アルファードなどがついに全店併売開始!トヨタ販売店統合で「消える車」

 2019年4月、東京地区のメーカー資本店の4系列店販社が統合し、「トヨタモビリティ東京」が発足し、全国に先駆けて全店全トヨタ車併売がスタート。そして、2020年5月8日からは、これを全国規模に拡大された。

 東京地区と同じように販社統合し「トヨタモビリティ」を発足させたのは当面神奈川地区だけ。他の地区は4系列店販社のまま、全販社全トヨタ車の併売態勢でスタートしている。

 各地域は2~3の有力地場資本が、4系列店販社を設立させているから企業統合をすぐに出来ない事情があるためだ。

 つまり従来通りのトヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の販社を継続させて、全トヨタ車の併売に踏み切っている地域がほとんどなのである。

 これとは別にトヨタは2025年までに2017年時点で約60車種あった国内扱いモデルの車種数を30車種程度まで半分に削減する方針を打ち出している。 

 国内の新車市場が低成長下にあるなかで「需要規模は年間500万台で推移することが予想される。こうしたなかでトヨタは150万台程度の販売にとどまる時代が到来する。このためには生産販売する車種を半分の30車種程度に削減する必要がある」との決定をしたわけである。

 では、具体的にどのトヨタ車が消滅、あるいは統合されることになるのか? 以下、遠藤徹氏が解説する。

文:遠藤徹
写真:TOYOTA、編集部

【画像ギャラリー】これから統廃合加速! トヨタの全兄弟車を写真で見る


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ