シトロエン新型C3&VWシャラン試乗3連発 新型登場で爆売れ中!!


 最近売れているとウワサのシトロエン。5月と7月に登場した最新シトロエンSUV2車に小沢コージ氏が試乗! さらにシトロエンが今売れている、その秘密にも迫ってもらった。

 合わせて自動車評論家 鈴木直也氏のVWシャランの試乗も掲載。密度たっぷりで輸入車試乗3連発をお届けする。

【画像ギャラリー】CS3、CS5、シャランのエクステリアをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2019年9月のものです
試乗・文:小沢コージ、鈴木直也/撮影:池之平昌信、西尾タクト
初出:『ベストカー』 2019年10月26日号


■シトロエン C3 エアクロス SUV 試乗

(9月5日試乗/TEXT:小沢コージ/撮影:池之平昌信)

●期待を超えたキュートさ!

 見た瞬間、マジかよ、やられたぜ~と思いましたわC3エアクロス。マシュマロマンのようなふにゃふにゃフォルムに英会話のNOVAウサギもびっくりの仏頂面。

 まさにフレンチコンパクトの真骨頂、お堅い威張り系のドイツ車には絶対できないキテレツキュートデザインじゃないスか。こういうのを待ってたんですって俺たちは。

 さてC3エアクロス、車名からもおわかりのように中身は現行コンパクトのC3で、プラットフォームは少々古め。

 パワートレーンも評判はいいものの古めの1.2L直3ガソリンターボ+6AT。ピークパワー&トルクは110ps&20.9kgmと普通だし、WLTCモード燃費も14.7km/Lと特別凄くない。だからさほど期待してなかったんだけどまずは個性派デザインがピカイチ。

全長4160mm、全幅1765mmと、日本でも取り回しがしやすいコンパクトなボディサイズが特徴

 実用性も傑出した出来で、ベースのC3に比べてさほどデカくなってない全長4.16×全幅1.765mのコンパクトボディなのに高さは1.63mへ大幅拡大。

 ホイールベースも70mm伸びて驚くほどの高効率パッケージに進化している。

 身長176cmの小沢が背を起こし気味に前後シートに普通に座れ、ロングスライドのリアシートを後ろにした状態でもラゲッジは410LとVWゴルフより広く、前にすれば520Lと超巨大! ヘタなワゴン顔負けの使い勝手なんですわ。

ベースのC3よりも70mmホイールベースが延長され、充分な居住性を持つ

 走りも予想以上で、路面に応じて駆動力を自動調整するグリップコントロール機能とセットの17インチのオールシーズンタイヤを履いてたためか、当たりは硬めだけど全体にしなやか。トルク感も思ったよりあってキビキビ走る。

 先進安全もクラス最高じゃないけど被害軽減ブレーキやパークアシストはひと通りついてるし、なにより輸入車にして259万円スタートとリーズナブル。この可愛さが気に入ったら絶対買いですわ。

シートに合わせたファブリックをインパネにも使用。温かみのある内装だ

■C3エアクロスSUV SHINEパッケージ主要諸元
・全長×全幅×全高…4160×1765×1630mm
・ホイールベース…2605mm
・車両重量…1310kg
・エンジン…直3DOHCターボ
・排気量…1199cc
・最高出力…110ps/5500rpm
・最大トルク…20.9kgm/1750rpm
・トランスミッション…6速AT
・サスペンション 前/後…ストラット/トーションビーム
・WLTCモード燃費…14.7km/L
・価格…297万円

■価格…259万~274万円(パッケージOP車は+23万円)

■C5 エアクロスSUV

(9月5日試乗/テキスト:小沢コージ/撮影:池之平昌信)

●難解気味な今のシトロエン流SUV

 かたやC3エアクロスよりふた回り大きいミディアムSUVがC5エアクロス。

 こっちはちと難解気味かもね。クチの上手いモテ系次男に対し、イマ風だけど少々小難しいこと言いそうな長男って感じ。

 なぜなら創立100年を迎えたメモリアルモデルであり、C3エアクロスと合わせてシトロエン初のSUVの筆頭モデルってことでプライドを多めに背負ってる気が。

 それが窺えるのはまず見た目。2014年発表の新しいシトロエン流キテレツキュートを生み出したC4カクタスのデザインを受け継ぐもののより複雑化。

プラットフォームをプジョー3008と共用するミディアムクラスSUV。テールゲートは電動式

 サイズは全長4500×全幅1850×全高1710mmと、高さ幅のわりに短めで扱いやすくていいけど、フロントマスクは二重構造。

 上の睨み目がヘッドライトかと思ったらポジションランプで本物は下。難解です。かたやC4カクタスで有名になったエアバンプというサイドのディテールも簡略化して付いてるけどわかりにくい。

 一方、インテリアはカクタス流の板チョコのようなデザインを踏襲したシートが秀逸。この世代からシトロエンはアドバンスコンフォートという新コンセプトを導入して、シート自体、今までにない低反発マット的素材を二層で装備。

ソフトで確実にサポートするシート。後席は独立した3座でスライドが可能

 座り心地は上々。足回りにもこれまた往年のファンしか知らないシトロエン独自のハイドロサスペンションを模した、プログレッシブ・ハイドローリック・クッションなるダンパーを装着。

 これがなんともいえない船のような乗り心地で、往年のシトロエンの走りを思い出します。

荷室スペースは通常時で580L、最大1630Lを確保

 ついでにパワートレーンは今のフランス車らしく2Lディーゼル+8ATでこれがパワフルかつネットリしていていい。

 まさに昔の難解さをほどよく併せ持つ今のシトロエン流SUV。乗り手は選びそうですが個性の塊は面白い!

楕円型ステアリングとデジタルメーターが特徴的なインパネ。カーナビは23万2000円のオプション

■C5エアクロスSUV SHINEブルーHdi 主要諸元
・全長×全幅×全高…4500×1850×1710mm
・ホイールベース…2730mm
・車両重量…1640kg
・エンジン…直4DOHCディーゼルターボ
・排気量…1997cc
・最高出力…177ps/3750rpm
・最大トルク…40.8kgm/2000rpm
・トランスミッション…8速AT
・サスペンション 前/後…ストラット/トーションビーム
・WLTCモード燃費…16.3km/L
・価格…424万円

■価格…424万円

次ページは : ■クリーンディーゼル搭載ミニバン VW シャラン TDI 試乗

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ