ヤマハが水素エンジン初公開!! 二輪4社が水素の可能性を探る

カワサキより進んでる!? ヤマハが水素エンジンを初公開!二輪4社が中大型バイクで水素エンジンの可能性探る

 ビッグニュースが到来した。カワサキとヤマハ、そしてスズキ、ホンダの国内バイクメーカー4社が水素エンジンの共同開発に関する検討を開始。熾烈な争いを繰り広げてきたライバル同士が手を組み、内燃機関を存続させるために壮大な試みを始める。

文/沼尾宏明、写真/YAMAHA他

【画像ギャラリー】ヤマハ水素エンジン詳細とカワサキの二輪用直噴エンジンを比較


トヨタとカワサキに加え、マツダ、スバル、続々集う水素仲間

 「5月の富士24時間レースより我々自動車業界のカーボンニュートラルにおける挑戦の旅が始まりました。この半年間、スーパー耐久の各戦で、情熱を持った意志ある行動により、エネルギーをつくる、はこぶ、つかう に対しまして、多くの仲間達が自発的に増えてまいりました」

 トヨタ・豊田章男社長の発言から始まった11月13日の記者会見には、マツダ、スバル、川崎重工業、ヤマハ発動機の社長という錚々たる面々が登壇した。

 この会見は、カーボンニュートラル実現に向け、「内燃機関を活用した燃料の選択肢を広げる挑戦」について共同でアピールするのが趣旨。同日に行われたスーパー耐久第5戦・岡山で実施された。

 旗振り役のトヨタは5月のスーパー耐久第3戦を皮切りに、水素エンジンのカローラでレースに参戦を開始。今回の第5戦までに着々と戦闘力を上げている。

 川崎重工は、2010年から水素を「つくる」部分と「はこぶ」部分で様々な活動を行ってきた。今回は「つかう」部分での表明で、2018年に世界で初めて成功した水素ガスタービン発電技術のノウハウをベースに、二輪車用や船舶用の水素エンジン開発を進めている(過去記事:バイクにも水素!? カワサキが目論む内燃機関のミライ)。

 マツダは今回、次世代バイオディーゼル燃料を使いスーパー耐久に参戦。スバルは、バイオマスを由来とした合成燃料を使用して2022年シーズンST-QクラスにBRZで参戦する。このように豊田社長の発言にあった「仲間」が続々集まっているのだ。

記者会見に登壇した二輪&四輪メーカーの社長たち。右から、川崎重工業の橋本康彦氏、ヤマハ発動機の日髙祥博氏、トヨタ自動車の豊田章男氏、スバルの中村知美氏、マツダの丸本明氏
4社は、カーボンニュートラル燃料の「つくる」「はこぶ」「つかう」選択肢を広げる3つの取り組みをアピール

ヤマハがクルマ用のV8水素エンジンを世界初公開

 会場では、世界で初めて披露されたヤマハのV型8気筒水素エンジンも注目を浴びた。展示されたパネルによると、このエンジンはトヨタからの委託で2018年に製作。レクサス・RC-Fなどに搭載される5リッターV8 ガソリンエンジンを改良したもので、最高出力335kW(445ps)/6800rpm、最大トルク540Nm(55kg-m)/3600rpmを発生する。

 水素エンジン用に改良された部分は、インジェクター、燃料パイプ、シリンダーヘッド、シリンダーヘッドカバー、チェーンカバー、サージタンクなどで、メインブロックはガソリンエンジンと共通だ。

ミッドシップへの搭載を想定したV8水素エンジン。官能的な排気音も魅力で、8in1集合排気管がハーモニックレーシングサウンドを奏でる
ヤマハの音叉マークをシリンダーヘッドカバー上に設置。カワサキが10月に展示したバイク向け水素エンジンより開発が進んでいる印象だ

次ページは : トヨタが仲介し、国産バイクメーカー4社のタッグが実現

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ