マツダロードスター&CX-30が新型へチェンジ!! そのほか2021モデル続々登場 新車最前線


 マツダ ロードスター、CX-30が一部改良。ダイハツ ムーヴキャンバスの特別仕様車、タント、ミライースの改良など、国内勢の動きが活発だ。

 一方で輸入車勢も、プジョー、ルノー、ランドローバーなどから続々と2021年モデルが繰り出されている。全14モデルをご紹介する。

【画像ギャラリー】ロードスター&CX-30を中心に注目のニューモデルたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年12月のものです
文/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年1月26日号


■マツダ ロードスター(一部改良・12月10日発売)

 マツダのロードスター/ロードスターRFが一部改良され、ピュアホワイトのナッパレザー内装の新グレード「ホワイトセレクション」が追加された。

マツダ ロードスター「RSホワイトリミテッドセレクション」

 また、ホワイトの内装に加え、BBS社製アルミホイールなどを装備した「RSホワイトリミテッドセレクション」も期間限定で発売。

●価格:260万1500円~

■マツダ CX-30(一部改良・12月17日発売)

 マツダのクーペSUV、CX-30が一部改良を受けた。

マツダ CX-30

「e-SKYACTIV X」および「SKYACTIV-D 1.8」搭載車のエンジンとトランスミッションの制御技術をアップデートし、エンジン出力を向上。

 また、アクセル操作に対する応答性とコントロール性をより高めるよう変更。クルージング&トラフィック・サポート(CTS)の作動上限速度を高速域まで拡大し、制御を最適化することで、高速道路での疲労や運転ストレスのさらなる低減を図り、安全性も向上させた。

 CX-30は2019年10月発売。1年2カ月をへて初の商品改良となる。

●価格:239万2500円~

次ページは : ■ダイハツ ムーヴキャンバス“VSシリーズ”(特別仕様車・12月14日発売)

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ