三菱デリカミニ180万円で堂々発進! 伝統のデリカのDNAは軽激戦区をどう戦うか!!

■内装のデザイン/質感/視認性/操作性比較

デリカミニのインテリア。奇をてらったところもなくオーソドックスな造形となっている
デリカミニのインテリア。奇をてらったところもなくオーソドックスな造形となっている

 内装の質感は3車とも互角だ。軽自動車は競争が激しく、違いがわかりやすい内装の質感が少しでも劣ると、売れゆきが下降してしまう。そこで、各車種とも内装に力を入れ、差が付きにくい。

 メーターの視認性は、高く奥まった位置に装着されるタントファンクロスが見やすい。その代わりインパネに上下方向の厚みがあり、小柄なドライバーが座ると圧迫感も生じやすい。なじみやすいのはデリカミニとスペーシアギアだ。

タントファンクロスの内装。メーターの視認性は3車で最も優れていると筆者は指摘する
タントファンクロスの内装。メーターの視認性は3車で最も優れていると筆者は指摘する

■前後席の居住性比較

デリカミニの前席シート。座り心地の面で優勢だと筆者は評価した
デリカミニの前席シート。座り心地の面で優勢だと筆者は評価した

 前席の座り心地は、デリカミニが少し快適だ。シート生地は、eKクロススペースに比べると柔軟性があり、座り心地もしなやかに感じる。

デリカミニの後席。座り心地はライバルよりも柔軟性で優っているという
デリカミニの後席。座り心地はライバルよりも柔軟性で優っているという

 後席の頭上と足元の空間は、3車ともに互角だ。身長170cmの大人4名が乗車した時、後席に座る乗員の膝先空間は、3車種とも握りコブシ3つ半前後になる。デリカミニは前述のシート生地により、後席の座り心地もライバル車に比べて少し柔軟だ。

■乗降性比較

デリカミニの後席ドアにももちろんスライド式が採用されている
デリカミニの後席ドアにももちろんスライド式が採用されている

 3車ともに後席側のドアがスライド式になる。開閉時にドアパネルが外側へ張り出さず乗降性がいい。また、横開き式と違って、電動機能も装着できるから、子供を抱えた状態でも乗り降りしやすい。

 そして、ドアの開口部が最も広いのはタントファンクロスの左側だ。ピラー(柱)をドアに内蔵したから、前後を両方ともに開くと開口幅が1490mmまで拡大する。乗降性は抜群だ。

ドア開口部が3車で最も広いのがこのタントファンクロス
ドア開口部が3車で最も広いのがこのタントファンクロス

 ほかの2車は一般的なピラー構造だが、デリカミニの開口幅は650mm、スペーシアギアは600mm。この2車も乗降性はいいが、タントファンクロスが際立っている。

■荷室&シートアレンジ比較

デリカミニのラゲッジスペース。リアゲート開口部はライバルより高めだ
デリカミニのラゲッジスペース。リアゲート開口部はライバルより高めだ

 天井の高いスーパーハイトワゴンは、後席を格納すると、大容量の荷室に変更できる。いずれの車種も大人用の自転車などを積める。

 この時に大切なのが、路面からリアゲート開口下端部までの高さだ。荷室の床が低ければ、自転車を積む時も、前輪を大きく持ち上げる必要はない。荷室高もタップリと確保できる。

 3車のなかで、路面からリアゲート開口下端部までの高さが最も低いのは、スペーシアギアの510mmだ。次がタントファンクロスの580mm、デリカミニは2WDが590mmで4WDは610mmくらいになる。タントファンクロスとデリカミニは同程度だが、スペーシアギアはかなり低い。

スペーシアギアのラゲッジ。3車中、リアゲート開口下端部までの高さが最も低い
スペーシアギアのラゲッジ。3車中、リアゲート開口下端部までの高さが最も低い

 シートアレンジにも違いがある。デリカミニとスペーシアギアは、後席の背もたれを前側に倒すと座面も連動して下がる。広げた荷室の床面に少し傾斜ができるが、容量の大きな荷室に変更できる。

タントファンクロスのラゲッジスペース。荷室床面の最後部に装着されたデッキボードを持ち上げると、平らな空間に変更可能だ
タントファンクロスのラゲッジスペース。荷室床面の最後部に装着されたデッキボードを持ち上げると、平らな空間に変更可能だ

 その点でタントファンクロスは、背もたれに連動して座面が下がる機能はない。単純に背もたれが倒れるだけだ。このままでは荷室の床に段差ができるが、荷室床面の最後部に装着されたデッキボードを持ち上げると、平らな空間に変更できる。座面が下降しないため、荷室の床が100mmほど高まるが、持ち上げたデッキボードの下側をアンダーボックスに使える。

 このようにタントファンクロスは使い勝手が異なるので注意したい。最も実用的な車種は、シートアレンジが簡単で、なおかつリアゲート開口下端部までの高さが最も低いスペーシアギアだ。

次ページは : ■収納設備比較

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!