【シビック、XV、VW…】シートの仕組みから研究!!「いいシート」の車たち


■多種多様なシート設計のバリエーション

日本人の体系に合わせて開発されたという新型クラウンRSアドバンスのシート

とはいえ、シートのバリエーションの多さはひとつの部品単体としては相当なものだ。具体例を挙げていけば、表皮についてはファブリックといってもモケット、不織布など種類はさまざまあり、革素材にも多種多様な種類が存在する。

シートの中身となる発泡ウレタンの成分によってクッション材の性質、質感が変わる。シート全体を形作るフレーム(金属製なのは衝突安全性に考慮するためだが、軽量化は難しい)と金属バネの設計はコスト面で重要な要素だ。シート位置/形状の調整機構の種類や数もざまざまだ。

何より、乗る者の身体の直接触れる部品だけあって、ヒトによる官能評価と物理的評価となる耐久性の試験など、検査すべき品質評価を単品および実車装着によるテストを施すなど、チェックすべき項目は数多い。

さらに商品性を高めるためには、見た目のデザインも重要であり、内装デザイナーと調整しつつ形状を設計しなければならないから設計には手間がかからぬわけはない。合わせて軽量化も実施するなど苦労は大いに違いない。

■オススメしたいシートのいいクルマ

長々と話を綴って申し訳ないが、ようやく座り心地に関してポイントを確認しながら、オススメのいいシートのクルマを紹介していこう。

次ページは : ■ホンダ・シビック

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ