マツダロードスター&CX-30が新型へチェンジ!! そのほか2021モデル続々登場 新車最前線

 マツダ ロードスター、CX-30が一部改良。ダイハツ ムーヴキャンバスの特別仕様車、タント、ミライースの改良など、国内勢の動きが活発だ。

 一方で輸入車勢も、プジョー、ルノー、ランドローバーなどから続々と2021年モデルが繰り出されている。全14モデルをご紹介する。

【画像ギャラリー】ロードスター&CX-30を中心に注目のニューモデルたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年12月のものです
文/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年1月26日号


■マツダ ロードスター(一部改良・12月10日発売)

 マツダのロードスター/ロードスターRFが一部改良され、ピュアホワイトのナッパレザー内装の新グレード「ホワイトセレクション」が追加された。

マツダ ロードスター「RSホワイトリミテッドセレクション」

 また、ホワイトの内装に加え、BBS社製アルミホイールなどを装備した「RSホワイトリミテッドセレクション」も期間限定で発売。

●価格:260万1500円~

■マツダ CX-30(一部改良・12月17日発売)

 マツダのクーペSUV、CX-30が一部改良を受けた。

マツダ CX-30

「e-SKYACTIV X」および「SKYACTIV-D 1.8」搭載車のエンジンとトランスミッションの制御技術をアップデートし、エンジン出力を向上。

 また、アクセル操作に対する応答性とコントロール性をより高めるよう変更。クルージング&トラフィック・サポート(CTS)の作動上限速度を高速域まで拡大し、制御を最適化することで、高速道路での疲労や運転ストレスのさらなる低減を図り、安全性も向上させた。

 CX-30は2019年10月発売。1年2カ月をへて初の商品改良となる。

●価格:239万2500円~

■ダイハツ ムーヴキャンバス“VSシリーズ”(特別仕様車・12月14日発売)

 ダイハツムーヴキャンバスの「G“メイクアップリミテッドSAIII”」などをベースに、ウォームパックを標準装備するなどした特別仕様車が発売された。

ダイハツ ムーヴキャンバス“VSシリーズ”

●価格:162万8000円~

■ダイハツ タント、ミライース(一部改良・12月1日発売)

 ダイハツのタント、ミライース、そしてタントの福祉車両シリーズなどが一部改良された。

ダイハツ タント。タントカスタムには新グレードの「スタイルセレクション」が追加。価格は174万9000円~となる
こちらはミライース

 今回の一部改良では、タントカスタムのフロントマスクに迫力あるメッキ加飾を施した新グレード「スタイルセレクション」を設定。

 また、タントには2トーンのボディカラーを4色追加し、さらに予防安全装備に夜間歩行者検知や路側逸脱警報の機能などを追加した。

 ミライースは全車にオートライト機能を装備した。

●価格:86万200円

■スバル プレオプラス(一部改良・12月1日発表)

 ダイハツミライースのOEM車であるスバルのプレオプラスが一部改良。

スバル プレオプラス

 今回の改良ではオートライトが全車標準装備され、夜間の安全性が向上した。

●価格:91万5200円~

■スバル シフォン(一部改良・12月8日発表)

 ダイハツタントのOEM車であるスバルのシフォンが一部改良。ステレオカメラを刷新した先進安全装備を採用。カスタムに新グレードも追加された。

スバル シフォン

●価格:134万2000円~

■プジョー リフター(ニューモデル・11月25日発売)

 2019年10月に先行して特別限定車で日本に導入されたプジョーのリフターのカタログモデルが発売された。

プジョー リフター。SUVテイストのスタイルが特徴のハイトワゴンがリフター。最低地上高150mmを確保する

  リフターは、SUVのスタイルとミニバンのユーティリティを融合させた新型MPV。1.5Lディーゼルターボ搭載する。

 グレード構成は、エントリーモデルの「アリュール」と、大型ホイールなどでスポーティな外観を採用した特別仕様車の「GTライン ファーストリミテッド」の2本立て。

●価格:329万円

■ルノー カングー クルール(限定車・12月10日発売)

 ルノーカングーに限定車「クルール」が設定され、限定150台で発売された。

ルノー カングー クルール。価格はベース車と同じ264万7000円。トランスミッションは6速DCTとなっている

 この限定車は晩秋のパリのファッションカラーのひとつであるカーキ色のトレンチコートをイメージしてボディ色に採用したモデル。

 専用ボディカラーのジョンカーキに加え、ボディ同色フロントグリルブレード、ブラックのフロントバンパー&リアバンパー、ブラックドアミラーが装備されている。

●価格:264万7000円

■ルノー トゥインゴ シグネチャー(特別仕様車・12月3日発売)

 今年4月に発売されたルノートゥインゴの特別仕様車「シグネチャー」に新色のブラン クオーツ M(白)が追加された。

ルノー トゥインゴ シグネチャー。専用デザインの外装になり、16インチホイールなども装備。価格はベース車の12万5000円高で217万円

 この特別仕様車は、トゥインゴの名前の由来となった3つの言葉「TWIst」「sWINg」「tanGO」に着想を得た「TWINGO」の文字をデザインしたタイポグラフィーを、専用サイドストライプ、シート、キッキングプレートに散りばめたモデル。

●価格:217万円

■ランドローバー ディスカバリー スポーツ(2021年モデル・12月10日受注開始)

 ランドローバー ディスカバリースポーツの2021年モデルが登場。

ランドローバー ディスカバリー スポーツ

 マイルドハイブリッド採用の2Lディーゼルを追加するなどの改良が行われた。

●価格:473万円~

■ボルボS60/V60クロスカントリー(一部改良・11月26日発売)

 ボルボのS60とV60クロスカントリーに48Vハイブリッドパワートレーンが導入。

ボルボS60/V60クロスカントリー

 S60はプラグインハイブリッド車と併せ、全車電動化となった。

●価格:499万円~

■アウディ RS6アバント/RS7スポーツバック(ニューモデル・11月28日発表)

 アウディのハイパフォーマンスモデル、RSシリーズのRS6アバントとRS7スポーツバックがフルモデルチェンジ。その新型が2021年1月以降に販売開始される。

アウディ RS6アバント(写真)。新型は4世代目。RS7スポーツバックの新型は2世代目となる

 両モデルはグロスブラックのフロントグリルや大きく張り出したフェンダーなどRS専用の外装デザインを採用。

 パワーユニットは600psの4L V8ツインターボを搭載し、4WDのクワトロシステムが組み合わされる。

●価格:1764万円~

■アウディ RS Q8(ニューモデル・11月28日発表)

 アウディのフラッグシップSUVであるQ8のシリーズ初となるハイパフォーマンスモデル「RS Q8」が日本に上陸。

アウディスポーツGmbHによって開発されたRS Q8。600psの4Lターボエンジンを搭載

 RS Q8は600psの大パワーを発揮する4L V8ツインターボエンジンを搭載し、48Vマイルドハイブリッドと4WDのクワトロシステムとの組み合わせ。

 外装は、数々のRS専用パーツや23インチアルミホイールなどによって精悍なスタイリングに仕上がっている。

●価格:1869万円

■シボレーカマロ(2021年モデル・12月11日注文受付開始)

 シボレーカマロに「クラウドストリーミングナビ」を搭載した改良新型が登場。

シボレーカマロ

 自律航法マップマッチングに対応した完全通信型の車載ナビを装備する。

●価格:556万円~

【画像ギャラリー】ロードスター&CX-30を中心に注目のニューモデルたちをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ