スープラ、レクサスLC…月販二桁で頑張るクルマたち11選 理由と打開策


■レクサスLX(2015年9月デビュー・1135万6481円)

●直近3カ月の販売台数 7月…56台、8月…54台、9月…84台

 ランドクルーザーのレクサス版だが、ランクルが4.6Lなのに対し、こちらは5.7LのV8(377ps/ 54.5kgm)を搭載、ミッションも8速ATが組み合わされる(ランクルは6速)。日本におけるSUVの頂点的存在。

レクサスLX

●クラブ脱会に向けてすべきこと…LXの魅力は、大柄なボディに国産乗用車で最大のV8、5.7Lエンジンを搭載すること。大胆な存在感が一番の特徴だから、フレーム構造のボディを生かし、約1.5mストレッチさせたリムジンも用意する。全長は6.5m前後。スピンドルグリルには無数のLEDを散りばめ、内外装が日本車で最も豪華絢爛なSUVに作り込む。

●目標値引き額…26万円

■ホンダ クラリティPHEV(2018年7月デビュー・598万9500円)

●直近3カ月の販売台数 7月…1台、8月…2台、9月…1台

 1.5Lエンジン+2モーターハイブリッドのシステムをベースに、バッテリーの高容量化などの電動コンポーネントの性能向上によりEV走行距離101km(WLTCモード)を実現したプラグインハイブリッドセダン。

ホンダ クラリティPHEV

●クラブ脱会に向けてすべきこと…燃料電池車のクラリティフューエルセルは783万6400円だが、2020年度には210万円の補助金が交付されて実質573万円。それを考えるとPHEVの598万9500円は割高だ。そこで一気に約134万円値下げしてアコードと同額の465万円とする。ハイブリッドのアコードと同額でプラグインが買えるなら割安だ。

●目標値引き額…22万円

次ページは : ■日産 GT-R(2007年12月デビュー・1082万8400~2420万円)

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ