直線勝負でズバッといくぜ!! 谷口信輝が最新車をゼロヨンで徹底分析 動画もあるでよ~

 少々旧聞となるが、ベストカー本誌2020年12月26日号(11月26日売り)で久々のゼロヨンを、ドライバーにドリフトからGT300まで何でも即乗りこなす「ハコの名手」である谷口信輝選手を召喚し行った。

 その模様はベストカー誌面に加え動画も制作したので、テスト車の1台となるマイカーのGRヤリス付でテストに同行した筆者が簡単に振り返ってみた。

 最新のNSX、スープラなどのスポーツからRAV4 PHVなどのSUVまで直線やスラロームでのテストの結果はいかに!? 

文/永田恵一、写真/奥隅圭之

【画像ギャラリー】ワイスピ最新作が待ちきれない!? 谷口信輝選手を招いて行われたゼロヨンテスト走行を写真で見る!


■冬晴れのコンディションで絶好のゼロヨン日和

気温は10〜12度というグッドコンディションの中、ドリフトからGT300まで何でも乗りこなす「ハコの名手」谷口信輝選手をドライバーに招いて7台の車種でアタックした

 テストは2020年11月10日(火)の午前中に実施。天候は晴天、気温は10から12℃という恵まれたコンディションだった。7台の車種のアタックを動画と共に振り返っていこう。

●GRヤリス

 当日にGRヤリスはゼロヨンに代表されるレーシングスタートの際の停止中の高回転キープが難しいことが判明したが、ハイパワー4WDらしいロケットスタートを披露。

 タイムは14秒020と13秒台に入らなかったのはちょっと残念だったが、ベストカーで行った最後のWRX STI(VAB型)のゼロヨンタイムも確かこのくらいだったのを思えば、合格点は与えられるだろう。

一般的にゼロヨンのスタートには高回転キープが要求されるが、GRヤリスには難しかった。しかしハイパワー4WDらしいパワフルなスタートを見せた

 GRヤリスでは筆者もトライしてみたが、タイムは14秒092と谷口選手と同等の結果で、この点は4WDらしいイージーなスタートと良好なシフトフィールやクラッチフィールといったGRヤリスの扱いやすさの証明だ。

 また筆者はハイパワー4WDのレーシングスタートは初めてだったのだが、腰を直撃するようなスタートは病みつきになりそうだ。ただクルマへの負担も大きいので、「使うのはここ一発のときだけにしよう」とも心に決めた。

●スカイライン400R

スピードリミッターが作動しながらも、その名に違わぬ速さをみせたスカイライン400R

 ローンチコントロールがないのもあり、比較的ジェントルにスタート。タイムはスピードリミッターが作動しながら12秒831とスカイラインらしい速さを見せた。

 またこのタイムはRB26DETT+アテーサET-S(4WDシステム)で12秒台中盤のタイムをマークしていた第二世代のスカイラインGT-Rに肉薄するもので、技術の進歩を痛感した。

●NSX

ローンチコントロールの効果でスタートは意外とおとなしかったが、怒涛の加速で10秒台に入ったNSX

 ローンチコントロールの最適制御によりスタート時の迫力は意外に薄かった。しかし、スタート時の姿勢は強烈なロケットスタートが決まっており、スタート後は怒涛の加速により10秒台に突入。ベストカーで行ったゼロヨンデータでは現行GT-Rのベストタイムと同等で、今後の2台の対決も楽しみだ。

●LC500

某映画のウォーボーイズでなくても崇拝したくなる迫力のV8サウンドを響かせるLS500。普段使いのジェントルさとの二面性が魅力だ

 5リッターV8ということもあり、スタート時の音という意味での迫力は猛獣のようで、この日一番。タイムも12秒762とラグジュアリークーペと考えたら激速で、普段のジェントルさとアクセルを深く踏んだ際の速さという二面性はBMW8シリーズのような輸入車にも引けを取らない。

●スープラ

ロケットスタートに最適なローンチスタートモードを持つトヨタ スープラ。LCとは違った迫力が見どころだ

 スタート直後にちょっと姿勢を乱しそうになるという、LCとは違った意味での迫力が印象に残った。ローンチスタート(ゼロヨンなど用のロケットスタートモード)を持つこともあり、タイムもFRで12秒344と素晴らしかった。

■電動車種はやっぱり加速度が高いぞ!!

●RAV4 PHV

エコカーとは思えない加速を見せるRAV4 PHV。0-100km/hが6.0秒とスポーツカー並みである

 RAV4 PHVはプラグインハイブリッドというバリバリのエコカーながら、モーターのパワーアップにより輸出仕様の0-100km/h加速は6.0秒とスポーツカー並みである。

 ゼロヨンでのスタート時は車内、車外ともに迫力はないものの、0-100km/hは公表値通りの6秒024、ゼロヨンも14秒128と本当に速かった。筆者もコース内でアクセル全開を試してみたが、谷口選手のコメントのようにエンジンの存在感は薄く、モーターによりグイグイというよりはピーンと加速していく印象だった。

 個人的にはテスト前から予想はしていたものの、必死にクラッチミートとシフト操作をしたGRヤリスとアクセルを全開にするだけのRAV4 PHVがほぼ同じ速さというのにはちょっと複雑な気持ちになった。

●ホンダe

ホンダe。電気自動車なのでRAV4 PHV同様スタートに迫力はない。しかし電気自動車のアクセル独特の「踏んだ瞬間から全開」というのは強みだ

 電気自動車なのでRAV4 PHV同様に迫力はない。しかし1540kgに154馬力というスペックで、86のような2リッターNAのスポーツモデルに近い15秒919というタイムはすごい。

■まとめ

筆者も「納車4日目で1200kmを走破」した愛車GRヤリスで参戦。ハイパワー4WDのレーシングスタートは初体験だが、腰を直撃するようなスタートは病みつきになりそうだ

 近年は速さへの関心が薄れていることもあり、ベストカーでゼロヨンを行うのも年に1回くらいだが、行う機会が少ないだけに現代のクルマたちがイージーかつ速くなっているのには毎回驚かされる。動画を見ていただく際にはこのレポートも頭の片隅に置いてもらうと、より楽しめると思う。

【画像ギャラリー】ワイスピ最新作が待ちきれない!? 谷口信輝選手を招いて行われたゼロヨンテスト走行を写真で見る!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型WRX S4 今秋登場確定情報入手! |ベストカー2月26日号

 ベストカー2月26日号が、本日発売。 巻頭を飾るスクープは、今秋登場するスバルの新型WRX S4です!   現行型が1月24日に受注終了となったことで、新型はどうなってるのか不安に思っておられるかもしれませんが、ご安心ください。ベストカー…

カタログ