3でも5でもない!? 意外に安いマツダの海外専売車 CX-4は超スタイリッシュSUV

 CX-3でもCX-5でもない!? 幻のCX-4は、中国専売のマツダSUV。

 マツダは日本でサイズが小さい方からCX-3、CX-30、MX-30、CX-5、CX-8という5車種のSUVとクロスオーバーをラインナップしている。CX系では以前日本でもCX-7は導入されたことがあるものの、CX-4とCX-6はない。

 しかし、実は中国専売という形でCX-4が2016年から販売されているのだ。
本稿では、日本では馴染みの薄い、マツダにおける隠れキャラ的なCX-4を紹介していきたい。

文/永田恵一
写真/MAZDA、Xiaolu Chu/Getty Images for Mazda Motor Co.

【画像ギャラリー】日本未発売含むCX-4ほかマツダが販売しているSUV一覧をみる


CX-4は「CX-5ベースのクーペSUV」

北京モーターショー2016で「越 KOERU」の市販車こと、CX-4が登場した(Photo by Xiaolu Chu/Getty Images for Mazda Motor Co.)

 CX-4は、2015年のフランクフルトや東京モーターショーに出展されたコンセプトカーである「越 KOERU」の市販車として、2016年4月に開催された北京モーターショーに登場。

 中国では関税が掛からないよう現地生産をするには中国の自動車メーカーと対等の資本関係で合弁会社を設立する必要があり、トヨタは一汽と略される第一汽車と広州汽車、ホンダは広州汽車と東風汽車がパートナーとなっている。

 それと同様にマツダは中国で第一汽車(マツダ6を生産&販売し、中国にはMX-5の車名で日本から輸出されるロードスターを販売)及び長安汽車(マツダ3、CX-30、CX-5、CX-8を生産&販売)がパートナーとなっており、CX-4は前者の一汽マツダで生産&販売されるモデルだ。

全高は低いが最低地上高はCX-5並み

 CX-4は写真からも分かるとおり、2016年時点では少なかったクーペルックのSUVで、ターゲットユーザーとして想定したのは「溢れているモノや情報だけでは満たされない、先進的な価値観を持つ中国の若者」だという。

マツダCX-4 は、2016年当時では少なかったクーペSUVのデザインをしている(全長4637mm×全幅1855mm×全高1524mm)

 ボディサイズは全長4637mm×全幅1855mm×全高1524mm、ホイールベース2700mmというもので、登場時期との兼ね合いもありベースとなったのは、先代CX-5である(現行CX-5もプラットホームやパワートレーンといった基本的な部分は先代CX-5と共通)。

 CX-4のスタイルは、CX-5よりもリアオーバーハングが若干延長されていることもあり、「マツダ6ワゴンのDピラーをより傾斜させ最低地上高を上げたSUV」という印象だ。

 クーペルックのSUVというスペシャリティなモデルらしい流麗なものに仕上がっている。そういった意味ではCX-4は今になるとクーペルックのSUVの雰囲気もあったCX-7の後継車的な部分も備えているといえるのかもしれない。

CX-4のベースとなったのは、先代CX-5である(現行CX-5もプラットホームなどの基本的な部分は先代と共通)

 また、CX-4はCX-5に比べると全高は170mmほど低いが、最低地上高はFF/206mm、4WD/188mmと現行CX-5の210mmとそれほど変わらない。

 つまり、そのぶんガラス面積を中心に全高が下げられており、その点もスタイルの流麗さを際立てている。

特徴的な内装にMTの設定もあり

インテリアはCX-5に非常に近い造形になっている。キャビンとラゲッジスペースは、CX-5より狭いが、大人4人と荷物を運ぶには充分なスペースがある

 インテリアは現行CX-5に非常に近い造形だが、シートやドアトリムもバーガンディレッドの赤系インテリアカラーを設定するなど、スペシャリティなモデルらしいアグレッシブさも備える。

 キャビンとラゲッジスペースは全高が低いぶん、CX-5よりは狭くなっているが、それでも大人4人と4人分の荷物を運ぶのに充分なスペースは確保しているようだ。

 機能面は現行CX-5に非常に近いものとなっており、エンジンは2Lと2.5Lの直4ガソリンNAの2つ、トランスミッションは初期モデルの2LガソリンNAには6速MTもあったが、現在は6速ATのみで、駆動方式は2LガソリンNA/FFのみ、2.5LガソリンNA/FFと4WDとなる。

 なお、ディーゼルエンジンは中国の軽油の質の問題などもあるようで、ほかの中国で販売されるマツダ車同様に設定されない。

トランスミッションは、6速ATのみ。駆動方式は2LガソリンNA/FFのみ、2.5LガソリンNA/FFと4WDとなる。なお、ディーゼルエンジンは設定されない

 また、自動ブレーキに代表される安全装備や、コーナーでクルマが僅かにアクセルを戻す制御を行い、コーナリング中のフィーリングを高めるGベクタリングコールの搭載なども最近のマツダ車と同様で、各部において全高が低い分有利な走行性能が期待できそうだ。

 CX-4の価格は、14万8800元(約232万9000円)から21万5800元(約337万8000円)で、CX-5と比べると意外にも3万元(約47万円)ほど安いものとなっている。

◆  ◆  ◆

 CX-4の日本導入の可能性は、冒頭で書いたようにマツダは日本でSUVとクロスオーバーを5車種もラインナップしていることに加え、そのなかにスペシャリティなものはMX-30があることもあり、ほぼゼロだろう。

 それはともかく、マツダは大きなメーカーではないのに、北米などでCX-9、中国ではCX-4と大国向けのSUVも持っているというのはなかなか面白い。

【画像ギャラリー】日本未発売含むCX-4ほかマツダが販売しているSUV一覧をみる

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ