スープラ、レクサスLC…月販二桁で頑張るクルマたち11選 理由と打開策


 新型コロナの影響もまだまだ残るなか、販売現場は厳しい状況だが、それでも月に1万台以上売れるクルマは存在する。日本の自動車メーカー&ディーラーの底力には感服するしかない。

 んが、残念なことにすべてのクルマが売れまくるのはやはり難しく、販売が伸び悩むモデルも現に存在する。月販売がふたケタ、ひどいものはひとケタ。ううむ、どうしてくれよう。

 月販台数二桁のクルマを、とりあえず本企画では「二桁クラブ」と呼ぶ。もちろん販売台数には生産キャパシティの問題や世界的な販売計画が関係しており、そのことは重々承知だが、どのメーカー、どの開発者、どの営業マンも「もっと売れるもんなら売りたい」と考えているはず。

 だからこそ、本格登場車種の皆さんには僭越ながら「クラブ脱会に向けてすべきこと」という小コラムを付けさせていただいた。

 というわけで、販売伸び悩みまくりのクルマを集め、打開策を考える。心の琴線に触れた人たちのための値引き目標額も指南!

【画像ギャラリー】ウラを返せば今こそチャンス!? 買うなら今! の11台をギャラリーでじっくり見る

※本稿は2020年11月のものです。「目標値引き額」は遠藤徹氏の独自調査によるものです。状況により記載された値引き額を引き出せないことがあります。
「クラブ脱会に向けてやるべきこと」TEXT/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2020年12月10日号


■トヨタ GRスープラ(2019年5月デビュー・499万5000~731万3000円)

●直近3カ月の販売台数 7月…80台、8月…40台、9月…50台

 BMWとの協業により17年ぶりに復活。出力の異なる2種の2L直4ターボと、3Lの直6ターボを用意する。RZが積む3Lの直6ターボは、今年5月に改良を受け出力が340psから387psへと、大きく向上した。

トヨタ GRスープラ

●クラブ脱会に向けてすべきこと…基本的な機能はBMW・Z4と共通で、生産はマグナ・シュタイヤー。納期は約9カ月と長く月販台数も40~50台だ。売れゆきを伸ばすなら、RZ(動力性能はZ4・M40iと同じ)以上にパワフルなタイプR風のグレードを用意するといい。最高出力は一気に113ps上乗せして500ps。性能を考えれば割安だと納得させる。

●目標値引き額…25万円

■日産 フーガ(2009年11月デビュー・502万7000~723万981円)

●直近3カ月の販売台数 7月…64台、8月…78台、9月…84台

 2.5Lと3.7L、2種のV6と、3.5Lエンジンベースのハイブリッドが用意される。日産バッジでデビューし、2015年にはインフィニティバッジに。そして昨年12月に再び日産バッジに戻るなど、顔つき安定せず。

日産 フーガ

●クラブ脱会に向けてすべきこと…海外仕様のインフィニティQ70には、V8、5.6Lを用意したのに、日本では積まなかった。今でもインフィニティQX80には5.6Lがあるから、最高出力を450psに高めてフーガ450Rの名称で発売する。フェアレディZは500R、エルグランドには350Rを用意して、スカイライン400Rを含めた「日産R軍団」を構成する。

●目標値引き額…29万円

次ページは : ■スズキ SX4 S-クロス(2015年2月デビュー・218万200~240万200円)

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ