【ポルシェ中古車戦線異状アリ】暴騰空冷911の裏で水冷911は爆安100万円台の真相‼

 今、日本のヒストリックカーの値段が狂気とも思えるほど、高騰しているが、ポルシェ911はどうなのだろうか? 

 そこで、空冷時代の911、タイプ964、タイプ993型、そして水冷に変わった涙目のタイプ996、先々代のタイプ997、先代のタイプ991の中古車価格を調べ、各モデルのベスト3を選んでみた。

 これを機に、人生初のポルシェ911を手に入れてみませんか?

文/谷津正行
写真/ポルシェAG


■空冷911は10年前の3倍にまでなぜ暴騰したのか?

1996年に限定197台が生産された993GT2は現在、オークションでは約2億円以上のプライスタッグがついている。10数年前では1000万円台で販売されていたのにこれほど高騰するとは誰もが予想できなかったに違いない。駆動方式はRRでエンジンは420㎰の空冷3.6Lツインターボ

 クルマに限らず中古品の世界は「新しめのもの=高い」「古めのもの=安い」となるのが一般的です。しかしそういった一般論がまるで当てはまらないケースもたまにあるのが、中古品マーケットの面白いところです。

 例えばポルシェ911。エンジンが空冷から水冷に刷新された頃の年式、つまり「相対的に新しい911」は100万円台後半から探すことも可能です。

 しかし古めのもの、すなわち往年の空冷エンジンを搭載する911は今、ごく普通のカレラでもMT車は700万円から900万円ぐらいが相場。ターボやRSなどの希少モデルでは1500万円、2000万円が当たり前で、超希少モデルだと1億円級だったりもします。

 古い空冷世代の相場が水冷世代よりも高くなってしまった主な理由は、「欧州バイヤー勢が日本市場の空冷911を買い漁ったから」です。

 10年ぐらい前は、程度良好な空冷911(タイプ964カレラ2)であっても300万円台で買えるのが普通でした。で、日本人は一般的に車を大切に扱う傾向が強いため、その「300万円台の964」は、欧州勢から見ると非常に魅力的でした。自分で乗るにしても転売するにしても、とにかく割安だったんですね。

 そういった市場の歪みに目を付けた欧州勢が2012年頃、札束を持って日本に押し寄せ、良質な空冷911を買い漁りはじめました。この攻勢をきっかけに、ニッポンの空冷911は「相場高騰→流通量減少(希少価値の増大)→さらに相場高騰」というサイクルに入ってしまったのです。

 そんな空冷911相場の高騰っぷりは昨今、実は少々の落ち着きを見せています。とはいえこのサイクルが終わったと判断するのは間違いです。長い目で見れば、良質な個体の相場はまだまだ上がるでしょう。なぜならば(かなりざっくり言うと)良質な空冷911には「希少価値」があるからです。

 以上を踏まえ、まずは「空冷911のベスト年式&グレード」について考えてみます。現時点(2019年3月末)での空冷ポルシェ主要モデルの中古車相場はおおむね下記のとおりです。

1989年に4WDの964カレラ4、1990年にRRの964カレラ2がデビュー。エンジンは250㎰/31.6kgmの3.6Lフラット6。クーペのボディサイズは全長4245×全幅1660×全高1310㎜、車重は1350~1450kg

【タイプ964(1989~1993年)】
●カレラ2(MT):700万~900万円
●カレラ2 ティプトロニック:450万~850万円

1989年にデビューした996カレラ4。遊星ギアによるセンターデフ方式、前39:61に固定されたフルタイム4WDを採用する。1992年以降のサイドミラー、アルミホイールに替える人が多い
10数年前は800万円以内で購入できた964カレラRS。現在、3000万円はくだらない。エンジンはカレラ2比10㎰アップの260㎰/32.0kgm。専用のアルミボンネットフードをはじめ、軽量薄型サイドウインドウ&リアガラスなどによりカレラ2比120㎏もの軽量化を果たした(1230kg)。またスポット溶接追加、17インチマグネシウムホイール、ピロアッパーマウントのサスペンション/40㎜ダウンのほか、アンダーコート&エアコン&がリアシートが廃止される。エンジンはバランス取りされ、専用フライホイール、専用クラッチを備えている

【タイプ993(1994~1998年)】
●カレラ(6MT):900万~1000万円
●カレラ ティプトロニックS:500万~850万円
●カレラS ティプトロニックS:850万~1250万円
●カレラ4S (6MT):800万~1200万円

1994年に登場したタイプ993。3.6Lフラット6は1995年までの前期型は272㎰/33.6kgm。1996年にマイナーチェンジが行われ、可変吸気機構バリオラム機構が付いて285㎰/34.7kgmとなる。リアサスペンションは964のセミトレーリングアームからマルチリンクに変更され、タイミングベルトからタイミングチェーンに変更されたことも大きい。日本仕様のカレラ4のみ300㎰/35.5kgmの3.8Lフラット6が搭載された。カレラクーペのボディサイズは全長4245×1730×1300㎜、車重は1370㎏
ターボと同じワイドボディ、18インチのターボホイール(こちらは中空ではない)を装着した993カレラ4S。6MTのみ。2分割のエンジンフード、17インチホイールが装着されるターボボディのカレラSもラインアップ。カレラ4Sは1000万円オーバーはザラ、新車価格(1175万円)以上になっている中古車も多い
300㎰/35.5kgmを発生する3.8Lフラット6に1320㎏の軽量ボディが特徴の993カレラRS。新車当時の価格は1230万円だったが、いまでは程度のいいもので5000万円以上。写真は手前が欧州仕様、上が日本仕様の993カレラRS

 金に糸目を付けないのであれば車両価格900万円とか1200万円とかの、いずれかのグレードのMT車を買うに越したことはありません。

 しかし1000万円級のクルマというのはそう簡単に買えるものではありません。もちろん人それぞれではありますが、「出せて500万円台か600万円台」というのが一般的な金銭感覚ではないでしょうか。

■空冷911のお薦めベスト3

 そうなると、一般的な観点での「空冷911におけるお薦め年式&グレードBEST3」は自動的に決定されます。それはすなわち下記のとおりです。

1位:90~92年式付近の964カレラ2 ティプトロニック
2位:94~96年式付近の993カレラ ティプトロニックS
3位:90~93年式付近の964カレラ2 (5MT)

 上記のなかの、なるべく程度良さげで整備履歴も充実していて、なおかつ経験豊富な専門店が販売している個体を探してください。

 ただしティプトロニックAT車である1位と2位は車両価格500万円台から600万円あたりで探せますが、大人気のMT車である3位は700万円から900万円ぐらいが相場です。さすがにちょっと「お金持ち向け」ですね。

 この結果を見て「なんだよ、ティプトロかよ!」と思うかもしれません。でも、乗ればその意見も変わるはず。

 ティプトロニックであっても空冷911ならではの面白さは十分味わえますし、非常に故障しづらいトランスミッションでもあります。

 またMT車ほどではないでしょうが、キレイに維持しておけば将来的な値上がりも期待できます。

■水冷911は100万円台後半から買える爆安価格

1997年にデビューした911史上初の水冷エンジン、300㎰/35.7kgmの3.4Lフラット6を搭載する996(前期型)。ヘッドライトは丸型から涙目型に変更 。カレラのボディサイズは全長4430×全幅1765×全高1305㎜、車重は1320㎏

 いっぽう、一部の水冷911はかなりお安い予算で探すことができます。冒頭付近で申し上げたとおり、100万円台後半という超爆安価格でも買えるぐらいです。

 なぜこんなにも安いかといえば、理由は2つあります。ひとつは、単純に「今イチ人気がないから」です。

 ポルシェ911に「味わい」を求める人は、往年の空冷世代を買います。「性能」を求める人は、最新または最新に近い世代に興味を持ちます。そんななかで、水冷化された直後ぐらいの世代はやや中途半端なのです。マニアックでもなく、かといって超高性能なわけでもない……ということです。

 もうひとつの理由は「機械面での不安材料があったから」です。

 水冷エンジンを搭載した最初の911(タイプ996)と、その次のタイプ997前期型では、エンジン内部にある「インターミディエイトシャフト」のベアリングが破損するという問題が一部で発生しました。

 もちろんこれは「すべての個体で必ず発生する」という話ではありません。とはいえそれが起こる確率は、筆者が正規・非正規を問わず関連各所に取材したところによれば「……たぶん自分には当たらないだろうけど、もしかしたら当たるかも?」と不安に思ってしまう、なんとも微妙な数字でした。

 以上のもろもろがあって、タイプ996と、その次のタイプ997前期の中古車相場は爆安となったのです。現在、主要モデルの中古車相場はおおむね下記のとおりです。

タイプ996前期型(1998~2001年)】
●カレラ ティプトロニックS:150万~300万円

【タイプ996後期型(2001~2004年)】
●カレラ ティプトロニックS:220万~360万円
●カレラ 4S ティプトロニックS:290万~450万円

2002年にマイナーチェンジされ後期型となり、エクステリア回りではヘッドライトやバンパー回りのデザインが変更。エンジンは3.4Lから3.6Lに変更され、320㎰/37.6kgmとなる
ターボボディに320㎰/37.6kgmの3.6Lフラット6を搭載した996カレラ4S。アルミホイールはターボと違い中空ではない

【タイプ997前期型(2004~2008年)】
●カレラ ティプトロニックS:270万~580万円
●カレラS(6MT):550万~630万円
●カレラS ティプトロニックS:330万~590万円
●カレラ4S ティプトロニックS:460万~780万円

2004年にデビューした997。エンジンはカレラ、カレラ4が3596㏄フラット6の325㎰/37.7kgm、カレラS、カレラ4Sが3824㏄フラット6の355㎰/40.8kgm。カレラクーペのボディサイズは全長4425×全幅1810×全高1310㎜、車重は1440㎏

■水冷911のお薦めベスト3

「これらのなかからどの年式、どのグレードを選ぶのがベストか?」というのは難しい問題です。なぜならば、正解なんてものは人それぞれの価値観やおサイフ事情によって大きく変わるからです。

 ですがあえて水冷の「BEST3」を示すなら、筆者は下記のとおりと考えます。

1位:01~04年式付近の996カレラ4S  ティプトロニックS
2位:04~07年式付近の997カレラS  ティプトロニックS
3位:04~07年式付近の997カレラS (6MT)

2008年6月にマイナーチェンジが行われた後期型。エクステリアは小変更にとどまるが、エンジンが直噴化されるとともに、ティプトロニックATが廃止され、2ペダルMTのPDKが用意された。エンジンはカレラ、カレラ4が3596㏄の325㎰/37.7kgmから、3613㏄の345㎰/39.7kgmとなり、カレラS、カレラ4Sが3824㏄の355㎰/40.8kgmから、3799㏄の385㎰/42.8kgmに変更

 一見、タイプ997前期カレラ4S の良質中古車を車両700万円ぐらいで探すのがベストなようにも思えます。ですが筆者はあまり気が進みません。なぜならば、700万円も出すのであれば、それを元手に最新911の新車とか認定中古車を買ったほうが幸せになれるのでは? と思えてならないからです。

 誤解を恐れず言えば、中古車の魅力とは「安いこと」にあります。「こんなにお安い予算で、けっこういいのが買えちゃった!」というのが中古車購入の醍醐味なのです。

■過小評価されている996後期カレラ4Sが特にお薦め!

 その意味では、「かなりいい車なのに過小評価されている→だから相場がけっこう安い」というタイプ996の後期型が、まずはお薦めとなります。そのなかで特にタイプ996後期のカレラ4S ティプトロニックSには、下記2つの美点があります。

●車両価格が360万~400万円付近で、まあまあ低走行な個体が探せる
●同時期のターボと似たワイドボディであるため、2019年の視点で見てもなかなか存在感がある。少なくとも「しょっぱい感じ」はない

 まあ本当は6MTのカレラ4Sを探したいところですが、そちらは残念ながら流通量がきわめて少ないのです。

 また996カレラ4Sとほぼ同様の理由で997前期カレラSも注目に値するのですが、お安いのはやはりティプトロニックSのほうです。

 「どうしても6MTが欲しい!」という場合は、おおむねプラス200万円の予算増額が必要となるでしょう。

■初期の水冷911を購入してヤバくないのか?

 とはいえ、初期の水冷911で気になるのは前述の「インターミディエイトシャフト問題」でしょう。しかしここについても過大な心配は無用です。

 確かに破損する可能性を秘めている996および997前期のインターミディエイトシャフト関連ですが、ポルシェ ジャパンは2001年5月4日から2005年2月21日製造分の911を対象に「サービスキャンペーン」を行っています。

 正確な型式名と製造日がこのキャンペーンに該当する個体に対しては、無償での点検と、必要な場合の修理(エンジン交換を含む)を無償で行っているのです。これは正規輸入車でさえあれば、正規ディーラー以外で買った中古車も対象となります。

 タイプ996を買うのであれば、まずは必ず「後期型」を選び、そしてこのあたりのサービス履歴を確認する。

 で、もしもまだ点検と対策整備を受けていないようであれば、お近くの正規ポルシェセンターに予約のうえ持ち込む。それで万事は解決するのです。

 ということで空冷・水冷を問わず、ポルシェ911という素晴らしいクルマをより多くの方が現実的な予算にてご堪能いただけることを、陰ながら祈念しております。

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ