埼玉トヨペットの魅力的な提案とは? 愛車に広告ステッカーを貼ればバイト代がもらえる??


■コンプリートカーも製作! レースにも参戦!!!

 さらに埼玉トヨペットでは、オリジナルカーの製作販売も行う。その代表例が、コンプリートカー「グリーンブレイズ」だ。

 アルファードとクラウンをベースに、「クールホールディングス」と共同開発したエアロパーツやTWS製鍛造ホイールなどを装着。さらにボンネットには、グラインダーペイントまで施される。

【グリーンブレイズ クラウン】ボンネットにグラインダーペイントが施され、エアロパーツや20インチホイールなど装備。価格629万9000円~
【グリーンブレイズ アルファード】グラインダーペイント加工のほかフルエアロや20インチのアルミホイールが装着される。価格504万4000円~

 これらは、埼玉トヨペットのモータースポーツ活動「グリーンブレイブ」の取り組みから誕生したもので、エアロパーツは、風洞試験を行い、開発した本格派。

 そのクラウンのエアロは、今期よりスーパー耐久を戦うクラウンのレースカーにも装着されている。

埼玉トヨペットはクラウンでスーパー耐久シリーズにレース参戦。そのノウハウはコンプリートカーにも生かされている

■独自の手法でクルマの楽しさを提案

 埼玉の一トヨタ販売店が独自路線を歩むのは、すべて顧客に選ばれる店になるための努力だ。

 新車販売が減少するなか、トヨタ販売店の全車種取り扱いにより、販社同士の生存競争も激化。

 そこでクルマを売るだけでなく、楽しさや買いやすさも提案。またイベントなどを通じて顧客との接点を増やし、リピーター獲得にも励んでいる。

「新車にアルバイトさせる」という奇想天外なアイデアは、激動の時代での生き残りをかけた販売店による驚きの戦略のひとつであった。

【画像ギャラリー】すべては「顧客に選ばれる店」になるために…! 埼玉トヨペットの取り組みをギャラリーでチェック!!!