もうすぐ販売終了…日産ティアナの功績と何がいけなかったのか

 日産ティアナが、生産終了となる――。

 北米では「アルティマ」の名で人気を博し、スタイリッシュな姿と広い車内、サイズの割には手頃な価格で評判がよかった、日産ティアナ。

 現行ティアナ(L33型)は、2013年に登場した3代目で、初代のコンセプト「モダンリビング」と、2代目の「おもてなし」のいいとこどりをした上に、「走りの楽しさ」も加えられたクルマだ。

 (※現行のアルティマは6代目へモデルチェンジしている)

 セダン不振の影響があるとはいえ、カムリやマツダ6、アコードなど、国産ラージFFセダンは、(販売は苦戦しているかもしれないが)日本国内でもまだまだ販売している。なぜティアナはモデル廃止に追い込まれてしまったのだろうか。

文:吉川賢一、写真:日産

【画像ギャラリー】生産終了する日産ティアナ歴代車をみる


ティアナの足跡と功績とは?

 まずは、ティアナの足跡と功績を振り返ってみよう。初代ティアナが誕生したのは2003年2月。それまでのセフィーロやローレルといったアッパーミドルセダンの後継車として登場した、高級ラージFFセダンだ。

初代ティアナ

 2003年は、倒産間際まで追い詰められた日産が、ゴーン元社長の指揮の元、復活の道筋として打ち出した3か年計画の「日産リバイバルプラン(2000年4月~)」を1年前倒しで達成し、次の中期プラン「日産180(ワンエイティ)2002年4月~」を始めた翌年だ。

 倒産を免れるため、資産売却や村山工場廃止、大量リストラなど、大規模な整理をしたあとであり、前年まで100名以下の新入社員が、その年以降、1000名近くにまで急増するほど、人材を集めていた時代であった。

 新型車を市場へ大量投入して世界へ打って出る、という「ただならぬ勢い」が日産にあった時代でもあった。

「モダンリビング」コンセプトの浸透が、ティアナの最大の功績

 話を戻すが、初代ティアナのコンセプト「モダンリビング」は、非常によくできた概念だったと思う。

初代ティアナ 車内

 それまでの日産は、901活動などを通して培った「走行性能の高さ」を最大のセールスポイントとして打ち出し、自らを「技術の日産」と呼んでいた。

 そして、その「走行性能の高さ」をアピールする戦い方が「正しい」と思い込んでいた。そんなときに、初代ティアナは「走行性能の高さ」よりも、「インテリア」を一番に強調したのだ。

 セリングポイントであったインテリアは、センタコンソールやダッシュボードには木目を模したパネルがあしらえられ、シートは北欧家具のソファにも見える豪華なもので、まさにモダンリビングのコンセプトを具体化していた。

 特に筆者は、「パールスエード」というシート素材の手触りが大好きであった。また助手席には、ふくらはぎを支えるオットマンが備えられており、これも実に快適な装備であった。

ふくらはぎを支えるオットマン(写真は2代目ティアナ)

 「こんな軟弱なクルマは日産車ではない」と思った方も中にはいたかもしれないが、実は、走りについて手を抜くことはなく、しっかりとした作りこみがなされていた。

 トップグレードには3.5リッターV6エンジンを搭載し、その気になれば鋭い加速と、滑らかなエクストロニックCVTによって、非常に上質な走りを実現していた。

 つまり、「走り」だけの日産から「インテリアのセンスも良い」というイメージを、世間に打ち出していた。初代ティアナは日産のターニングポイントともなったクルマだったのだ。

なぜティアナはモデル廃止に追い込まれたのか?

アルティマ( 海外仕様)

 海外では新モデルがアルティマとして、未だに売れ続けているクルマだ。スタイリッシュなエクステリア、美しいインテリア、快適な居住空間、そして走行性能も高く、しかも安い。

 しかし、日本市場では全くと言っていいほどに売れていない。その良さは、一度でも乗ればわかってもらえるのだが、際立ったセールスポイントが見当たらないことに加え、セダン需要の縮小も影響している。

現行型ティアナ

 そして、これは筆者の予測だが、セダン需要はすべてスカイラインへ譲りたいという思惑が日産にあり、そのためにティアナは、モデル廃止となってしまったのではないだろうか。

まとめ

 現在、海外で売られている新型アルティマ(L34型)には、世界初の量産型2リッター直列4気筒可変圧縮比ターボエンジン「VCターボ」が搭載されている。

 V6ガソリンエンジンと並ぶ動力性能を発揮しながら、4気筒エンジンと同等の低燃費を実現するこのエンジンには、日産のエンジン技術のすべてが集められた傑作だ。このモデルが、国内市場にいないことは非常に寂しい。

 しかし、いま日産には、「走りの良さ」や「先進技術」や「EV技術」ではなく、初代ティアナのような「新たな発想」を持ったクルマが必要ではないだろうか。

 初代ティアナが、「走りだけ日産」というイメージを打ち破ったように、日産が、我々を良い意味で裏切ってくれたら、きっと風向きは変わるはずだ。

【画像ギャラリー】生産終了する日産ティアナ歴代車をみる

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型続々!! エボリューション新時代|ベストカー3月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、 環境、安全が叫ばれる時代に誕生する、各メーカーが開発中の最新“エボ”モデルの最新情報をお届け。  そのほか、マイナーチェンジするシビックタイプR情報から、ももクロ高城れにちゃんによるハスラー…

カタログ