日産車はほんとに売れてるのか??? 絶好調の秘密を探る!


 日産が「やったぜ! 日産キャンペーン/3つのカテゴリーで2018年上半期(2018年1〜6月)販売台数日本一」と、大々的に宣伝し、「50万円の購入資金」または「クルマ1台が当たる」キャンペーンを2018年9月29日〜11月30日まで行っている。

 3つのカテゴリーとは、2018年上半期の登録車販売台数ナンバー1がノート。次にセレナがミニバン販売ナンバー1、3つ目がSUV販売ナンバー1のエクストレイルである。

 まさに飛ぶ鳥を落とす勢いに感じられる日産車の販売だが、この3台は本当に売れているのか? そのほかの車種はどうなのか? モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が、日産車の販売状況を考察してみた。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部


■ノートとセレナの大ヒットぶり!

2018年1〜6月の上半期ナンバー1に輝いたノート。e-POWER効果によるところが大きい。直近の2018年10月の販売台数では1位アクア、2位シエンタに次いで3位

 まずはノートが「登録車販売台数ナンバー1」だという。軽自動車を含めると、N-BOXとスペーシアに負けるが、登録車(小型/普通車)に限れば2018年上半期の1位だ。2位はアクア、3位はプリウス、4位はセレナであった。

 その勢いは衰えていないのか? 直近の2018年10月の販売台数を見ると、以下のようになる。

1位/アクア:1万405台
2位/シエンタ:9840台
3位/ノート:9740台
4位/プリウス:8792台
5位/カローラ:8644台
6位/ヴォクシー:7831台
7位/フリード:6751台
8位/クラウン:6715台
9位/フィット:6534台
10位/ルーミー:6440台

 直近の2018年10月こそ3位に甘んじたが、6月と7月が2位、8月と9月が1位になるなど、失速しておらず、好調を維持している。

 2つ目のカテゴリーとして、セレナを「ミニバン販売ナンバー1」として宣伝している。販売台数を見ると、ミニバンの2位のヴォクシーに8393台という大差を付けての堂々の1位。マイチェンで2列シート車が売り上げを伸ばしたのか、3位にシエンタが入り、4位がフリード、5位がステップワゴンだ。

 直近の2018年10月の販売台数では以下のようにヴォクシー、フリードに抜かれミニバン3位となったが、6月〜9月までミニバン1位の座を死守していた。

1位/ヴォクシー:7831台
2位/フリード:6751台
3位/セレナ:6409台
4位/アルファード:5818台
5位/ノア:4584台
6位/ステップワゴン/4341台
7位/ヴェルファイア:3788台
8位/エスクァイア:3498台
9位/オデッセイ:1312台
10位/デリカD:5:983台

 3つ目のカテゴリーはエクストレイルで「SUV・4WD販売ナンバー1」だという。どこがナンバー1なのかと思うが、条件が「SUV・4WD」であり、日本自動車販売協会連合会の区分に基づく「オフロード4WD」の1位なのだという。

 そこで一般的なSUVのカテゴリーの車種を集計してみると、上記の表の通り、1位がC-HR、2位がヴェゼル、エクストレイルは3位となった。

 エクストレイルは前輪駆動をベースにした4WDで、副変速機も備えないから、一般的にはC-HRやヴェゼルと同じシティ派SUVに属する。

 オフロード4WDは副変速機などを備えたランドクルーザー、同プラド、パジェロ、ジムニー、同シエラと考えるのが一般的だが、エクストレイルは基準が違うらしい。このナンバー1には無理があるかもしれない。

 直近の2018年10月のSUV販売台数を見るとエクストレイルは5位。2018年下半期および2018年通年でSUVナンバー1になれるのか注目していきたい。

1位/C-HR:5862台
2位/ヴェゼル:5061台
3位/フォレスター:3985台
4位/ハリアー:3763台
5位/エクストレイル:2850台
6位/ランドクルーザー:2385台
7位/CX-3:1556台
8位/CX-8:1396台
9位/CR-V:1129台
10位/CX-5:1118台

 蛇足だが、最近の日産はナンバー1が好きで、以前はリーフが「EV(電気自動車)販売ナンバー1」と宣伝した。ほかのEVは、乗用車では設計の古いi-Miev程度だから、リーフが1位になるのも当然だ。

 もっとも最近の日産は、シリーズ型ハイブリッドのノートe-POWERを「電気自動車のまったく新しいカタチ」と宣伝する。大量に売れるノートe-POWERを電気自動車に位置付けたから、リーフの「EV販売ナンバー1」は使っていない。

■日産車全体の直近販売台数を見ると3位〜4位!

※自販連のデータ。乗用車のみ

 ここまで「販売ナンバー1」をそろえるのに、さぞや相当販売台数が伸びていると思うのだが、商用車を除いた乗用車の2018年1〜10月の販売台数を見ると、登録車(普通車+小型車)単独では、トヨタ、ホンダに次ぐ3位だった。

 まず今の国内販売では、37%が軽自動車で占められ、トヨタと日産を除くホンダ、スズキ、ダイハツは軽自動車で売れゆきを伸ばすことが挙げられる。

 ホンダではN-BOX(スラッシュを含む)がホンダ車全体の33%を占めて、軽自動車まで枠を広げるとホンダ車の約半数に達する。

 日産もデイズと同ルークスに力を入れるが、他メーカーはそれ以上に軽自動車が強く、これが好調に売れて総台数を押し上げた。

 そうなると軽自動車が売れる代わりに登録車は下がり、日産車が上位に入る余地を与えている。日産の軽乗用車の販売台数を見ると、ダイハツ、スズキ、ホンダに続いて4位だった。

 登録車シェアの45%をトヨタ(レクサスを含む)が握り、日産は13%だ。日産が登録車市場で2位といっても、一強多弱の後者に含まれる。

 要は日産が登録車で好調に見えるのは、国内の売れゆきが軽自動車中心に移行した結果にすぎない。

 イメージ的にはずっと日産は2位メーカーと思っていたのだが、登録台数と軽自動車を合わせた乗用車の販売台数の総合順位は4位だから「販売台数ナンバー1」を連呼するのは少々空しい気もする。

次ページは : ■ノートが登録台数ナンバー1になった理由

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ