スーパーSUVは日本車の専売特許だった!! 超速SUV今昔物語


 日本も含め、世界中どこもかしこもSUV。とにかくSUV人気はエスカレートするばかりだ。ついにSUVブームは桃源郷、禁断の領域ともいえるバカっ速な「スーパーSUV」の時代に突入している。

 かつてスポーツカーよりも速いハイパワーSUVといえば、日本車の専売特許だった。残念ながら、そうした国産車の「スーパーSUV」は今ではほとんど新車市場から姿を消してしまい、輸入車が幅を利かせている。無念。

 本企画ではそんな、かつて世界を席巻していた日本のハイパワーSUVを紹介するとともに、輸入車を中心に「スポーツカーよりスポーツできるSUV」を紹介したい。

文/松田秀士

写真/ベストカー編集部


■日本車のスーパーSUVは?

 このスーパーSUV、実は1990年代には日本車に存在していたのだ!

■パジェロ エボリューション(1997年9月)

3.5L、V6:280ps/35.4kgm

1997年9月に販売されたパジェロエボリューション。1997年のパリ・ダカールラリーのホモローゲーション取得用モデルで、280ps/35.4kgmの6G74型3.5L、V6エンジンを搭載。5速MTが374万円と、かなりお買い得なモデルだった。エクステリアには冷却効率のため開口部面積を増やし、フォグランプをビルトインした専用大型フロント&リアバンパー、大型のアウトレットを備えた専用オーバーフェンダー、大型インテークを備えた専用アルミボンネットフード、従来オプションのアルミスキッドプレート、専用ホイールやヘッドランプを装備。インテリアにはカーボン調パネル、本革巻ステアリング(ブラック)、シートにも専用レカロを採用した

 先見の明があったかどうかはわからないが、一番最初に挙げたいのがパジェロエボリューションだ。1997年に行われたパリ・ダカールラリーのレギュレーション変更に伴い、そのホモロゲーション取得のために製作されたモデル(限定2500台)。

 ラダーフレームを備えた2代目パジェロのショートボディ、メタルトップZR-Sをベースに開発され、大型インテーク付きのアルミエンジンフード、専用アウトレットを備えた大型ブリスターフェンダーを身にまとっていた。

 ストロークが約35%長大化した専用の4輪独立懸架サスペンションに加え、世界初のフルタイム・パートタイム複合の4WDシステムであるスーパーセレクト4WD、ヘリカルLSDとビスカスを装着したハイブリッドLSDなど、メカを見てもスーパーSUVと呼べる内容だ。

 エンジンは6G74型3.5L、V6DOHCに可変バルブタイミング機構のMIVECを組み合わせ、ベースモデルの245ps/35.0kgmから280ps/35.5kgmまで向上している。

 パワー的には280psの自主規制に飛び抜けて目を見張るものはないが、サスペンションを見直し、ストロークを増やしたため、ハンドリングと乗り心地が素晴らしかった。

次ページは : ■RVRハイパースポーツギアR(1997年1月〜1997年10月)

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ