水野和敏激白! 華創日本(ハイテックジャパン)を設立!!

 それはあまりに衝撃的だった。

 2014年12月12日、水野和敏が台湾の自動車産業をメイン事業としている裕隆集団の傘下、自動車開発会社の『華創車電技術中心股份有限公司(HAITEC)』の本社副社長、そして日本における開発拠点となる華創日本株式会社(
HAITEC JAPAN)の代表取締役、最高執行責任者(COO)に就任したとの発表をした。

 今後は日本を拠点に台湾の自動車メーカーの自動車開発や関連事業をしていくという。

  R35GT-R開発者として知られる水野だが、’12年をもって日産自動車を退職。その後は本人の弁によれば「無職のオヤジ」だったが、自動車開発にかける思いは、60歳も半ばにさしかかろうとしている水野のなかで消えるどころか、ますます大きく膨れあがっていたのだ。

 華創車電の親会社となる裕隆集団は台湾ドメスティックの俗に言う財閥で、1950年代には乗用車の生産を開始している。’80年代から’90年代にかけて日産や三菱との提携、合弁による自動車生産と販売を開始。’05年に自社ブランドの開発拠点となる華創車電を設立し、’09年には日産や三菱とは独立した自社ブランド『LUXGEN』を冠するニューモデルを市場に送り出している。

最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ