【画期的だったがコストの壁に夢散!!】短命に終わったエポックメイキングな技術5選

 バブル期だった昭和の終わりから平成初期を含めた1990年代までは自動車業界に余裕があったこともあり、新型車が出るたびに新技術が盛り込まれていたと言ってもいいくらいの時代だった。

 登場した新技術のなかには現代も使われているものもある半面、画期的と言われながらも短命に終わったものも珍しくなく、当記事では後者を振り返ってみた。

文:永田恵一/写真:NISSAN、HONDA、MAZDA、MITSUBISHI、SUBARU、TOYOTA、LANCIA、RAKUTEN

【画像ギャラリー】CVT/ターボ/ロータリー/ミドシップ/V6の量産車の日本初&世界初搭載車!!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ