【ジムニー、ランクル、CX-5…】ホンモノの四駆はコレだ!! なんちゃって四駆はなし!??

【ジムニー、ランクル、CX-5…】ホンモノの四駆はコレだ!! なんちゃって四駆はなし!??

いよいよ冬本番! 冬将軍の季節がやってきました。雪道を安全に走るのはもちろん、走りを楽しみたい人にとって、本格的な4WDシステムを持つ「ホンモノの四駆」が欲しいですよね。

ということで、最新の4WD事情はどうなっているのか? 雪道を本格的に走れる「ホンモノの四駆」はどのクルマなのか? モータージャーナリストの鈴木直也氏が解説します。

文/鈴木直也
写真/ベストカー編集部


■近代4WDの元祖はジープ

1941年の誕生以来、実に77年の伝統が息づくジープ・ラングラー。左は1945年式のCJ-2A。右は新型JL型ラングラー・ジープ・ルビコン。7本スロットグリルに丸目ヘッドライトは変わらず

特殊車両は別として近代4WDの元祖はジープということで異論はないだろう。 シンプルなラダーフレームに前後リジッドのサスペンション。

基本パワートレーンはFRでトランスミッションには副変速機付のトランスファーが備わり、4WDを選択すると、そこからダイレクトに前輪に駆動力が供給される。いわゆるパートタイム4WDといわれるシステムだ。

この4WDシステム、構造がシンプルで耐久性に優れるのが特徴だが、そのかわり4WDのまま舗装路を走るのは苦手。前後車軸の回転差を吸収するセンターデフを持たないため、小回り時にブレーキング現象が発生するなど使い勝手が悪い。

結果として、スペースとコストに余裕がある場合、本格派オフロードヴィークルはセンターデフを備えた複雑な4WDメカニズムに進化してゆく。

■三菱 スーパーセレクト4WD-II/パジェロ

先代から採用されているスーパーセレクト4WDIIを踏襲。先代から変わらず、状況に合わせて前後の駆動配分を電子制御で自動的にフロント:33から50、リア:67から50の範囲で最適にするようになる。また、従来通り直結4WD、後輪2WDにもなる。シャーシは先代から継承されたラダーフレーム・ビルトイン・モノコックボディ(モノコックボディに前後貫通したラダーフレームを溶接した形)である

このタイプの元祖は1970年デビューの初代レンジローバーだが、究極は現行パジェロだ。

そのスーパーセレクト4WD−IIは、センターデフ+Hi/Lo2段切換のトランスファーを中心に、前輪への駆動を切り離した2WDモード、プラネタリーセンターデフ+ビスカスLSDによる前33/後67の不等比トルク配分モード、センターデフをロックした直結4WDモードなど、多彩な駆動バリエーションを用意。

さらにトラクションと横滑りの統合制御(ATSC)が組み合わされている。

■三菱 オール・ホイール・コントロール/デリカD:5

走行条件に応じて切り替えができる3つのモードを継承。駆動力を適切に配分する「4WDオート」、強力なトラクションが得られる「4WDロック」、燃費の良い「2WD」をセレクトして、多様な走りを実現

ミニバンのなかで唯一、雪道を本格的に走れる、ホンモノの四駆は新型デリカD:5しかない(2018年11月21日から予約受注が開始され、発表発売は2018年2月頃と予想)。

デリカD:5のオールホイールコントロールには、4WDロックモードがあるので、いざという時にも心強いトラクション性能が得られる。

尿素SCRシステムやトルクが2kgmアップした2.2L、直4ディーゼルエンジン(145ps/38.7kgm)、8速ATなど魅力度もアップした点も見逃せない。

次ページは : ■トヨタ センターデフLSD式4WD/ランドクルーザー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します