シビックタイプRはなぜあっという間に買えなくなったのか?


■ホンダ広報に直撃

「今年でタイプRを生産していたイギリス工場が閉鎖されることが決まっているなかで、どうしても生産台数に上限があるというのは事実です。そのなかで最大限日本向けの台数を確保したつもりだったのですが、想定以上に注文をいただきまして……」

──具体的に何台日本向けに確保していたんですか。

「台数は言えないのですが、ただ年間販売計画として1500台というのがあります」

──1500台は確保していたということですか。

「明言はできませんが、まぁそんな感じでしょうか」

──でも、あっという間に完売しましたよね。

「これはちょっとやり方が悪かったのかなとも思っているんですが、一部の販売会社は見込み客に事前にマイチェン情報を知らせて先に枠を取っちゃうみたいなことも、実際ありまして。

というか、そういうのが想定以上で、そうではない新規のお客さまからすると、出た瞬間にほぼ終わってるという感じになってしまって……。申し訳ないです」

こちらはシビックタイプR Limited Edition。10月8日発表、11月30日発売となった200台限定のスペシャルなシビックタイプRだ。BBS社と共同開発した専用20インチアルミホイールに加え、防音材などを中心に徹底的な軽量化が図られている。価格は550万円だった

■販売店にも聞いてみた

 イギリス工場閉鎖による生産台数上限と、反応よく限られた枠の確保に走ったディーラーの相乗効果というのが、タイプR早期完売の理由のようだ。とはいえディーラーもクルマを売るのが仕事。

 そこは責められるものではないだろう。

 最後に、販売店にもちょっと話を聞いてみた。

●ホンダカーズ都内某店「あとはキャンセル待ち」

「こういうクルマは欲しがる人が決まっているので、営業はみんな動向を気にしてて、かなり事前に動いてましたね」

──台数を押さえていたということですね。飛び込みのお客さんとかはいなかったんでしょうか。

「いらっしゃるんですけど、お客様も『無理だろうな』って感じで来られるので。とりあえず『時間、かなりかかりますよ』ということを伝えてお帰りいただく感じで……」

──それはキャンセル待ちの話ですか?

「そうです。厳しいですが可能性ゼロではないので。そう伝えさせていただくしかない感じですね」

──なるほど。

*   *   *

 以上、販売店の事情をお伝えした。仮にもし今からマイチェン後シビックタイプRの新車を買おうとしたら、販売店の言うキャンセル待ちに期待をかけることになる。

 可能性はゼロではないというが、さて、どうする?

最新の情報をもとにした次期型シビックタイプRのエクステリア(予想CG)。だがパワートレーンについて、従来の2Lターボハイブリッド説のほか1.5Lターボハイブリッド説も出てくるなど、情報が錯綜している(画像はベストカー編集部による予想CG)

次ページは : 【番外コラム】英国生まれのシビックタイプRたち