北米のターボ2本立てスポーツセダン「アキュラTLX」がカッコよすぎ! ホンダさん早いとこ日本でも売ってください!!

北米のターボ2本立てスポーツセダン「アキュラTLX」がカッコよすぎ! ホンダさん早いとこ日本でも売ってください!!

 北米ホンダは2023年11月27日、スポーツセダン「アキュラTLX」の2024年式モデルについて発表した。日本には導入されていないのだが、そのカッコよすぎるスポーツセダン度は日本のセダン好きにも響く!

文/ベストカーWeb編集部、写真/ホンダ

【画像ギャラリー】北米の「アキュラTLX」が超絶イケてる! カッコよすぎるスポーツセダンを写真でCHECK!(13枚)画像ギャラリー

■アキュラ専用スポーツセダンのTLXとは?

アキュラTLX Aスペックの2024年モデル。精悍な印象のエクステリアだ
アキュラTLX Aスペックの2024年モデル。精悍な印象のエクステリアだ

 そもそもアキュラTLXはそれ以前のセダン、TSX(7代目&8代目アコードが初代&2代目)、TL(2代目&3代目インスパイアが初代&2代目、3代目&4代目はアキュラ専用モデル)を統合したセダン。

 初代は2014年、日本での最終型5代目レジェンドのアキュラ版であるRLXよりもひと回り小さいサイズのセダンとして登場。ボディサイズは全長4833~4981×全幅1854×全高1447mm、ホイールベース2776~2900mmだった(※サイズはストレッチ版となるTLX-Lを含む)。

 現行型の2代目は2019年に発表された「タイプSコンセプト」を市販化したモデルで、2020年5月に発表された。そのボディサイズは全長4943×全幅1911×全高1433mm、ホイールベース2870mm。最終型のレジェンドが全長5030×全幅1890×全高1480mm、ホイールベース2850mmだったので、ほぼ同じサイズとなっている。

 搭載するパワートレーンは最高出力276ps/最大トルク39.0kgmの2L直4VTECターボを標準モデルに採用。また、タイプSグレードには最高出力360ps/最大トルク49.0kgmの3LV6DOHCターボを採用している。

 トランスミッションは10ATで、駆動方式はSH-AWDとFFを設定。

■2024年モデルのタイプSはさらに精悍な表情に!

「ダイヤモンド・ペンタゴン・グリル」のフレームレス・バージョンを採用したTLX Aスペックのフロントマスクは迫力がある!
「ダイヤモンド・ペンタゴン・グリル」のフレームレス・バージョンを採用したTLX Aスペックのフロントマスクは迫力がある!

 今回、2024年型TLXの改良が発表されたのだが、全モデルにアキュラ「タイプSコンセプト」で初めて採用された「ダイヤモンド・ペンタゴン・グリル」のフレームレス・バージョンを備え、より洗練された新しいフロントフェイスを採用。

 また、ボディカラーにはTLX AスペックとTLX タイプSに設定されたアーバングレーパールと、テクノロジーパッケージでMDXに初搭載されたリキッドカーボンメタリックという2色の新色が採用された。

 インテリアでは、新しい12.3インチの「アキュラ・プレシジョン・コックピット」とデジタル・インストルメント・クラスターと、より高速なプロセッサーを搭載した12.3インチのセンタースクリーン(従来型よりも20%拡大)を採用している。

 TLX Aスペックは、ブラックアウトされたエクステリア処理とAスペックバッジに加え、シャークグレー仕上げの19インチスプリットスポークホイール、大型デュアルラウンドエキゾーストフィニッシャー、新開発のグロスブラックリアスポイラーにより、よりスポーティな外観を実現。

 また、TLX Aスペックには新しいフロントフェンダーライナー、ホイールインシュレーター、Bピラーインシュレーター、ドアインシュレーターが採用され、ロードノイズを低減してキャビンの静粛性を高めている。

次ページは : ■北米での現地価格は666万~844万円

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!