フィアット、ランチア…独立ヘッドライトが個性的な輸入車5選


 ヘッドライトやグリルはクルマの顔を決定づける重要なパーツで、個性的なクルマは数多く存在している。

 日本でも丸灯ヘッドライトの間に小さなランプを埋め込むデザインが流行ったが、個性的なフロントマスクを持ったクルマの中で、独立タイプの灯火を備えたクルマにスポットを当てていく。

 丸灯、角灯、異形といろいろあるが、シングルの丸灯は癒し系だったり、どことなくファニーなイメージも与えるが、独立タイプの複眼タイプだと個性がいっそう強調され、一度見たら忘れないインパクトを持っている。

文:永田恵一/写真:ALFA ROMEO、LANCIA、FIAT、HONDA、SMART、TOYOTA、NISSAN、FERRARI

【画像ギャラリー】独立丸灯のリアコンビランプで個性を主張したクルマたち


アルファ159スポーツセダン/スポーツワゴン:丸6灯

販売期間:2005~2012年

アルファ伝統の盾形のグリルがクチバシのように見え、3連、両側で6連の不気味なヘッドランプが猛禽類を彷彿とさせるアルファ159セダン&ワゴン

 アルファロメオは丸4灯ヘッドランプを好んで採用していたが、独立タイプの複眼タイプのヘッドランプもお得意としている。

 1989年にデビューしたSZ、1992年に追加されたオープンのRZはともに片側に角型ヘッドライトが3連した超個性的な顔が印象的だった。

 片側3連という点では、2005年にデビューした159セダン/スポーツワゴンも強烈だ。SZと違い、159シリーズは片側に3連丸灯仕様となっている。2連丸灯のクルマはけっこうあるが、3連は超レアケースと言える。

 おまけにフロントバンパー下部にも丸型のフォグランプが装着されているので、片側に丸灯が4つも存在している。

 アルファロメオは伝統の盾グリルが猛禽類のクチバシのように見えるが、159シリーズは猛禽類ぶりがエスカレートして、独特の威圧感がある。

桃太郎に成敗される鬼のような、ちょっと困った感じのフロントマスクが個性的。角型3連のヘッドランプは今見ても斬新

ランチアハイエナ:角+丸6灯

販売期間:1992~1993年

 ランチアハイエナは、ランチアとザガートのコラボによって誕生した。プラットフォームはランチアデルタインテグラーレエボルツィオーネを使い、ザガートオリジナルのボディが与えられた。

 1992年にデビューし、ザガートの75周年を記念して75台が限定販売される予定だったが、その数を作ることができず、25台程度が世に送り出されたのみと言われている。

ハイエナという車名はデザインが出来上がってから付けられたのか、名前ありきなのかは不明ながら、不気味なまでの威圧感がある

 ある意味幻のランチアと言っていいこのクルマ、車名のハイエナという名前からしてもタダ者じゃない感がアリアリ。

 片側角2連+角灯のヘッドランプデザインにより死肉をむさぼると言われるハイエナの名前に負けない不気味さを醸し出している。

次ページは : フィアットムルティプラ:上下丸4灯

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ