レクサス 本格的な電動化へ加速! 次世代EVコンセプト「LF-Zエレクトリファイド」発表!


 レクサスは、2021年3月30日19時、今後レクサスが歩んでいくブランド戦略および電動化戦略、そして新しい次世代EVコンセプト「LF-Z Electrified(エレクトリファイド)」を発表した。

 100年に一度の変革を迎えている今、レクサスはどのようなブランド戦略、電動化車両を展開していくのだろうか?

文/遠藤徹
写真/レクサス

【画像ギャラリー】レクサスのスーパーSUV、LF-Zエレクトリファイドはこんなに凄かった!


レクサスは2025年までに10以上の電動化を含む約20車種の新型&改良モデルを投入!

世界初公開となった新型EVのSUVコンセプト、LF-Zエレクトリファイド

 レクサスは2021年3月30日19時、今後のブランド変革に向けた取り組みについて、「LEXUS CONCEPT REVEAL SHOW」を通じて発表した。

 「レクサスは1989年に創業以来、常にイノベーションの精神を貫き、ユーザーに新たな技術や価値を提供することに挑戦を続けてきた。

 100年に一度という大変革期を迎え、カーボンニュートラルや持続可能な開発目標(SDGs)への対応など社会的使命の高まりに加え、お客様のライフスタイルや価値観も想像を超えるスピードで変化し、多様化している。

 そのなかにあって、レクサスはこれからも時代やニーズの変化に迅速かつきめ細かくお応えし、お客様の期待を超えるブランドとするべく変革を果たしていく」という。

 すでにレクサスの電動車は、2005年のRX400h発売以来、世界約90の国と地域で、9車種のHV車やEV車を販売しており、2020年末時点で約193万台を販売している。

 今回、レクサスは、2025年までに世界各国各地域のニーズに応じて、適時、適材、適所の考え方の下、10以上のEV、PHV、HV、HVなどの電動車含む、約20車種の新型および改良モデルを投入することを明らかにした。

 さらに基幹モデルのセダンやSUVラインナップの強化補充に留まらず、クルマを操る楽しさを提供し続けるスポーツモデル、新しいショーファードリブンカー(運転手付きの高級車)の在り方やこれまでにない新ジャンルのモデルの可能性を追求し、ユーザーの期待を超える新しい価値の提供に挑戦していくという。

 2030年~2035年にかけて、世界の自動車メーカーは、純ガソリン車の新車販売を禁止することを明言しているが、レクサスは「2025年には全車種に電動車を設定し、電動車の販売比率がガソリン車の比率を上回ることを目指します。2050年には全モデルのラインナップにおける材料製造・部品製造、車両製造、物流、走行、廃棄・リサイクルの各段階を含めたライフサイクル全体でのカーボンニュートラルを目指したクルマ作りに挑戦していきます」と明らかにした。

 また「2024年3月にはこうしたお客様に寄り添った多様性のある魅力的な商品の比較と開発を加速すべく、新たな事業拠点を開設。開発、デザイン、生産技術、企画に携わるメンバーが一堂に会し、次世代のクルマ作りに一丸となって取り組みとともに、社外パートナーとの共創を促すオープンな環境も実現していきます」。

 レクサスインターナショナル・プレジデント&チーフブランディングオフィサー・佐藤恒治氏は、

 「世界中で我々は困難に直面しながらも、懸命に努力をされているすべての皆様へ、心から敬意を表します。我々はカーボンニュートラル社会への実現といった社会的使命を果たしながら、クルマがもたらす楽しさ、喜びをこれからも提供し続けることで、お客様やレクサスに携わるすべての皆様の幸せとライフスタイルに彩りを添える愛車として、新しい価値を提供するモデルを続々と投入してまいります。モビリティ社会の未来を創るという強い意志を持ったこれからのレクサスにどうぞご期待ください」。

LF-Zエレクトリファイドは驚きに満ちたEVのスーパースポーツ!?

LF-Zエレクトリファイドによって新たなレクサスのデザインの方向性が示唆された
スピンドルグリルからスピンドルボディへ進化
ロー&ワイドフォルムが今後市販型になるとどう変わるのか?

 さて、今回発表されたLF-Zエレクトリファイドがどんなモデルなのか、解説していこう。

 エクステリアは、これまで2018年1月の発表されたレクサスLF-1リミットレス、2019年10月の東京モーターショーで発表されたLF-30エレクトリファイドの発展型といえるもので、EVならではの低いノーズ、後方にピークを持たせた滑らかなキャビンを中心に、連続するシルエットで全体のフォルムを構成、大径タイヤを4隅に配置し、低重心でワイドなフォルムを実現している。

 発表されたボディサイズは全長4880×全幅1960×全高1600mm、ホイールベースは2950mm。

 現行レクサスLXは、全長5080×全幅1980×全高1910mm、ホイールベースが2850mmだから、レクサスLF-ZエレクトリファイドはレクサスLXに比べて全体的にやや小さく、全高の低いロー&ワイドなフォルムであることがわかる。

 注目はレクサスの顔ともいうべきスピンドルグリル。LF-Zエレクトリファイドでは、ボディ全体のアーキテクチャーとして「スピンドルボディ」に進化。レクサスブランドのアイコンを、グリルから立体的なボディ造形として捉えたのだ。

 ボディサイドはフロントタイヤからリアタイヤへの淀みなく変化するドア形状の抑揚やタイヤ周辺の張り出したフレア形状の艶やかな面造形が施されている。

 リア回りのデザインは、クリーンでシンプルな水平基調のデザインに、張り出したタイヤを強調する造形を組み合わせることで、トルクフルな駆動力の力強さを表現。

 また横一文字の薄型リアコンビネーションランプに新たにLexusロゴを配した表現とすることでフロントとともに次世代のレクサスを象徴するデザインとしている。

薄型1本の造形のリアコンビネーションランプが新しい

次ページは : 1充電あたりの航続距離は600km、バッテリー容量は90kWh、0→100km/h加速は3.0秒!

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ