ホントにホント? 世界初の量産電気自動車三菱i-MiEV 今年度内生産終了!?

 世界初の量産電気自動車としてこの世に生を受けた、三菱i-MiEV。しかし今、そのi-MiEVに今年度内で生産が終了するとの不穏な噂が流れている。

 三菱からそのようなアナウンスは10月15日現在、一切出ていない。しかし、それを否定するような動きも見られず、不安は募るいっぽうだ。

 ベストカー編集部とi-MiEVは、実はけっこう縁が深い。2009年には社有車として導入し、充電スポットを経由しながら、往復1日ドライブでどこまで行けるかなど、いろんな企画で使った。

 そのドライブ企画自体はなかなかの苦行だったわけだが、苦労を共にしたi-MiEVに、特別な感情が湧かなかったと言えば嘘になる。

 社有車としての使命を見事にまっとうして社を去り、2018年にそれまでの軽規格から登録車となって以降は、なかなか乗る機会も減ってしまったが、ベストカー編集部員の心の片隅には常にi-MiEVが存在しているのだ。

 繰り返すが今年度内の生産終了は確定情報ではない。だが、もし事実であるならば、ベストカー編集部として何かをせねばなるない。この企画はそんな思いから誕生した。

 2006年にターボモデルのみで登場したi-MiEVのベースモデル「i」を含め、その存在を振り返り、再評価する。

 この企画でi-MiEV人気再上昇&生産終了説がフッ飛べば、大成功だ。いざ、愛を込めて振り返る。

【画像ギャラリー】幻のコンセプトモデルからOEMまで!! i&i-MiEVの軌跡をギャラリーで辿る!!!

※本稿は2020年10月のものです
文/片岡英明、国沢光宏、ベストカー編集部、写真/三菱、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年11月26日号


■i&i-MiEVとの思い出から、存在意義を探っていく

●乗った人を笑顔にするクルマ(片岡英明)

 三菱i-MiEVのベースとなったiは2006年1月の発売だ。2010年春に発売されたi-MiEVもデザインは今も色あせていないし、EVのメカだって古臭く感じない。

 世界初の量産EVで、すごいことをたくさんやっていたが、その偉大さに日本人は気がつかなかった。

2006年1月に登場した三菱「i」

 発売前の2008年6月、スバルR1eを連れだって洞爺湖サミットの会場まで、CO2排出ゼロをアピールするデモランを行ったのはいい思い出だ。

 子どもたちを隣に乗せてサーキットを走ったこともあるが、走行後は全員が満面の笑みだった。

 ボクがEVにのめり込んだのは、i-MiEVがあったからこそ!!

●乗って衝撃、思い出たくさん(国沢光宏の場合)

 私が電気自動車を高く評価するようになったのはi-MiEVのおかげと言ってよい。舘内端さんが主宰する日本EVクラブのイベントで、2008年6月に量産試作車のi-MiEVを使い東京から洞爺湖まで走ったのだった。

2009年、ベストカー編集部にi-MiEVがやってきた。意外にドッシリした走りで、好印象でした

 それまでは遊園地の乗り物とか、超高価な試作車しか乗ったことなかった電気自動車ながら、普通の乗用車とまったく同じ感覚で乗れることに衝撃を受けましたね!

 その後も全日本EVレース選手権でハンドル握り優勝したりと、思い出たっくさん!

 現行モデルは年度内にも生産中止ということのようだが、来年春には日産にバトンタッチされた軽自動車規格の電気自動車が出てきます。

●商売は理屈どおりにいかない(鈴木直也の場合)

 三菱のi-MiEVが生産終了!? というニュースを聞き、せめて「世界初の量産EV」という称号だけはi-MiEVに捧げたいと思う、今日この頃です。

 それにしても、i-MiEVの商品企画、理論的には100%正しかったよね?

「これからはEVの時代」。文句なしにOK。「電池のコストが下がらないうちは小型コミュータで行く」。これもOK。「エンジン車と車体を共用してコストダウン」。ますますOKです。

 しかし、ビジネスとして最初にEVを成功させたのは、i-MiEVの真逆を行ったテスラ・モデルS。商売は理屈どおりに行かないという典型でしたね。

2018年4月 i-MiEV、軽から登録車に……一部改良。歩行者に対する安全保護強化のためフロントバンパーの形状を変更。全長がこれまでの3395mmから3480mmとなり登録車扱いになった

■世に出なかったいろいろな「i」の形

 リアミドシップレイアウトの特殊性ゆえ、派生車が生まれづらいのは事実だが、こんなのはショーに出てました。

●2007年 東京モーターショー「i-MiEV SPORT」…前輪左右それぞれにインホイールモーター、後輪にもモーターを持つ3モータースポーツです

2007年 東京モーターショー「i-MiEV SPORT」

●2009年 東京モーターショー「i-MiEV CARGO」…ユーザーが自由に使える空間として車体後部に広大なスペースを設定。これは出てほしかった

2009年 東京モーターショー「i-MiEV CARGO」

●2009年 ジュネーブモーターショー「i-MiEV SPORT AIR」…上の「i-MiEV SPORT」に似るがモーターはi-MiEVの改良版(約82ps)。樹脂製ルーフにソーラーパネル内蔵

2009年 ジュネーブモーターショー「i-MiEV SPORT AIR」

*   *   *

 以上、iおよびi-MiEVの足跡、そして素晴らしさをお伝えしてきた。ここまでやれば、よもや今年度内生産終了ということはなかろう。どんなクルマであれ、車種が減るのは普通にサミシイものだし、ね。

■i & i-MiEVの足跡History of i & i-MiEV

●2003年9月/コンセプカー「i」登場……フランクルトショーに出展。排気量は1000㏄のコンパクトカーとして発表された
●2006年1月/市販開始……新開発の直3、3B20型ターボエンジンを搭載して発売開始。月販目標は5000台
●2006年7月/PrincessKitty i発売……ハローキティ特別仕様車で用意されたのは1台のみ。日本橋三越で販売された
●2006年10月/NAモデル追加……NAはMIVECが付き低速から力強く加速。ターボモデルも改良され燃費向上
●2007年12月/一部改良で快適装備充実……電動格納式ドアミラー、キーレスシステムなどの装備グレード拡大。シート形状改良
●2008年12月/一部改良で3グレードに……ベーシックな「S」、充実装備の「Vivace」、ターボエンジンの「T」にグレードを集約
●2009年6月/i-MiEV法人向け販売発表……7月下旬から法人、官公庁、自治体を中心としたデリバリーを開始すると発表した
●2009年11月/一部改良で燃費向上……走行抵抗低減、エンジンやATの制御見直しでNAモデルがエコカー減税対象に
●2010年4月/i-MiEV個人向け販売開始……メンテナンスリース形式が基本。398万円
●2010年8月/一部改良、ECOランプ採用……メーター部分に低燃費運転を支援する「ECO」ランプ採用。Vivaceナビ設定変更
●2010年11月/i-MiEV、一部改良……速度が25km/h以下の時に歩行者に接近を知らせる車両接近通報装置を採用
●2011年7月/i-MiEV、大幅改良……ベースグレードの「M」と、航続距離の延びた上級グレード「G」の2グレードに
●2012年7月/一部改良。安全性向上……ヘッドレスト大型化、ISOFIXチャイルドシートアンカー装備。ドアミラー大型化
●2013年6月/i、生産終了……販売終了は同年9月
●2013年11月/i-MiEV、新グレード設定……「G」の代わりに、航続距離などはそのままに価格を約90万円下げた「X」を新設定
●2014年10月/i-MiEV、安全機能充実……回生ブレーキで強い減速Gを検知するとストップランプが自動点滅するようになった
●2016年12月/i-MiEV、一部改良……回生レベルを6段階で調整できるセレクターの採用。内装の装備、質感向上など
●2018年4月/i-MiEV、一部改良……前後バンパーデザイン変更。全長の延伸により軽自動車から登録車に


【番外コラム】三菱以外の「i」の形 iの輪は世界に広がる

 i-MiEVは世界初の量産電気自動車であるからして、欧州の他メーカーにもOEM供給されたりした。そんな世界に広がったiの形をご紹介。ミツオカの頑張りが、なんともイイ感じだ。

●プジョー iOn……専用デザインのバンパー、アルミホイールを装着。全長もi-MiEVより85mm延ばされた

プジョー iOn

●シトロエン C-ZERO……こちらはシトロエン版。同様に専用デザインバンパーとホイールを装着。妙にカッコいい

シトロエン C-ZERO

●ミツオカ 雷駆……i-MiEVベースのカスタム車で「ライク」と読む。顔つきが大きく変わり、5人乗りに

ミツオカ 雷駆(ライク)

【画像ギャラリー】幻のコンセプトモデルからOEMまで!! i&i-MiEVの軌跡をギャラリーで辿る!!!