2019年10月までの新車全部見せます!消費税10%アップ前に買うべきクルマ

 2019年10月1日に消費税が8%から10%に増税されるのに伴い、自動車取得税が廃止されるがすでに決まっているが、その代わりに燃費に応じた「環境性能割」と呼ばれる新税が創設させることがほぼ決まっている。

 詳細な内容についてはまだ流動的だが、正式には2018年12月に審議される「平成31年度政府税制大綱」で決まることになる。今から、そうした内容を頭に入れながら新車購入を考えたほうがよさそうだ。

 ということで、2018年後半から、2019年10月までにデビューする予定の新車スケジュールを網羅! 新車販売の達人・遠藤 徹氏が指南する!

文/遠藤 徹
写真/ベストカー編集部、環境省


■消費税が10%になり、環境性能割は0〜3%

■普通車の「環境性能割」

 2019年10月1日に消費税が8%から10%に引き上げられるが、その際に自動車取得税が廃止される。この自動車取得税が廃止されるいっぽう、新たに新設されるのが「環境性能割」だ。

「環境性能割」と聞いてもピンと来ないが、燃費に応じてかけられる燃費税といったほうがわかりやすい。自動車取得税は現在、普通車が0〜3%、軽自動車が0〜2%だが、結局、新たな「環境性能割」でもこの税率は変わらない。

 しかしよく見ると普通車は、6区分から4区分になり、平成32年度燃費基準を達成した車両は、環境性能課税のほうが廃止される自動車取得税よりも有利となり、その一方で平成32年度燃費基準未達成車は、軒並み増税となる。

 ひと言でいうと、燃費の悪いクルマほど増税されるということだ。例えばインプレッサ1.6i-Lアイサイト/2.0iLアイサイトの場合、燃費基準値が平成27年度燃費基準+5%なので、これまでの自動車取得税2.4%から、環境性能割では3%に上がるため、0.6%の増税になる。

 結局、燃費のいいクルマの税負担が減り、燃費の悪いクルマの税金が上がる、これまでの税負担の流れと変わっていない。

■軽自動車の「環境性能割」

 いっぽう、軽自動車は表のように平成32年度基準達成車、平成27年度燃費基準+10%達成車、平成27年度燃費基準+5%達成車は、増税となる。例えば平成27年度燃費基準+5%達成車のアルトワークスの場合、自動車取得税1.6%から、環境性能割だと2%となり、0.4%の増税。

 平成32年度燃費基準達成車の取得価額が100万円の軽自動車を購入した場合、自動車取得税では8000円だったが、環境性能割では1万円となり、2000円の増税。平成27年燃費基準+10%のクルマは自動車取得税1万2000円から環境性能割では2万円と8000円の増税。軽自動車にとって厳しい燃費税だといえる。

エコカー減税、グリーン化特例は延長される予定

 いっぽう、自動車重量税や自動車税、軽自動車税のグリーン化特例は1年、継続される見込み。自民党税調では、「環境性能割」そのものを1年半先伸ばして、新車購入への影響を最小限にする方針を打ち出しているが、新車販売の半数を占めるクルマは非課税となるので、この「環境性能割」が始まると、大打撃を被るのは、燃費が悪いクルマと軽自動車ということになりそうだ。

 正式には平成31年度の政府税制大綱が閣議決定される2018年12月中旬以降に判明するが、それまでに心の準備をしておきたい。

■2018年11月〜2019年10月までの新車スケジュール

 ということで、自動車取得税から環境性能割に変わることを踏まえつつ、2018年11月から消費税が10%にアップする2019年10月までの新車スケジュールをメーカーごとに分けて紹介していきたい。

■トヨタ/レクサス:大物はスープラ、RAV4、カローラ!

 トヨタ/レクサスは今年末に次いで2019年にも引き続き積極的なニューモデル展開を予定している。今年はトヨタが11月19日にプロボックス/サクシードバンを一部改良すると同時に1.5Lハイブリッドを追加。12月3日にはC-HRに特別仕様車を設定し、12月7日にはプリウスをマイナーチェンジ。レクサスは11月27日に新型ミディアムSUV「UX200/250h」を発売する。

 2019年はトヨタが4月に新型RAV4、6月にはカローラをフルモデルチェンジ。レクサスは後半にCT200h、RXをビッグマイナーチェンジするが、新規やフルモデルチェンジの投入予定はない。

 このほか、アクア、ハリアーなどもモデルが古くなっているので場合によってはフルモデルチェンジか後継モデルに引き継ぐサプライズがあるかもしれない。

●2018年11月19日:プロボックス/サクシードバン=格安の1.5ハイブリッドを追加
 新設定のハイブリッドは消費税込車両本体価格がU=181万9800円、UL=185万6520円、UL-X=192万7800円、TX=196万5600円でいずれも200万円を切る設定。一部改良での装備充実分はトヨタセーフティセンスの人や標識など検知機能拡大やイモビライザーの標準装備など。

ベストカー本誌が作成したCGのプロボックスの1.5Lハイブリッド

●2018年11月27日:レクサスUX200/250h
 C-HRベースのミディアムSUV。新開発の2L直噴NAガソリン&同ハイブリッドを搭載。NAガソリンの使用燃料は無鉛プレミアム、ハイブリッドはレギュラー。すでに予約受注の受付を開始。価格はNAガソリン200が標準=390万円、バージョンC=414万円、Fスポーツ=443万円、バージョンL=474万円、250h標準425万円、バージョンC=449万円、Fスポーツ=478万円、バージョンL=509万円。

ボディサイズは全長4495×全幅1840×全高1540mm。パワートレインは2L、直4と、2L、直4+2モーターHV

●2018年12月7日:プリウスマイナーチェンジ、内外装のデザイン変更、安全対策強化
 フロントグリル、ヘッドランプ回り、リアコンビランプのデザインを変更。特にリアコンビランプは不評だった縦長の鋭角デザインを短縮。全体的にプリウスPHV的な意匠とする。安全対策は「トヨタセーフティセンス」のPを外し、人に加えて自転車などの検知機能を拡大する。

●2019年1月上旬:ヴォクシー/ノア/エスクアイア、一部改良、安全対策強化

●2019年4月:Z4の兄弟車、スープラ登場
 BMW Z4の兄弟車、スープラがいよいよ発売となる。エンジンはBMW製3L、直6ターボで350psになり、完全なニュートラルステアを実現するハイテクLSDが採用されている。市販型のワールドプレミアは2019年1月のデトロイトショーだ。

ベストカー本誌が覆面をCGで、はぎとった状態にしたスープラ

●2019年4月:新型RAV4発売。3列シート7人乗り車を設定
 オーソドックス&シンプルなSUVボディシェルを採用。パワートレインは新開発直噴2L&同ハイブリッドを搭載。ただしトヨタは2025年までにトヨタ全系列店を1本化し、取り扱い車種を同一にすることをつい最近決めている。このことはほぼ同クラスに位置するハリアーとのコンセプト分けが難しくなるので、こちらの次期型と統合し、新型RAV4の投入は見送られる可能性もある。

C-HRに似たエッジの効いたデザインで大ヒットしそうな新型RAV4

●2019年5月:ヤリス(ヴィッツ)、フルモデルチェンジ
 ヴィッツが世界共通ネーム、ヤリスとなり、新型に生まれ変わる。新プラットフォーム、TNGAを採用し、大幅に進化する。もちろん、GRモデルも計画されている。

●2019年6月:カローラフルモデルチェンジ、フィールダーにGT-FOURもラインアップ!
 セダンのアクシオとステーションワゴンのフィールダーを一新。全幅1800mm前後の3ナンバーサイズの採用で上級シフト。パワートレインはNAガソリンが1.5&2L直噴、ハイブリッドは2Lを搭載。セダンはプレミオ/アリオンとコンセプトが重なるため、こちらはモデル廃止し新シリーズは全系列店併売とする。また1.6Lターボ(250ps/27.0kgm)を搭載するGT-FOURがカローラのワゴンモデル、カローラツーリングスポーツのほか、カローラスポーツのGRモデルが2019年6〜7月に登場する!

■日産/e-POWERの追加やジュークに期待!

2019年9月に発売される予定の新型ジューク(ベストカーでCGで製作したもの)

 日産は2018年度(2018年3月まで)についてはエルグランドが11月12日、リーフが2019年1月下旬、エクストレイルエクストレイルも同1月下旬に一部改良などが行われ、安全対策を中心とした小幅手直しにとどまる見込み。

 2019年度に入ってから、4月に軽自動車のデイズ、9月にはコンパクトSUVジュークの両フルモデルチェンジプラスαなどを予定するなど、複数の戦略ニューモデルの投入が期待できる。

 技術的にはデイズがマイルドハイブリッド、ジュークはe-POWERなどの導入があり、従来とは異なり反転攻勢が期待できそうである。

●2018年11月12日:エルグランド。安全対策強化
 オートハイビーム、踏み間違い防止装置などの標準装備。

●2019年1月下旬:リーフ。航続距離の延長
 モーターやバッテリーの容量アップで航続距離を従来の400kmから500km程度に延長。

●2019年1月下旬:エクストレイル、一部改良。安全対策強化
 オートハイビーム、踏み間違い防止装置などの標準装備。

●2019年4月:デイズ、フルモデルチェンジ
 三菱のekワゴン&スペースとの共同開発車でEVモデルも登場。

●2019年9月:ジューク、フルモデルチェンジ、e-POWER設定
 2017年に発表された欧州の新型マイクラのプラットフォームを採用し、好評のe-POWERを搭載。

■ホンダ/フィット3気筒1Lターボ、新型オデッセイに注目!

 2018年には、12月13日発表、14日の発売されるのが新型インサイト。2019年に入ると、2月にヴェゼルに1.5Lターボを追加。9月にはフィットをフルモデルチェンジ、10月にはオデッセイのフルモデルチェンジも控える。このほか、2019年9月にフリードがマイナーチェンジする可能性もある。

●2018年12月13日:インサイト登場。シビックセダンベースのハイブリッド専用モデル
 インサイトはシビックセダンをベースにしたスタイリッシュなファストバックレイアウトを採用。全幅は1820mmの3ナンバーサイズ。パワートレインは新開発直噴1.5L&2モーターを組み合わせた「i-VTEC+i-MMD」を搭載。車両本体価格は320万~380万円とプリウスよりも50万円もの高価格設定であり、量販は難しい状況にある。

●2019年2月:ヴェゼル、1.5Lターボ車追加で走りのポテンシャルアップ
 公道での走り、悪路での走破性を向上させた1.5Lターボ車を追加。足回りも強化し踏ん張り感を強める。

●2019年9月:フィット、フルモデルチェンジ。1.5Lハイブリッドは2モーター方式に切り替え
 キープコンセプトで新型に生まれ変わる。従来のNAガソリン1.3L&1.5Lに替え、新開発3気筒1Lターボユニットを搭載。ハイブリッド1.5Lは従来の1モーター2クラッチ方式から2モーターに切り替え、高次元の低燃費&走りの両立を図る。

2019年9月に登場する新型フィットの1.5Lハイブリッドは2モーター式を採用する

●2019年10月:オデッセイ、フルモデルチェンジ。若干全高を引き上げ、室内の居住空間を拡大
 基本的にはキープコンセプトで進化させるが、若干全高を引き上げ、室内の居住空間を拡大、使い勝手を向上させる。パワートレインはNAガソリン2.4L、2Lハイブリッドに変更はないが、燃費や走行性を改良する。安全パッケージ「ホンダセンシング」はより進化させたデバイスを装備する。

■マツダ/新型アクセラは2019年3月、中盤にはCX-3がマイチェン!

 マツダの注目はやはりSKYACTIV-X。最初に搭載するのは2019年3月にフルモデルチェンジするアクセラだ。さらに中盤にもCX-3をマイナーチェンジする。

●2019年3月:アクセラがフルモデルチェンジし、次世代環境技術の「スカイアクティブX」を搭載
 エクステリアデザインはキープコンセプトで進化。パワートレインはNAガソリンに新開発の次世代環境技術「SKYACTIV-X」を採用。圧縮比を16まで高め、超希薄燃焼と組み合わせることでディーゼルと同じ自然発火的燃焼を実現。実用燃費をハイブリッド並みに向上させる。1.5Lガソリン、1.8L&2.2Lクリーンディーゼルも若干改良する。

2017年秋に開催された第45回東京モーターショーで多くの観客の注目を集めたマツダの「魁(KAI)コンセプト」。この時点で「SKYACTIV-X」の搭載が予告されていた。このKAIコンセプトのデザインが市販型アクセラとなってどのように変化するのか注目!

■スバル/新型レヴォーグ、レガシィの完成度は?

 スバルは2019年6月にもレガシイをフルモデルチェンジするほか、2019年秋には新型レヴォーグがフルモデルチェンジする。いずれも新世代のプラットフォーム、スバルグローバルプラットフォームを採用。

●2019年6月:レガシイ、フルモデルチェンジ。スバルグローバルプラットフォームを採用
 次期型レガシイは次世代に向けたスバルグローバルプラットフォームを採用。セダンのB4、ステーションワゴンのアウトバックも同時に世代交代。新開発の直噴2.5Lエンジンを搭載する。

●2019年秋:レヴォーグ、フルモデルチェンジ
 次期型では2Lターボ、1.6Lターボが搭載されているが、1.5Lターボ、1.8Lターボのダウンサイジングターボが搭載される見込み。もちろん、レヴォーグ初のスバルグローバルプラットフォームが採用され、走りが大幅に進化する。

2018年3月のジュネーブショーで公開されたヴィジヴツアラーコンセプトが次期レヴォーグの原型。ダウンサイジングターボの1.5Lターボと1.8Lターボを搭載する

■三菱/2019年にパジェロPHEVが登場!

2019年秋に登場予定のパジェロPHEV。三菱の最新技術を結集した本格クロカンになる

 三菱はまずデリカD:5のビッグマイナーチェンジ車を2018年11月に発表、2018年12月に発売する。大幅に改良した2.2Lクリーンディーゼルと8速ATとの組み合わせで走行性や静粛性を大幅に向上させる。NAガソリン車は従来ユニットを継承する。

 2019年は3月にekワゴン&スペースをフルモデルチェンジ。2019年秋には三菱が培った制御技術を投入したPHEVを搭載する、新型パジェロPHEVが登場。リア側にデュアルモーターAYCを採用したトリプルモーター方式で、3L、V6スーパーチャージャーエンジンを組み合わせる。

●2018年11月:デリカD:5、ビッグマイナーチェンジ

●2019年3月:ekワゴン&スペース、フルモデルチェンジ

●2019年秋:パジェロ、フルモデルチェンジ、PHEV搭載

■スズキ/2019年10月以降に新型ハスラー、新型アルト登場!

 消費税増税後になるが2019年12月にハスラーが6年ぶりにフルモデルチェンジする。9代目となる次期アルトも2019年冬〜2020年春にフルモデルチェンジする可能性が高い。このほかスイフト、イグニスは2019年にマイナーチェンジすると予想する。

●2019年12月:ハスラー、フルモデルチェンジ
 6年ぶりのフルモデルチェンジとなるハスラー。デザインはキープコンセプトながら現行ワゴンRのプラットフォームを採用するので相当進化させてくる。軽初のフルハイブリッドが搭載される見込み。

2013年にデビューした現行ハスラーだが6年ぶりにフルモデルチェンジ。新型ハスラーはキープコンセプトだが、軽初のフルハイブリッドという隠し球も用意する

●2019年冬〜2010年春:アルト、フルモデルチェンジ
 エクステリアデザインはキープコンセプトだが、中身はプラットフォーム&基本コンポーネントは新開発のため、大幅に進化する。パワーユニットはマイルドハイブリッドで燃費、走行性を向上。安全パッケージも最新のデバイスを装備する。

■ダイハツ/新型タントが大幅進化!

 ダイハツは2019年に大きな動きがある。2019年5月にタントをフルモデルチェンジ。このほか、2019年後半〜2020年にかけてラッシュ&ビーゴ後継車、2019年秋までにムーヴ&ムーヴキャンバスをマイナーチェンジする可能性がある。

●2019年5月:タント、フルモデルチェンジ
 エクステリアデザインはキープコンセプトでの進化だが、プラットフォーム&エンジンなど基本コンポーネントは全面刷新する。パワートレインは軽自動車初のEV走行可能な1モーター式のフルハイブリッドを搭載。安心パッケージ「スマートアシスト」をさらに進化させ標準装備する。

新型タントはトヨタのTNGAのダイハツ版、DNGAを採用し、大幅進化する。助手席側Bピラー内蔵型スライドドアは継承され、助手席側チップアップシートによる室内ウォークスルー機構などの使い勝手も向上し、スマアシも進化

●2019年後半〜2020年春:ビーゴ(ダイハツ)&ラッシュ(トヨタ)後継車
 2017年の東京モーターショーで公開した「DN TREC」がビーゴ&ラッシュ後継車になりそうだ。エンジンは1.2Lハイブリッドか1Lターボが搭載される見込み。ボディサイズは全長3800×全幅1690×全高1580mmと予想。コンパクトクラスのSUVは貴重なだけに人気が出そうだ。

2017年の東京モーターショーで公開されたDN TREC。すぐにでも市販されそうな完成度だった

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ