新型キックスはロッキー/ライズの快進撃を止められるのか?

 クルマの大型化が進む近年においては、ありそうでなかった、5ナンバーサイズのSUV、ロッキー/ライズの快進撃が止まらない。

 昨年11月に登場するや否や、ライズの登録車販売台数は、11月4位、12月2位、そして1月には、とうとう1位を獲得し、2月もトップの座を守った。

 ロッキーのほうも月産目標の1.5倍の受注となっているそうで、生産工場はフル稼働していることだろう。一時期は、受付を中止するほどに、注文が殺到しているそうだ。

 コンパクトSUVといえば、日産が海外で販売するコンパクトSUV「キックス」が今年、新型となって国内に投入されるのでは、との情報がある。

編集部注/日産新型キックスは5月中旬に日本発表、との情報が入っている。しかしこの新型コロナウィリス感染症騒動で多少前後する可能性もあり)

 この新型キックスは、ロッキー/ライズの勢いを止めることができるだろうか。

文:吉川賢一、写真:トヨタ、ホンダ、日産、スズキ

【画像ギャラリー】ロッキー/ライズ VS キックス


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ