水野和敏激白! 華創日本(ハイテックジャパン)を設立!!

 それはあまりに衝撃的だった。

 2014年12月12日、水野和敏が台湾の自動車産業をメイン事業としている裕隆集団の傘下、自動車開発会社の『華創車電技術中心股份有限公司(HAITEC)』の本社副社長、そして日本における開発拠点となる華創日本株式会社(
HAITEC JAPAN)の代表取締役、最高執行責任者(COO)に就任したとの発表をした。

 今後は日本を拠点に台湾の自動車メーカーの自動車開発や関連事業をしていくという。

  R35GT-R開発者として知られる水野だが、’12年をもって日産自動車を退職。その後は本人の弁によれば「無職のオヤジ」だったが、自動車開発にかける思いは、60歳も半ばにさしかかろうとしている水野のなかで消えるどころか、ますます大きく膨れあがっていたのだ。

 華創車電の親会社となる裕隆集団は台湾ドメスティックの俗に言う財閥で、1950年代には乗用車の生産を開始している。’80年代から’90年代にかけて日産や三菱との提携、合弁による自動車生産と販売を開始。’05年に自社ブランドの開発拠点となる華創車電を設立し、’09年には日産や三菱とは独立した自社ブランド『LUXGEN』を冠するニューモデルを市場に送り出している。

 台湾メーカーから世界に挑戦する!

 「アジア開発圏を創出していかなくては、日本を含めたアジア圏の自動車メーカーは単独の開発では欧州やアメリカの自動車メーカーに太刀打ちすることはできない」。

 水野は危機感をいだいている。日本で自動車、特に4ドアサルーンが売れないというけれど、それは間違いだと水野は言う。300万円台から500万円前後の価格帯では、日本車が売れなくなった代わりにベンツやBMWそしてアウディといった欧州のプレミアムサルーンが売れている。

 つまり、日本で4ドアサルーンが売れないのではなく、魅力を失った日本の4ドアサルーン車が売れていないだけであって、お客は魅力ある商品であれば300万円でも500万円でもお金を払って新車を購入するというのが水野の持論である。

4 のコピー
 現在裕隆汽車がラインアップする高級車ブランド『LUXGEN(ラクスジェン)』

 ではなぜ、台湾の自動車メーカーなのだろうか!? 水野の理想とするクルマを開発するのなら、日本のメーカーやヨーロッパの自動車メーカー、あるいはアジア諸国の自動車メーカー、成長著しいインドの自動車メーカーという選択肢もあったであろう。

 今でも現地生産はしているが、水野の構想は〝開発圏〟についてである。インフラコストが高く、人的資源不足により基準化した定常作業時になっている現在の商品開発の密度をどう上げるか、である。

 冒頭でも言った「アジア開発圏」という考え方である。水野の根底には、あくまでも〝日本発〟という気持ちがあるように感じた。日本発の技術力を持ってヨーロッパやアメリカの自動車メーカーと真っ向から対峙したい。その思いが水野にはあるのだろう。

 「最終的には人が持つ力とお互いの文化や価値観を生かすことだと思っている」水野は断言する。

 台湾の人と接していると、古きよき日本人の気質を持っていることがよくわかるのだという。例えば台湾の駅や道路にはゴミはほとんど落ちていない。エレベーターには整然と一列に並んで乗る。

 思いやりであるとか、人のためにという気持ちが自然と台湾の人々には備わっていると水野は感じた。欧米やほかのアジア諸国では感じられなかった人間の気質である。

 こうした気質は一朝一夕で身につくものではない。親から子へ、また、身近な人々との関係性のなかで何代にもわたって培われてきたものだ。欧米的な〝オレがオレが〟という自己主張も確かに大切な場面もあるだろう。だがしかし、自動車という工業製品をチームで開発していくためには、台湾人が備えている〝人のために〟という調和の心がもの凄く大切なのだと水野は考えているのだ。

 他人が仕事で困っている時に、自分の仕事が終わったのだからと見向きもせずに帰って行くようではチームとしての仕事はできない。水野がいつも評価試乗の取材時に言っている、「エンジンやサスペンション、ボディなど個々の仕事は完璧に仕上がっているけれど、1台のクルマとしてみた時にそれぞれがバランスされていないから、運転していて気持ちよくない」という言葉が脳裏に蘇る。

 そのうえさらに、台湾はIT技術では世界トップクラスであるという事実がある。これからの時代、自動車とITの連携は必須の課題だ。日本の持つ自動車開発の基盤的な技術とノウハウと台湾人の人としての高い資質。さらに台湾のIT技術を連携して新たな自動車を作り上げていくことが水野の狙いなのだ。

同じ仕事は二度としたくはない

 水野がクルマを開発するというと、GT-Rを凌ぐスーパーカーを作るのか!?と聞かれることが多いけれど、それは心外だと言う。

 「ボク自身、同じジャンルの仕事は二度としない」というのが水野の持論。

 日産在籍時代にレース活動はやり、成果を挙げた。GT-Rを開発したことでスポーツカーはやり遂げた。もうこの分野の仕事をすることはないだろう。

 「GT-Rのモノとしての進化版のようなクルマを作ってもしかたがない。GT-R開発時には全身全霊を込めて世界になかった新ジャンルを創りだしたと自負している。大きなトランクスペースを持ったスーパーカーなんて、今まで世界中にない。

 300㎞/hでアウトバーンを巡航して隣の人と会話もできるし、誰が乗っても安全に走らせることができる。GT-Rでは既存のスポーツカーやスーパーカーとは違う、新たなカテゴリーを創りだした。

 もしボクがスーパーカーをやるのだったら、GT-Rとは異なるアプローチで一から新ジャンルを構築する。FMフロントミドシップパッケージングを提案したV35スカイラインやZなども同様だ」

 では、どんなクルマを作るのか!?

 「この中にコンセプト設計書類が詰まっているけれど、まだ見せることはできないよ」

 気難しいイメージを持つ人も多いだろうが、水野は親しげな笑みを浮かべて冗談も言う。携えるカバンの中身をチラリと見せて、分厚い書類の束をポンと叩いた。

エンジニアリング開発拠点は日本発

 水野の新たなオフィスは神奈川県厚木市にある。ここが華創日本株式会社の本社であり、また、開発の拠点となる。

 「華創日本で基盤プラットフォームの開発や商品化プロジェクトの先行開発車を作っていく」

 月の半分以上は厚木のオフィスで仕事をすることになると言う。残りの時間は台湾の本社に勤務する。

 「コアとなる開発チームは最大でも20人以下で充分」

 水野はGT-Rの開発時も、中核となる開発スタッフは15〜20人程度だったという。もちろん実車テストなどでは協力スタッフが数十名必要だし、具体的なエンジン開発やボディ開発などでは多くの専門のスタッフが必要となる。

 「台湾の本社には有能な開発スタッフが2000人規模で在籍しているので、具体的な製品作りは彼らに引き継いでやっていく。台中には立派なプルービンググラウンドもあるし、ベンチテスト設備もそろっている。エンジン開発からシャシー開発、クルマ全体の開発まですべて台湾でできる。

 だからボクがやるのはその前の過程。どのようなパッケージングで新型車を構築していくのかといった基礎となる部分を作り上げていく。この仕事は、お互いがチームとして和がとれた最大でも20名以下が最適」と水野は考える。

 開発の拠点を日本に置くことで、日本や欧米の部品メーカーや協力会社と密接な連携をとりやすいというメリットもある。すでに多くの協力会社が水野の思いに応えるべく動き出している。

 《本文中敬称略》