日産マーチ&キューブはなぜモデルチェンジしない?? 販売極少車でもいい車特集ほか【先週の人気記事ランキング】

 新車が少なかったこともあり、企画モノ記事が好調だった先週7/23(日)〜7/29(土)の『ベストカーWeb』。本記事ではその一週間の中で特によく読まれた記事をダイジェスト&編集後記を交えてご紹介いたします。

 見逃した方、もう一度読みたい方はぜひご参照ください。以下、アクセスの多かった順に紹介いたします。

文:ベストカーWeb編集部 写真:Shutterstock.com


■【1位】日産マーチ/キューブの新型が出ない理由 かつての屋台骨なのに登場から7年超…やる気あんのか!?

 かつて日産の主力販売車種であり、トヨタ、ホンダといったライバルたちと互角以上の勝負を繰り広げていた日産マーチ&キューブ。

 しかし気づけばこの両車、現行車が発売してから7年超。あきらかに「力」が入っていない。現場の営業マンは売りたいようだけど、本体の日産が日本市場を軽視してるってことでしょうか?

 そこらへんの詳しい事情をじっくり考察してみた記事が、先週のアクセス1位でした! 日産! やっちゃってくださいよ!!

キューブ

>> 続きはこちら

※関連記事 「自分がいいと思えるクルマ」で選んだらキューブが浮上したのでじっくりチェックしてみたこちら

■【2位】フェアレディZら、個性派かつ販売極少でも頑張ってるクルマ 5選!!

 当サイトが大好きな「売れてないけどいい車」紹介シリーズ。もはやキラーコンテンツとなりつつあるほどの人気企画となっております。

 今回は2017年6月の月販台数で一桁〜二桁前半しか売れなかった車たちをご紹介します。こうやって改めて見ると、日本車市場っていい車がたくさんあるんですよね。

 そしてどんな車にも作り手がいて、売り手がいて、それぞれに特徴と事情と物語がある。……というのがよくわかる企画です。

スズキSX4 S CROSS

>> 続きはこちら

※関連記事 【レガシィアウトバック、RVR、ジェイド…】売れてないけどいい車7選こちら

■【3位】 スバルの新型WRX STI 日本が世界に誇る2L、4WDの最高峰マシンをいざ試乗!!

 2017年6月20日より発売開始した、スバルの新型WRX試乗記をお届けした記事が3位にランクインしました。

 ビッグマイナーチェンジとなった今回の変更では、エンジンを含むパワートレーンには手を入れられなかったものの、センターデフのロック率をフル電子制御にすることでハンドリングが大幅に向上。その成果をレーシングドライバーの松田秀士氏にチェックしていただきました。

 その評価やいかに? 実力派4WDスポーツセダンの試乗インプレッションです。

WRX STI

>> 続きはこちら

※関連記事 【ヴェルファイア、ロードスターら登場】一生に一度は乗りたい現行車5選こちら

■【特別エントリ】 【違反か否か】赤信号停止中 スマホ操作は違反になるの?

 個人的に「気になるよなあ」という事案を調査した企画がこちら。

 信号待ちとかで、ふとスマホをチェックしたくなることってありますよね。でもすぐ隣にパトカーが停まってたりすると、「あれ? いまスマホってチェックしてもいいんだっけ?」って不安になること、ありませんか。

 本企画担当はめちゃくちゃあります。そんな時どうする? 見ていいの? 気になるLINEが来てたら返信までしちゃっていいの???

赤信号の時はスマホ使用してもいいのか? 

>> 続きはこちら

※関連記事 制限速度は上げてもいいの??『一般道60→70km/h』なぜOKに? 一般道の規制速度事情こちら

 そんなわけで、今週のベストカーWebもよろしくお願いします!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ