なにも足さなくても美味しい素うどん的車 廉価グレードで満足できるコスパカー

なにも足さなくても美味しい素うどん的愛車 ベースグレードで満足できるコスパカー

 車種選定はもとより、新車購入時に頭を悩ませる要素のひとつにグレード選びがある。最上位グレードが欲しいのは誰でも同じ、だけど使える予算には制限もある……が、ご安心を! 上位グレードではなくても満足できるコスパ抜群の”素うどんグレード”、いわゆる廉価グレードが設定されているクルマは多数存在するのだ。ここでは、その一例として5車種を厳選して紹介。廉価グレードでも満足できるか満足できないかはアナタ次第!?

文/FK、写真/スズキ、ダイハツ、トヨタ、日産

【画像ギャラリー】素うどんでも楽しめる! お財布にやさしいコスパカー


トヨタ・ヤリス
【グレード】X 1.0L・CVT・2WD 【車両本体価格】145万5000円

なにも足さなくても美味しい素うどん的愛車 ベースグレードで満足できるコスパカー
1.0リッターエンジンでもトルクフルかつ、軽快な走りが楽しめるヤリス。価格帯が幅広いだけにグレード選択は慎重に

一般財団法人 日本自動車販売協会連合会発表の車名別販売台数で2020年7月から14カ月連続で1位に君臨するヤリス。エンジンは1.0リッターと1.5リッターのガソリンに1.5リッターハイブリッドの3種類、

 駆動方式は2WDと4WDに電気式4WDシステムのE-FOUR(ハイブリッド車)という3種類、トランスミッションは2タイプのCVTに6速MTと電気式無段変速機(ハイブリッド車)の4種類を設定し、オーナーのニーズに合った1台が選べることも大きな特徴となっている。それゆえに価格帯も上は252万2000円から下は139万5000円と幅広い。

 クルマ好きにとっては新開発のハイブリッドシステムやトヨタのコンパクトカーに初採用されたE-FOURに興味を惹かれるが、実は1.0リッターのガソリン車も侮れない……というのが正直なところ。

 新開発のコンパクトカー向けTNGAプラットフォームが上質な乗り心地をもたらすだけでなく、低・中速域のトルクが充実した1.0リッターエンジンとワイドレンジかつ小型軽量のCVTとの組み合わせで走りは軽快そのもの! 

 加えて、1.0リッター·CVT·2WDのXグレードは交差点右折時の対向直進車・右左折後の横断歩行者も検知対象とした先進のToyota Safety Senseやスマートフォンと連携する7インチディスプレイオーディオも標準装備されている。それでいて、車両本体価格は145万5000円。

 ヤリスの購入を考えている人は1.5リッターハイブリッド車や1.5リッターガソリン車もいいけれど、1.0リッターモデルも選択肢に入れてみては?

トヨタ・スープラ
【グレード】SZ 【車両本体価格】499万5000円

なにも足さなくても美味しい素うどん的愛車 ベースグレードで満足できるコスパカー
2.0リッター直4ターボエンジンでもスポーツドライビングの楽しさは満喫できる。RZと比較して約230万円とも安いSZは買い!

 スープラのグレード展開は伝統を継承する3.0リッター直6ターボエンジン(最高出力387ps)を搭載するRZ、最高出力197psを発生する2.0リッター直4ターボエンジンを搭載するSZ、RZとSZの中間に位置し最高出力258psを実現した2.0リッター直4ターボエンジンを搭載するSZ-Rの3つ。

 その中でもRZやSZ-Rはそのハイパワーがサーキット走行でも威力を存分に発揮することは間違いなく、また、ショックアブソーバーの減衰力を連続的に最適制御するアダプティブバリアブルサスペンションシステムや後輪左右間のロック率を0~100の範囲で連続的に最適制御するアクティブディファレンシャルといった最先端テクノジーが採用されていて付加価値も高い。

 しかし、ストリートやワインディングでスポーツドライビングを気軽に楽しみたい人にとっては、SZのスペックでも十分魅力的に映るはずだ。

 また、SZとRZの外観上の違いもタイヤ&ホイール(SZは17インチ、RZは19インチ)、フロントブレーキ(SZはアルミフローティングキャリパー、RZはブレンボ製4ポットキャリパー)、デュアルテールパイプ(SZはφ90mmクロームメッキ仕上げ、RZはφ100mmヘアライン仕上げ)程度で、2シーターらしいタイトなキャビンとワイドトレッドからなるスーパーワイドスタンスといったスープラならではの迫力あるスタイリングはSZでも十分に堪能できる。

 SZとRZの価格差は約230万円とかなり大きいが、あなただったらどっちを選ぶ?

次ページは : スズキ・ハスラー【グレード】HYBRID G 2WD・CVT 【車両本体価格】136万5100円