新型ソリオ&レヴォーグ絶好調!! ほか国内メーカー&新型動向最新情報

新型ソリオ&レヴォーグ絶好調!! ほか国内メーカー&新型動向最新情報

 毎月200店以上の新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 今回まずは新型ソリオ、そしてレヴォーグ販売絶好調の報から。次いで、国内新車販売で2位の座をスズキに奪われたホンダ、今年これからの展望について。

 ほか、アクア フルモデルチェンジ、日産ノート・オーラ続報など、国内メーカー・ニューモデルの最新情報を網羅してお届け!

※本稿は2021年1月のものです
文/遠藤 徹、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年2月10日号

【画像ギャラリー】目下販売絶好調!!! レヴォーグとソリオの魅力をギャラリーでチェック!!!


■スズキ 新型ソリオの売れゆきは絶好調の滑り出し

 スズキが昨年11月に発表、12月に発売した新型ソリオは、絶好調の滑り出しで売れています。

 月販目標の4000台に対して、昨年12月の登録実績は5019台で、前年同月比51.7%もの大幅な伸びとなりました。ブランド通称名別の登録実績ランキングは13位で、トヨタの売れ筋モデルであるプリウス、アクア、RAV4も上回りました。

 1月下旬現在の納期は4月下旬であり、推定バックオーダーは1万2000台に達しています。

 標準タイプと上級&スポーツバージョンのバンディットでは標準のほうが売れていて、6対4という販売構成比となっています。

昨年12月に発売された新型ソリオの売れゆきが好調。12月の登録車での販売ランキングでは、売れ筋トヨタ車と競り合いながら13位にランクイン
昨年12月に発売された新型ソリオの売れゆきが好調。12月の登録車での販売ランキングでは、売れ筋トヨタ車と競り合いながら13位にランクイン

■レヴォーグの売れゆきも絶好調の滑り出し

 スバルが昨年10月に発売した新型レヴォーグが、絶好調の滑り出しで売れています。

 月販目標の3000台に対して、昨年12月の登録台数はこれを大幅に上回る3918台を記録しました。1月下旬現在の納期は3カ月待ちの4月下旬となっています。

評論家の評価も非常に高いスバル レヴォーグ。このままベストセラーとなるか
評論家の評価も非常に高いスバル レヴォーグ。このままベストセラーとなるか

■ホンダは今年の国内新車販売で2位の座奪還を目指す

 ホンダは今年の国内新車販売を68万5000台、前年比10.6%増とする計画で、スズキを抜いて2位の座を奪還する方針です。昨年の販売台数は、スズキの63万842台に対してホンダは61万9132台で3位に後退しました。

 今年、ホンダが販売増を狙えるその要因は、昨年11月にフルモデルチェンジしたN-ONE、同じく11月にビッグマイナーチェンジしたオデッセイの売れゆきがフルにカウントされるのに加えて、今年4月にフルモデルチェンジする予定のヴェゼル、8月に一新するシビックハッチバック、その後に追加する新型シビックタイプRなどの新型車販売の効果が挙げられます。

 昨年12月にマイナーチェンジした主軸軽自動車のN-BOXも引き続きトップセラー確保を目指す構えです。

 今年はこれに、2~3月の決算セール、6~7月の夏期ボーナスセール、9月の中間決算セール、11~12月の年末セール時期に低金利残価設定クレジット、オプション品サービス、下取り価格の上乗せ買い取りなどのセールスキャンペーンによって増販攻勢をかけることにしています。

2位奪還のカギとなるべきヴェゼル。現在のところその外観に対する評価は賛否が別れているようにも見える
2位奪還のカギとなるべきヴェゼル。現在のところその外観に対する評価は賛否が別れているようにも見える

次ページは : ■トヨタ アクアは今年中にフルモデルチェンジ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号