レクサス大攻勢情報!!!プレミアム日本車のさらなる高みへ


 この記事を作っているところに舞い込んできた、「RC F」のマイナーチェンジ発売(2019年5月13日)の報。

 レクサスはこれを皮切りに大攻勢を開始する。LCのコンパーチブルモデルから、SUVモデルのLF、LFをベースとしたLF-1まで、そのすべてをご紹介!

 企画担当的には「LS F」、「LF-1」、そして「IS」のスタイリング(LF-1は予想CGですが)がたまりません!

※本稿は2019年3月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年4月26日号


■LEXUS LCコンバーチブル(2020年登場)

 まずは「LCコンバーチブル」レクサスの現行ラインナップにオープンモデルがないのを受け、LCをベースに誕生。

 あえて古典的な厚手のキャンバス地を使い、見た目を優雅に。エンジンはV6、3Lターボが積まれる見込みで、走りは鋭い。

 そのLCから生まれる、レクサス究極のラグジュアリースポーツが「LC 」Fだ。

■LEXUS LC F(2021年登場)

まさに“敵なし”。本格派ラグジュアリースポーツ

 こりゃあ…走りそう…。ゾクゾクするようなスタイルは写真のとおり。

 カーボンルーフなど徹底した軽量化を図り、その心臓部にはV8、4Lツインターボエンジンが搭載される。最高出力は670ps! LCのパフォーマンスを徹底的に引き上げるモンスターだ。

 これら2モデルに先立ち、冒頭でもご紹介したように、2019年5月13日日本発売されたのが「RC F」のマイナーチェンジモデル。

次ページは : ■LEXUS RC F(2019年5月発売)

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ