【トヨタが街を作る!? ソニーがEVを出展!?】 CES 2020でクルマの未来が見えた!!?

 海外のショーのなかでも毎年注目を集めるのが1月にラスベガスで開催されている電子機器の見本市、CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)。

 モーターショーのように一般公開はされていないが、世界最先端の技術が披露されるということもあり自動車メーカーの参加も多い。そんなCESに自動車評論家 鈴木直也氏が乗り込んだ!

【画像ギャラリー】ホンダ 日産 ボッシュ…トヨタ ソニー以外にも名だたるメーカー続々! 注目の出展をギャラリーでチェック!!

※本稿は2020年1月のものです
文:鈴木直也/写真:ベストカー編集部、TOYOTA、SONY、BYTON
初出:『ベストカー』 2020年2月26日号


■ついに街作りに乗り出した! 「Woven City」はトヨタの野望?

 世界最大のハイテク見本市として有名なのが、毎年正月にラスベガスで開催されるCES。今年最大の目玉はなんといってもトヨタの「コネクテッドシティ構想」だった。

トヨタの発表はなんと「街をまるごとひとつつくる」構想!

 静岡県裾野市に広がる旧関東自工東富士工場の跡地約70万平米に、2,000人規模の人が暮らす街を建設するというその計画。

 予告なしのサプライズ発表だったため、「トヨタが街づくりに乗り出す!?」というニュースに世界が驚いた。

“Woven City(ウォブン・シティ)”と名づけられたこの実験都市は、もちろんトヨタが造るのだからただの分譲住宅というわけではない。

 構想動画を見ればわかるとおり、構内を無人のe-Paletteや小型電動モビリティが走り回り、すべての機器がネットワークで繋がって有機的なサービスを提供する……。まさに、未来のクルマ社会のショーケースとなるハイテク実験施設がその実体だ。

1000億円もの投資ができるのもトヨタの強みか

 自動運転やコネクテッド機能をテストするための実験施設は、トヨタも以前から保有しているが、そこはあくまでハードウェアをテストする場所。

 MaaS※1に代表されるサービスの実証実験を行うには、普通の人が実際に暮らす街で試す必要がある。

“Woven City(ウォブン・シティ)”の初期住民は、おそらくトヨタの技術者や研究者などを中心とした、いわゆる“関係者”の人たち。

 新しいCASE※2やMaaSの技術やサービスを試すには、これ以上適した環境はない。

 口先だけで、いくらCASEやMaaSといっても全然ピンとこないけれど、普通の人が実際に暮らす街で現実に新しいサービスが始まったとしたら、その説得力はケタ違い。

 こういった環境に触発されることで、新しいアイディアがどんどん湧いてくることも期待される。

■ソニー「VISION-S」の素晴らしい出来に驚いた!

 トヨタの発表に続いて、もうひとつサプライズだったのがソニーのEVプロトタイプ出展だった。

オーバルシェイプの端正な4ドアデザイン

 これまで、CESにおける新しいEVの出展といえば、新興スタートアップ企業が中心。ソニーのような老舗家電メーカーがここまで本格的なEVを持ち込むとは予想外で、プレスカンファレンスは大いに盛り上がった。

 ところが、“VISION-S”と名付けられたこのソニー製EV、量産車といってもおかしくないほど完成度が高いのに、現時点では市販の可能性ゼロ。

ドア内張りや後席インテリアなども上質な仕上がり

 担当役員の川西泉氏によると、開発の目的は「クルマの進化に対する貢献」だという。

 どういうことかというと、ソニーが得意とするセンサーやディスプレイなどで、自動運転や車載エンターテイメント機能を進化させるということらしい。

 実は、最近のソニーの業績を牽引しているのは、CMOSセンサーなどのデバイス類。

 トヨタ・セーフティセンス2用にソニー製センサーが採用されたことでもわかるとおり、実力は評価されている。

ボディ全幅にわたる大型液晶ディスプレイを装備

“VISION-S”の製作にあたっては、車体構造のマグナをはじめ、ボッシュ、コンチネンタル、ZFなどおなじみの欧州系メガサプライヤーが協力しているが、ソニー製センサーの優秀さを広く世界中のサプライヤーに向けてアピールする効果も狙っているようだ。

■こちらも注目!BYTON「M-Byte」はスマートフォンのようなクルマ!

 一方、ソニーの“VISION-S”と同等以上に未来的なEVを、エントリー4万5000ドルから市販開始するというのが、中国製のBYTON M-Byte。

CEOのダニエル・キルヒャルト氏は元中国インフィニティ社長

 ボディフルワイドのディスプレイに向けてバイアコムCBSが番組を配信するなど、その構想はまさに走るスマホ。テスラの次の世代を担うEVも、いよいよローンチが始まりつつある。

インパネ全面液晶はもはや常識。ステアリング上にも液晶パネルが
「インフォテイメント」がクルマの主役に

*   *   *

 そんなわけで、これまで絵空事っぽかったCASEやMaaSが、いよいよ現実に動き始めた実感が出てきたのが今年のCESの特徴。なんだかんだいっても、「未来を垣間見るにはやっぱりCES取材は欠かせない!」のです。

※1 Mobility as a Serviceの頭文字で「サービスとしての移動」の意 ※2 Connected(コネクテッド)、Autonomous(自動運転)、Shared & Services(カーシェアリングとサービス)、Electric(電気自動車)の頭文字

【画像ギャラリー】ホンダ 日産 ボッシュ…トヨタ ソニー以外にも名だたるメーカー続々! 注目の出展をギャラリーでチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ