シビックタイプRはなぜあっという間に買えなくなったのか?


 2020年1月にマイナーチェンジが発表された、ホンダのシビックタイプR。しかしコロナ禍で当初の予定から2020年10月9日に発売がずれ込むと、国内200台限定発売の「リミテッド」のみならず、本来なら通年販売となるはずのノーマルタイプまで瞬く間に「売り切れ」となってしまった。

 なぜこのような事態に陥ってしまったのか? コロナ禍以外にも背景があったのか? その「ホントのところ」をホンダ広報、販売店へ聞いてみた。

※本稿は2021年3月のものです
文/ベストカー編集部 写真/HONDA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2021年4月10日号

【画像ギャラリー】キャンセル待ちに一縷の望みを託すか…!? “即完”シビックタイプRをギャラリーで眺める


最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ