【発表2週間で約2000台の受注では物足りない!?】GRヤリスがクルマ好きを魅了する理由

 2020年1月10日の東京オートサロン初日にお披露目され、その直後から今夏発売に向けた先行予約が始まったGRヤリスは先行予約開始から3日間(東京オートサロンの会期中)で約1000台、2週間後の1月24日時点で約2000台という受注を集めた。

 内訳は標準グレード約2割、ハイパフォーマンス約8割と高いほうが人気だ。

 当記事では、スポーツモデルとして注目度が高く売れていると評判のGRヤリスについて、「なぜクルマ好きを魅了しているのか」というテーマで考察していく。

 そのために筆者がデポジットの10万円をクレジットカード払いしてまで先行予約した理由も交えながら考察していく。

文:永田恵一/写真:TOYOTA、SUBARU、LANCIA、ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】GRヤリスは2週間で2000台を受注!! 86&BRZ登場後の国産スポーツカーの初期受注台数は?


理由1:スバルWRX STIが絶版直後の超大物新人選手だったから

ランエボXが2016年に消滅した後は孤高の存在になっていたWRX STI。EJ20搭載モデルは絶版となり、今後中古マーケットを騒がせること間違いなし

 2019年いっぱいで30年近く日本を代表する4WDスポーツモデルだった名機EJ20を搭載したWRX STIが絶版となり、意気消沈していたクルマ好きも多かったことだろう。

 それだけに思い入れも強く、現行WRX STIの最後の新車をオーダーしたファンも相当多かった。

 GRヤリスはそんな時に登場した272psの1.6L+4WDのWRC参戦ベースマシンという本格的なスポーツモデルなのに加え、価格も396万円と456万円と、筆者も含めトヨタが主張するとおり頑張れば価格も手が届く範囲だ。

擬装を施したモデルで事前試乗会も開催されていたGRヤリスは、東京オートサロン2020で生姿を世界初公開し、3日間で約1000台を受注

 そんな時にこんな魅力的なクルマが出てくれば、話題のクルマを自分のものにしてより理解を深めることも仕事のひとつである自動車メディアに属するフリーランスの筆者はもちろん、「ちょうど元号も令和になった次の時代はコイツ(ヤリスGR)に賭けてみよう、託してみよう」と飛びつくマニアックなクルマ好きがいるのも当然だろう。

理由2:世の中に新しい物好きはやっぱりいる

 2012年にトヨタ86&スバルBRZがコンパクトFRスポーツとしてデビュー。それ以降に登場した純粋なスポーツモデルの初期受注を振り返ると、目標台数の4~10倍と、どのモデルも好調な立ち上がりを見せている。

 そして昨年登場のトヨタスープラ。初期受注に関するデータは公表されていないが、デビュー時の注目度は高く、トップグレードのRZの日本割り当てぶんが速攻で完売するなどそのフィーバーぶりも記憶に新しい。

スープラはトップグレードのRZの人気が高く、あっという間に2019年の日本割り当てぶんを完売し、現在も長い納車待ちとなっている

 昔から言われているとおり、趣味性が大いに繁栄されるスポーツカーの場合、初期受注で大きく盛り上がり、その後沈静化するというのが一般的だ。

 スポーツカーにとっては初期受注フィーバーの後の落ち幅をいかに小さくし、長い人気を保てるかが重要になってくる。GRヤリスに多くの人が飛びついたのも当然のことだ。

 逆にここで飛びつかなければかなりヤバいことになる。

理由3:本物や頂点が欲しい人はそれなりにいる

 極論として実用だけで考えたら、日本は自動車メーカーが多いことや道路環境もあり輸入車、レクサスを含めたプレミアムブランド、スポーツモデル、本格オフローダーはなくても困る人は少ないだろう。

 筆者もGRヤリスを買っても自分にとっては超高価なクルマなこともありハードに使ったり、手を加えたりというつもりはない(GRヤリスを買ったら、悲しいことながら現実的にそんなことに使えるお金は残らないと思う)。

GRヤリスは4WDターボのスペックに注目されがちだが、インテリアほか細かな点まで本物感が漂っているのも魅力のひとつ

 でもプレミアムブランド、ホンダシビックタイプRやルノーメガーヌRSのような独ニュルブルクリンクFF最速を狙ったスポーツモデル、日産GT-Rのようなスーパーカーやポルシェのスポーツカー系、スズキジムニーやジープラングラーといった本格オフローダーは絶対的な数は多くないにせよ、一定数は売れている。

 これは時計や衣類のような身に着けるもの、ミラーレス一眼や一眼レフも相当売れているカメラ、プロが使っているものが欲しくなる。これは趣味性が反映されるクルマも同じ。

「必要性がなくとも、本物や頂点を使ってみたい」、と考える層もそれなりにいるということなのではないだろうか。

 GRヤリスの場合は、トヨタがカタログやプロモーションビデオなどで盛んに謳っている「BORN FROM WRC(世界ラリー選手権生まれのスポーツモデル)」もユーザーに対し本物感をうまくあおっている。

スポーツカー受難ながら、272psの1.6L、直3DOHCターボ+WRC仕込みの4WDを搭載したリトルモンスターをトヨタが発売したことに拍手!!

理由4:ホモロゲーションモデルとしての魅力とユーザーへの配慮がある

 GRヤリスのようなモータースポーツ参戦ホモロゲーションモデルは、WRC参戦のホモロゲーション(認証)を取得が必須だ。

 GRヤリスであれば連続した12カ月にモデル全体で2万5000台以上、ベース車が2500台以上という生産台数が必要だ。

WRCのホモロゲーションモデルとして有名なランチアデルタインテグラーレは、WRCに興味があるなしに関係なく人気を誇った

 モータースポーツ参戦ホモロゲーションモデルに対し故徳大寺有恒先生は30年ほど前に、「この種のクルマは、極端に言えば『メーカーの勝手で参戦したいモータースポーツに出るのに必要な資格を得る』のが目的だ。そのためにユーザーに買ってもらうのだから、買ってくれたユーザーには何らかの楽しみを与えなければならない。その好例がWRC参戦ホモロゲーションモデルとして、ラリーカー的なコントローラブルなハンドリングやインテリアの雰囲気などを持っているランチアデルタインテグラ―レだ」とおっしゃっていた。

2020年のトヨタのWRC活動では、WRC界のスーパースターであるセバスチャン・オジエの加入が最大のトピックだ

 GRヤリスはまず全体的な本物感でそれができていると思う(軽量化のためボンネット、ドア、バックドアはアルミ、ルーフはカーボンだ!)。

 さらに現在先行予約を受け付けている1stエディションは成約者にWRCジャパンのチケットや特別応援席など特別な体験、オリジナルミニカーのプレゼントといった特典もあり、「WRCに参戦できるようGRヤリスを買ってくれたユーザーへの感謝」を強く感じる。

理由5:GTカー的な使い方にも対応している

 これはGRヤリス全体の魅力の中では小さなことかもしれないが、GRヤリスはハイパワーな4WDという全天候型のクルマなのに加え、メーカーオプションで先行車追従型のアダプティブクルーズコントロール(夜間の歩行者にも対応する高性能な自動ブレーキも含む)などから構成される予防安全パッケージも設定されている。

 この点によりGRヤリスは現代的な全天候型のGTカー、日常のアシとしての資質も実に高い。筆者はこの点も大きな魅力に感じており、予防安全パッケージだけは装着するつもりだ。

280km/hまで刻まれたスピードメーターとタコメーターの間にはマルチインフォメーションディスプレイが装備され、最新の安全装備もオプション設定

まとめ

 ここまで書いた魅力に加えGRヤリスは全長約4mと小さいことも単身者の筆者にはピッタリだったのもあり、価格と全幅が許容できる範囲であれば、購入を決断するつもりだった。

 全幅というのは、擬装をした一番初めのプロトタイプの写真が真後ろから撮ったものだったこともあり非常にワイドに見え、「もしかする全幅1850mmまでの筆者が止めているパレット式の駐車場にはアウトかも」という懸念である。

ヤリスの全幅が1695mmなのに対してGRヤリスは1805mmとなっている。110mmの拡幅によって前後フェンダーの迫力は異次元

 そのため筆者は「余裕も見て全幅1810mmまでならゴー」と決めたところ、幸いGRヤリスの全幅1805mmだったため慌てるようにグレードを決め先行予約に踏み切った。

 GRヤリスの先行予約の台数に関しては前述したモデル全体で2万5000台に対し、その半分を日本で売りたいという目標があるのを考えると1月24日現在の2000台というのはクルマの魅力も考えるとちょっと物足りないというのが筆者の率直な印象だ。

 GRヤリスは田原工場に新設されるGRファクトリーで生産され、GRファクトリーはベルトコンベアではないセル生産と呼ばれる方法で生産される。

GRヤリスはノーマルのヤリスと比べると大型化されているが、全長は3995mmのショートボディだから扱いやすい

 GRファクトリーは月2000台の生産キャパシティを持っているとのことで、これはGRヤリスをWRC参戦のホモロゲーション取得のため連続する12カ月に2万5000台作る必要があるのに対応してのことだろう。

 GRヤリスを2万5000台生産する≒売るためには東京オートサロンに出展された1.5LのFF+CVTも大きな後押しになると思うが、まだ安心はできないと思う。

 2月14日(金)から3日間開催される大阪オートメッセではエモーショナルレッドIIのGRヤリスが展示される。

 魅力を感じた人や、「トヨタのWRC参戦のサポーターになる」という心意気がある方には早めの先行予約を大いに勧めたい。

これまで実車では白系のみが公開されていたが、大阪オートメッセにはエモーショナルレッドIIのボディカラーのGRヤリスが展示される

【画像ギャラリー】GRヤリスは2週間で2000台を受注!! 86&BRZ登場後の国産スポーツカーの初期受注台数は?

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型続々!! エボリューション新時代|ベストカー3月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、 環境、安全が叫ばれる時代に誕生する、各メーカーが開発中の最新“エボ”モデルの最新情報をお届け。  そのほか、マイナーチェンジするシビックタイプR情報から、ももクロ高城れにちゃんによるハスラー…

カタログ