク仕様で、燃費消費率は、17.0km/L(WLTC)と公表されている。

好評の1.3Lガソリンターボエンジンをマイルドハイブリッド化したのが特徴の新パワーユニット
好評の1.3Lガソリンターボエンジンをマイルドハイブリッド化したのが特徴の新パワーユニット

 トランスミッションは、湿式クラッチを持つ7速DCT(7EDC)を組み合わせる。専用装備としてパドルシフトを追加。任意のギアが使えるようになっており、ドライバビリティも高まっている。

視覚的なコックピットの変更は少なく、最大の違いはパドルシフトの追加だ
視覚的なコックピットの変更は少なく、最大の違いはパドルシフトの追加だ

次ページは : ■価格400万円切りでコスパも急上昇!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ