クラウン アテンザ IS 3シリーズ… 新車以上の買い得感! セダン買うなら中古でしょ!!!

 人気すなわち人の好みというのは変わりやすいものだ。女性アイドルやラーメンを見ても、人気はどんどんと変わるし、クルマにおいても同様に人気は変わりやすい。

 1990年代半ばまではセダンがファミリーカーの主力車種だったが、オデッセイが登場するとファミリーカーの定番はミニバンに移行。そして、現在はSUVへと人気車は移行している。新車の場合、納車までの期間が長くなったり、値引き額が渋くなったりするが、人気車だから新車価格が高くなることはない。

 しかし中古車の場合はそうではない。新車時価格が同じカテゴリーのクルマで年式、走行距離まで同じであっても、人気の有無によって中古車の販売価格は大きく変わるのだ。

 そうしたなかで現在人気薄となっているのがセダン。ただそのぶん中古車で買うには狙い目のカテゴリーといえる。クラウンなど一部安定した人気を誇る車種もあるが、全体的に見れば、人気は落ち着いている状況だ。

 例えば、2019年にフルモデルチェンジしてマツダ3へと生まれ変わったアクセラの最終モデルの中古車相場を見てみると、平均価格は3カ月前の約132万円から約122万円へと10万円の値落ち幅を記録。

 新車時価格258万6600円だったハイブリッドSで、2016年式、走行距離4万kmの中古車が約150万円で手に入れられるのだ。

 クルマのベーシックモデルと言われて、高い走行性能と乗り味に定評のあるセダン。現在は人気薄のため、割安で手に入れられる中古セダンを紹介していこう。

【画像ギャラリー】今が狙い目…!!? 注目のオススメ中古セダンをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年8月のものに適宜修正・注釈を加えています。流通量の★印は★:30台以下、★★:50台以下、★★★:100台以下、★★★★:300台以下、★★★★★:301台以上。中古車相場など中古車データは2020年7月下旬、萩原氏調べのもの
文:萩原文博、ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部ほか
初出:『ベストカー』 2020年9月10日号


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ