レヴォーグレイバックついに登場!!  伝統のアウトバック並みの人気爆発なるか? 全国受注が本日スタート!

レヴォーグレイバックついに登場!!  伝統のアウトバック並みの人気爆発なるか? 全国受注が本日スタート!

 2023年9月7日、スバルはレヴォーグ派生クロスオーバーSUV、「レヴォーグレイバック」の先行受注を全国のスバルディーラーで開始した。これまでもベストカーWebでお伝えしてきた注目モデルの詳細をお伝えしよう。

文/ベストカーWeb編集部・渡邊龍生、写真/中里慎一郎、スバル

■レヴォーグからただ車高を上げただけではないレイバック!

ついに誕生したレヴォーグレイバック。クロスオーバーSUVらしくブラックの樹脂パーツがいたるところに装着されている
ついに誕生したレヴォーグレイバック。クロスオーバーSUVらしくブラックの樹脂パーツがいたるところに装着されている

 まずはレイバックのボディディメンションをみていこう。レイバックは全長4770×全幅1820×全高1570mm、ホイールベース2670mmとベースとなったレヴォーグから全長で15mm、全幅25mm、全高で70mmサイズアップ。また、SUVモデルのキモとなる最低地上高はレヴォーグから55mmアップの200mmとなり、悪路走破性を大幅に向上させている。

パワートレーンはCB18型直噴1.8L水平対向DOHCターボを採用する
パワートレーンはCB18型直噴1.8L水平対向DOHCターボを採用する

 パワートレーンは直噴1.8L水平対向4気筒DOHCターボのCB18型ターボ(最高出力177ps/最大トルク30.6kgm)のみで、グレードは「Limited EX」のワングレード展開となる。

 エクステリアでのレヴォーグとの違いはまず車高アップなのだが、フロントマスクの造形もレイバック専用となっている。レヴォーグよりもフロントグリルが大型化され、サテンメッキを採用して上質感を向上。バンパーのフォグランプベゼル回りの処理もレヴォーグとは異なった専用タイプとなる。

レヴォーグレイバックのリアスタイル。ベースとなったレヴォーグから最低地上高55mmアップの200mmとなっている
レヴォーグレイバックのリアスタイル。ベースとなったレヴォーグから最低地上高55mmアップの200mmとなっている

 また、何といってもレイバックでSUVらしさを際立たせているのはフロントとリアのフェンダーに装着されている黒の樹脂パーツであるクラッディングだ。ほかにもサイドスカートやリアバンパーもレイバック専用タイプのものとなる。加えて、18インチアルミホイールはレイバック専用デザインを採用し、ドアミラーについても新形状のものが採用されている。

レヴォーグレイバックのインパネ。レヴォーグとは違ったカッパー色の差し色がシートなど各所に配置されているのが特徴だ
レヴォーグレイバックのインパネ。レヴォーグとは違ったカッパー色の差し色がシートなど各所に配置されているのが特徴だ

 インテリアでは、カッパー色(銅)のステッチをアクセントに配色し、フロントシートもレイバック独自の改良が施されており、座面の土手の高さが最適化され、クッションパッド部にはインサートワイヤが追加され、サポート性とホールド性を向上させている。

次ページは : ■サブネームのレイバックは「くつろぎ」と「ゆったり」の意

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します