面倒くさい発送手続きがあのチャットツールで完結する!? ヤマト運輸のビジネスパーソン向けサービスがさらに進化!! 

面倒くさい発送手続きがあのチャットツールで完結する!? ヤマト運輸のビジネスパーソン向けサービスがさらに進化!! 

 ヤマト運輸は、宅急便の利便性向上や業務効率化に向け、デジタルコミュニケーションツールの「Slack(スラック)」や「Microsoft Teams(マイクロソフト チームズ)」上で、宅急便の発送手続きができるサービスを提供すると1月30日に発表した。その内容とはいかに?

文/フルロード編集部
写真・イラスト/ヤマトHD・さくらインターネット・マイクロソフトコーポレーション・ワークスモバイルジャパン

デジタルコミュニケーションツールとの連携サービス

Slackはビジネス向けのチャットツールとして利用者も多い
Slackはビジネス向けのチャットツールとして利用者も多い

 テレワークの普及やシェアオフィスやサテライトオフィスの活用など「働き方」が多様化してきている昨今は、業務上必要な荷物をオフィス以外の場所から発送する機会が増えるいっぽう、「手元に送り状がない」「経費の立て替えが必要」などの状況が発生することも増えてきた。

 こういった状況を背景にヤマト運輸は、PCやスマートフォンなどで宅急便の発送手続きなどをデジタル上で完結することが可能なサービスを開始。

 ヤマトビジネスメンバーズ(YBM)会員向けの各種Web API(※)サービスや、身近なデジタルコミュニケーションツールと繋ぎ合わせて発送作業を簡略化・効率化するサービスの提供を行なってきた。

 今回のデジタルコミュニケーションツールとの連携サービスは、2022年5月から「LINE」のビジネス版「LINE WORKS」で開始したサービスを、新たに「Slack」や「Microsoft Teams」に対応させたものだ。

各社Webサービスを組み合わせて付加価値を構築するインターフェース。ヤマト運輸では企業・個人事業主向けに、YBM事業者のECサイトで購入者がコンビニ・宅配ロッカーなどの受け取り場所を指定できる「EC自宅外受け取りAPI」、ECサイトで購入者がクロネコメンバーズのサービス(受け取り場所日時変更・配送状況確認など)を受けられる「クロネコメンバーズサービス連携API」、商品発送者がコンビニ・宅配ロッカーを含めた発送場所を選択でき、送り状も不要になる「配送連携API」などを提供している。

 今回のサービスの具体的な内容は以下の通り。

(1)送り状の自動作成
各プラットフォーム上から当機能を立ち上げ、そこからお届け先などの送り状情報を入力し、専用QRコードを発行することで送り状が不要に。

(2)選べる発送場所
ヤマト運輸の営業所を始め、オープン型宅配便ロッカー「PUDOステーション」、コンビニエンスストアからの発送が選択できる。

(3)個人での立て替えが不要
配送費用は発送手続きの際に自動で計上され、まとめて会社宛に請求。個人で立て替えをせずに荷物を発送することが可能に。

Teamsでの利用イメージ。トーク画面から発送用QRコードが簡単に発行できる
Teamsでの利用イメージ。トーク画面から発送用QRコードが簡単に発行できる

 同サービスは2023年2月8日(水)から「Slack」ユーザー向けに、2023年2月15日(水)から「Microsoft Teams」ユーザー向けに提供を予定している。なお、「Microsoft Teams」では、開始時は実証実験段階となるため、一部の企業に限定しての提供となるようだ。

【画像ギャラリー】アプリで荷物の発送が簡単に!! ヤマトが提供開始する宅急便取次サービス(7枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!