モデル末期車は本当に買っちゃダメ? 買いか待ちかズバリ判定!


 最近、フルモデルチェンジサイクルの周期が伸びてクルマによっては4年から7年超に伸びているクルマもある。

 そこで、なぜフルモデルチェンジのサイクルが伸びたのか? またモデルチェンジサイクルが長く、いまだにフルモデルチェンジしていないモデル末期車の○と×や、今、販売されているモデル末期車は買いか? 待ちか?自動車ジャーナリスト・渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部
初出/2018年9月10日号


■モデルチェンジは50年で4年から7年超に

約12年もフルモデルチェンジしていないエスティマ。2016年にマイナーチェンジされたのが最後

 最近はフルモデルチェンジを行う周期が伸びた。1960~1980年代までは4年ごとに行われたが、1990年代には6年前後に伸びて、今では発売から8年以上を経過する車種も多い。例えばヴィッツ/マーチ/エルグランドは約8年、キューブは約10年、デリカD:5は約11年、エスティマは約12年という具合だ。

 フルモデルチェンジの周期が伸びた主な理由は、商品開発が海外向けになったこと。今はダイハツ以外のメーカーは、世界販売台数の80%以上を海外で売る。日本が従属的な市場になり、国内向けの商品開発が滞った。

 環境/安全/自動運転などの開発に費やすコストが増えて、相対的に新車の開発費用が削られたこともある。デザインの進化が一種の飽和点に達して、変化させる必要性が薄れたことも影響している。

■基本は新しいほうがいい!

 クルマを含めたすべての商品は、基本的には設計が新しいほど優れている。商品は時間の経過に伴って進化するから当然だ。従ってフルモデルチェンジが迫った時は、次期型を待つほうがいい。

  例えばN-BOXは、現行型で安全装備のホンダセンシングを採用したが、車両全体の造りを見直すフルモデルチェンジを行ったことで装着が可能になった。マイナーチェンジでは対応できない。安全や環境性能の大幅な進化には、フルモデルチェンジが不可欠だ。

フルモデルチェンジでホンダセンシングを搭載してきたN-BOX。新しいほうがそうした安全装備が採用されていくケースが多い

次ページは : ■先代のエンジンのほうが魅力的!

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ