新型アルカナからルノーは変わる!? ハイブリッド大国日本でルノー独自の電動モデルはどう評価される?

新型アルカナからルノーは変わる!? ハイブリッド大国日本でルノー独特の電動モデルはどう評価される?

 2022年5月26日より販売開始となる、ルノーの新型5ドアクーペSUV「アルカナ」。欧州市場では2021年3月より発売されており、2021年は約4万台(月間平均4000台)と、いま欧州で人気急上昇中という話題のモデルだ。

 コンパクトでエレガントなスタイリングと、F1で培ったノウハウを取り入れたハイブリッドシステム「E-TECHハイブリッド」を携えて、いよいよ日本デビューとなるアルカナにこの度、試乗させていただくことができた。

 試乗を通して分かったアルカナの実力と魅力、そして、ルノーの目指す日本市場の将来戦略について考えていこう。本記事最後には内外装をご紹介する動画もアリ!!

文/吉川賢一、写真/森山良雄、ルノージャポン

【画像ギャラリー】アルカナの内装に注目! ハイブリッドでもルノースポールの世界観は生きていた!!(12枚)画像ギャラリー

■独自開発した本格ハイブリッド第一号!! 市街地はほぼ電気のみで走行可能

ルノー アルカナ。4570×1820×1580(全長×全幅×全高)mm、ホイールベース2720mm、最小回転半径5.5m、最低地上高は200mm。215/55R18のタイヤを装着する

 日本市場ではメガーヌやキャプチャーなどが人気のルノーだが、欧州市場ではメガーヌ(Cセグハッチバック)やキャプチャー(BセグSUV)のほかにも、クリオ(日本名ルーテシア、Bセグハッチバック)やカジャン(日本未導入、CセグSUV)など、各カテゴリでメジャーなブランドを持っている。

 今回のアルカナは、CセグクーペSUVというちょっと珍しい新ジャンルで登場した。新たな顧客層を開拓したい、という狙いがあるのだろう。

 日本市場にやってきたアルカナは、R.S.ラインE-TECH HYBRID(税込429万円)の1グレード展開。駆動方式はFFのみでエンジン側に4つ、モーター側に2つのギアを持ち、電子制御でドッグクラッチをコントロールするマルチモードATだ。

 1.2kWh(250V)の駆動用バッテリーを搭載し、市街地ではほぼ電気だけで走行可能だという。カタログ燃費は22.8km/L(WLTCモード、市街地19.6、郊外24.1、高速23.5)だ。

 ボディカラーはブランペルエM、ブルーザンジバルM、オランジュバレンシアM、ノワールメタルMの全4色。ちなみに欧州市場では、1.3L直4ガソリンエンジンと補助モーターのマイルドハイブリッド仕様も存在する。

 アルカナは、エクステリアも独特だが、中身もかなり独特。日産とのアライアンスで開発した1.6L直4エンジンに、ルノーが独自開発したストロングハイブリッドシステム「E-TECHハイブリッド」が組み合わせられている。

 スタート時は100%モーターで発進、シチュエーションに応じてエンジンが始動し、モーターへの充電と駆動を行う。高速の合流などでパワーが必要な時は、エンジンとモーターの両方が駆動力となる。

 F1で実績のあるルノーが、そのノウハウを盛り込んだというE-TECHハイブリッド。「F1のノウハウ」とは、メインモーターとハイボルテージスターター兼ジェネレーター用モーター(HSG)、そしてエンジンを繋ぐトランスミッションに、電子制御のドッグクラッチを採用したこと。

 衝撃を吸収するクラッチやシンクロナイザーを持たないので小型軽量化が可能で、ダイレクト感に優れたフィーリングとなるが、衝撃や異音が出やすい。そうした特徴を、どこまで制御できているのか、そのあたりが今回の試乗の注目点だ。

■R.S.ラインらしさ全開!! 内外装の質感は高いがセンターモニターのサイズは少々不満

インテリアは黒を基調としながらも、各所に入れられたレッドラインがスポーティな印象。インパネ中央のタッチスクリーンはちょっと小さいか!?

 アルカナをひと目みた印象は「車高を上げたハッチバック」だ。最低地上高は200mmもあるため(エクストレイルと同じ)、SUVといわれればそうなのだが、セダンのような上屋のクーペSUV、というのは見たことがない。

 ただ、ルノーお馴染みのCシェイプのLEDヘッドランプとテールランプ、フロントバンパーの端にはエアディフレクターも付き、前後フェンダーやサイドシル下にも樹脂ガードを備えた佇まいで、ルノー好きの所有欲は十分に満たされるであろう。艶やかなバレンシアオレンジのボディカラーが実に眩しい。

 インテリアは、ルノー・スポール由来の「R.S.ライン」らしく、黒を基調としながらも、各所に入れられたレッドラインがスポーティな印象を与えてくれる。カーボン柄のダッシュボードも質が高い。

 10.2インチのフル液晶メーターの視認性はよいが、インパネ中央最上段にあるタッチスクリーンが7インチというのは、(欧州版には9.3インチの縦型 タッチスクリーンがあるのに)429万円という車両価格を考えると寂しい。ルノー担当者も苦笑いをしていたので、この点についてはこれ以上触れずにおこう。

次ページは : ■メカニカルサウンドはさすがF1のルノー!!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ