スープラ ランエボ GT-R…「今!」が買いの傑作国産スポーツ10選


■三菱 ランエボIV(1996年~1997年)

ランエボIVも買うなら今が最後のチャンス!?

 1990年代後半、WRCにおいて三菱の黄金期を支えたのが三菱ランサーエボリューション。

 歴代最後の5ナンバー車、ランエボIVの中古車だが、現在はこちらも流通台数が9台と絶滅危惧車に。平均価格は3カ月前の約86万円から現在は約80万円へと値落ちしているが、もう良質な中古車が出てこないようだ。

●買いのクルマの価格は?

 ランエボIVの価格帯は約69万~約158万円で、コンディションを考えると100万~150万円が目安となる。エボIVからの第2世代は、今が手に入れる最後のチャンスかも。

■中古車相場:69万~158万円(1996年式~1997年式)
■中古車平均価格:約3ヶ月前 約86万円 → 約80万円
■流通量:★☆☆☆☆(9台)

ベストカーWeb特選中古車「三菱 ランエボ」編

■三菱 FTO(1994年~2000年)

MT車は希少な存在!

 ホンダプレリュードのライバルとして、1994年にデビューした三菱FTO。MT車感覚でシフトチェンジできるATが話題となり、スポーツカーながらMT車よりAT車の比率が多いというのが特徴。

 生産終了から約20年経ったFTOの平均中古車価格は1年前の約59万円から最近になって約78.8万円まで上昇している。

●買いのクルマの価格は?

 FTOの中古車の価格帯は約29.9万~約140万円で、流通台数はわずか16台。そのうちMT車は7台で、価格は100万円以上が目安だが、AT車ならば100万円以下でもじっくり選べる。

■中古車相場:29.9万~140万円(1994年式~1999年式)
■中古車平均価格:約1年前 約59万円 → 約78.8万円
■流通量:★★☆☆☆(16台)

ベストカーWeb特選中古車「三菱 FTO」編

次ページは : ■マツダ RX-7(FD3S/1991年~2002年)

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ