クラウン レクサスIS 3シリーズ…新車以上の買い得感! セダン買うなら中古でしょ!!

 人気すなわち人の好みというのは変わりやすいものだ。女性アイドルやラーメンを見ても、人気はどんどんと変わるし、クルマにおいても同様に人気は変わりやすい。

 1990年代半ばまではセダンがファミリーカーの主力車種だったが、オデッセイが登場するとファミリーカーの定番はミニバンに移行。そして、現在はSUVへと人気車は移行している。新車の場合、納車までの期間が長くなったり、値引き額が渋くなったりするが、人気車だから新車価格が高くなることはない。

 しかし中古車の場合はそうではない。新車時価格が同じカテゴリーのクルマで年式、走行距離まで同じであっても、人気の有無によって中古車の販売価格は大きく変わるのだ。

 そうしたなかで現在人気薄となっているのがセダン。ただそのぶん中古車で買うには狙い目のカテゴリーといえる。クラウンなど一部安定した人気を誇る車種もあるが、全体的に見れば、人気は落ち着いている状況だ。

 例えば、2019年にフルモデルチェンジしてマツダ3へと生まれ変わったアクセラの最終モデルの中古車相場を見てみると、平均価格は3カ月前の約132万円から約122万円へと10万円の値落ち幅を記録。

 新車時価格258万6600円だったハイブリッドSで、2016年式、走行距離4万kmの中古車が約150万円で手に入れられるのだ。

 クルマのベーシックモデルと言われて、高い走行性能と乗り味に定評のあるセダン。現在は人気薄のため、割安で手に入れられる中古セダンを紹介していこう。

【画像ギャラリー】今が狙い目…!!? 注目のオススメ中古セダンをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年8月のものに適宜修正・注釈を加えています。流通量の★印は★:30台以下、★★:50台以下、★★★:100台以下、★★★★:300台以下、★★★★★:301台以上。中古車相場など中古車データは2020年7月下旬、萩原氏調べのもの
文:萩原文博、ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部ほか
初出:『ベストカー』 2020年9月10日号


■現行型国産中古セダン編 現行モデルを選んで新車の80%安も!

 まずは国産セダンの現行モデルから。ここにはホンダレジェンドやマツダアテンザ(現マツダ6)、そしてスバルレガシィB4といったフラッグシップモデルも含まれている。

 そのなかで最初に紹介するのは、2020年9月に大幅改良が予告されているレクサスISだ。現行モデルは2013年に登場。

 大幅改良後に変動がありそうだが、現在の中古車の流通台数は約440台と豊富で、平均価格は約259万円、平均走行距離は約4万kmと少なめだ。最も多い300h Fスポーツで値落ち率は約18~75%となっている。

レクサス IS(中古車該当年式:2013年~2019年)…中古車相場:109万~495万円(新車時価格:480万1297円~655万7000円)…流通台数:★★★★★

レクサスISの中古車情報はこちらをクリック!

 次に惜しまれつつもまもなく幕を閉じるレクサスGS。現行モデルは2012年に登場。中古車の流通台数は約460台と豊富だ。ガソリン車の平均価格は約203万円、ハイブリッド車の平均は約285万円だ。

 中古車の最も多いグレードはGS300h Iパッケージで、値落ち率は約36~約80%と大きくなっている。

 また、GSに設定されているハイパフォーマンスモデルのGS Fの中古車は流通台数が約24台。平均価格は3カ月前の約739万円から現在は約700万円へと大きく値落ちしている。

レクサス GS(中古車該当年式:2012年~2019年)…中古車相場:109万~638万円(新車時価格:588万8056円~900万円)…流通台数:★★★★★

 次は国産スポーツセダンの代名詞である日産スカイライン。現行モデルは2013年に登場し、中古車の流通台数は約270台で、3カ月前の約450台から激減。

 その影響もあり、平均価格は約222万円から約246万円へと値上がり。最も多い350GTタイプSPの値落ち率は約20~約76%を記録した。

日産 スカイライン(中古車該当年式:2013年~2020年)…中古車相場:105.8万~549万円(新車時価格:435万3800円~644万900円)…流通台数:★★★★☆

 続いては日産パーソナルセダンのフラッグシップモデルのフーガ。現行モデルはガソリン車が2009年、ハイブリッド車が2010年に登場。

 流通台数が多いのは圧倒的にガソリン車で、平均価格は3カ月前の約135万から現在は約131万円へ値落ち。最も多い250GTの値落ち率は約24.5~約91%と大幅安だ。

日産 フーガ(中古車該当年式:2009年~2020年)…中古車相場:42.8万~559万円(新車時価格:446万3800円~709万9400円)…流通台数:★★★★★

 ホンダのフラッグシップセダンのレジェンドはハイブリッド車として2015年に現行モデルが登場。中古車の流通台数は約84台で、値落ち率は約12.6~約81%となっている。

ホンダ レジェンド(中古車該当年式:2015年~2020年)…中古車相場:135万~629.9万円(新車時価格:720万5000円)…流通台数:★★★☆☆

 マツダのフラッグシップセダンがアテンザ。2012年に登場した最終モデルの流通台数は約290台。最も多いXD Lパッケージの値落ち率は約20~約83%だ。

マツダ アテンザ(中古車該当年式:2012年~2019年)…中古車相場:39.8万~339.8万円(新車時価格:282万9600円~419万400円)…流通台数:★★★★☆

 そして先ごろ6月に受注を終了したスバル レガシィB4の2014年に登場した現行型の中古車の流通台数は約104台。最も多いグレードのリミテッドの値落ち率は約1.5~約77%と幅広くなっている。

スバル レガシィB4(中古車該当年式:2014年~2020年)…中古車相場:59.8万~322.8万円(新車時価格:313万5000円~330万円)…流通台数:★★★★☆

■先代型国産中古セダン編 先代&絶版モデルも値下がり中で狙い目!

 先ほどは、国産セダンの現行型を中心に値動きを見てもらった。フーガでは値落ち率90%超えとなっている。これだけ安くなっているのだから中古のセダンは買い得感が大きい。現行型に続いて、国産の旧型セダンの値動きから狙い目の車種を紹介しよう。

 まずは、国産セダンの代名詞であるトヨタクラウン。2018年に登場した現行モデルは1種類に統合されたが、2012年に登場した先代モデルのロイヤルとアスリートの値動きを見てみる。

 中古車の流通台数はアスリートが約1030台で、ロイヤルの約570台の2倍近く多い。平均価格はアスリートの約255万円に対して、ロイヤルは約199万円だ。

 値落ち率は流通台数の多いアスリート2.5ハイブリッドSが約6.4~約72%、2.5ハイブリッドロイヤルサルーンが約22~約79%となっている。

トヨタ クラウン(先代・中古車該当年式:2012年~2018年)…中古車相場:87.8万~438万円(新車時価格:381万2400円~618万3000円)…流通台数:★★★★★

トヨタクラウンの中古車情報はこちらをクリック!

 続いては、2019年に生産終了したトヨタマークX。流通台数は約1000台と豊富で、平均価格も直近3カ月で12万円値落ちし、約118万円。値落ち率は最も多い250Gリラックスセレクションが約29.5~約88.4%となっており狙い目だ。

トヨタ マークX(先代・中古車該当年式:2009年~2019年)…中古車相場:25万~679万円(新車時価格:270万6000円~451万円)…流通台数:★★★★★

トヨタマークXの中古車情報はこちらをクリック!

 また、先代のレクサスLSも流通台数が約580台と豊富で平均価格は約121万円。最多グレードの460バージョンC Iパッケージの値落ち率は約47~約95%と抜群の値落ち幅を記録している。大排気量による税金の高さに目をつむれば狙い目の一台だ。

レクサス LS(先代・中古車該当年式:2006年~2017年)…中古車相場:34.8万~575万円(新車時価格:854万8000円~1595万4000円)…流通台数:★★★★★

 そのほかでは、ハイブリッド専用車となった先代のトヨタカムリ。中古車の流通台数は約340台。最多グレードの2.5Gパッケージの値落ち率は約34~約84%となっている。

トヨタ カムリ(先代・中古車該当年式:2011年~2017年)…中古車相場:49万~258.8万円(新車時価格:322万1345円~402万8400円)…流通台数:★★★★★

 またカムリのライバルとなるホンダアコードは中古車の流通台数が約437台。最多グレード前期型のEXの値落ち率は約33~約81%で、新車時はカムリのほうが上だった人気が中古車になった現在は逆転している。

ホンダ アコード(先代・中古車該当年式:2013年~2019年)…中古車相場:67万~359.8万円(新車時価格:392万1296円~417万5926円)…流通台数:★★★☆☆

■輸入中古セダン編 輸入車もセダン買うなら中古でしょ!

 ここまで、国産セダンの現行型そして旧型(絶版含む)の値動きを見て中古車の価格が安くなっているのはわかってもらえただろう。

 しかしこれらはもともと高級車。交換するパーツ類が高価なので気をつけたいところだ。また、これはセダンだけに限らないが、税金の高い大排気量エンジン車は敬遠される傾向が強い。

 特にこれから紹介する輸入車では、新車時価格が高いパワフルな大排気量エンジン搭載車が小排気量エンジン車の価格より安くなるということはよくあることなのだ。エンジンパワーだけでなく、装備が充実しているにも拘わらず、価格が安いというのだから税金面さえ気にしなければオイシイ。

 本題の輸入車だが、日本市場で人気の高いメルセデスベンツCクラスやBMW3シリーズなどはセダンに加えてステーションワゴンを用意している。これらの車種はそもそもセダンよりステーションワゴンのほうが人気は高く、さらにSUVのラインナップも充実していて、そのぶんセダンの値落ち幅は大注目だ。

 まず2012年に登場した先代BMW3シリーズセダンの流通台数は約750台で、平均価格は約206万円。最多グレード320d Mスポーツの値落ち率は約45~約87.5%となっている。

BMW 3シリーズ(先代・中古車該当年式:2012年~2019年)…中古車相場:74.8万~479.9万円(新車時価格:431万円~872万円)…流通台数:★★★★★

 続いて先代メルセデスベンツCクラスの中古車の流通台数は約240台。平均価格は約90万円。最多グレードのC200コンプレッサーアバンギャルドの値落ち率は約74~約92.8%で年式も進んでいて抜群に安くなっている。

メルセデスベンツ Cクラス(先代・中古車該当年式:2007年~2014年)…中古車相場:35万~290万円(新車時価格:410万4000円~1244万5000円)…流通台数:★★★★☆

 2008年に登場した先代アウディA4の中古車の流通台数は約140台で、平均価格は約108万円。最多グレード2.0TFSIの値落ち率は、約62~約90%となっている。

アウディ A4(先代・中古車該当年式:2008~2016年)…中古車相場:40万~230万円(新車時価格:467万~554万円)…流通台数:★★★★☆

 ここまでは旧型だったが、ココからは現行型をピックアップ。まずはVWパサートで流通台数は約127台。平均価格は約254万円。最多グレードであるTDIハイラインの値落ち率は約8.5~約53%。現行型でも手ごろな価格の中古車が増えてきた。

VW パサート(現行・中古車該当年式:2015年~2020年)…中古車相場:89.9万~468.9万円(新車時価格:441万4000円~596万6000円)…流通台数:★★★★☆

 同じミドルサイズセダンのジャガーXEは流通台数が200台。平均価格は約400万円。最多グレード、ピュアD180の値落ち率は約6~約46.5%となっており、輸入車のセダンは旧型だけでなく、現行モデルでも大きく値落ちしている。

ジャガーXE(現行・中古車該当年式:2014年~2020年)…中古車相場:139万~693万円(新車時価格:539万円~736万円)…流通台数:★★★★☆

 国産車以上に輸入車セダンは狙い目といえる。

そのほかの輸入中古セダンの相場

【番外コラム】スポーツセダンの中古はどうだ?WRX S4&レクサスIS F

 現在人気薄となっているセダンの中古車は値落ちが大きいことはわかってもらえただろう。そんなセダンのなかでも値落ちしにくい車種がある。それがスポーツセダンと呼ばれるモデルで、レクサスIS FやスバルWRXなどが当てはまる。

 2014年に生産終了したレクサスIS Fの現在の平均価格は約226万円で、3カ月前の約215万円から値上がり傾向だ。一方のWRXはSTIが絶版となりS4のみとなっているが、平均価格は約295万円で横這いとなっている。

販売終了したGS Fの中古は?…477psの5L V8エンジンを搭載するレクサスGSのハイパフォーマンスモデルGS Fは中古車の流通台数が少ないが、価格は最近値下がり傾向

【画像ギャラリー】今が狙い目…!!? 注目のオススメ中古セダンをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ