都道府県別旧車残存台数調査

残念ながら生産終了になってしまった、旧車と呼ばれる貴重なクルマたち。人は数が少なくなったと知ると、より愛着を感じて、少しでも永らえようとするものだが、クルマの本質は床の間の飾り、博物館で展示されることではなく、実際にナンバーを付けて走ること。ということで、現在も走れる旧車と、旧車予備軍の登録車は何台あるのか? その実態をBC編集部が、都道府県別で独自に調査! 今回はスポーツカーの残存台数を追った。

 


多い車種では8割減少!

絶版スポーツの残存台数が判明!

スクリーンショット(2015-11-02 15.06.05)

ほとんどのスポーツカーが生産終了となった’06年から昨年までの間に、一体どれほどのクルマが消えていき、現在どれだけ残存しているのか? その答えが、左の表になる。なんと、上位3台はマツダ車が独占! その減少率は約8割とほかのクルマと比較して、飛び抜けて多い結果となり、’06年時点では上位にいた、いすゞ ベレットを追い越してしまった。6位にユーノスコスモも入っていて、このままだとワースト4がマツダ車となる日も遠くないのでは? と思わせる状況だ。

それに対して、ピアッツァ/PAネロを除き減少率が低いのがいすゞだ。ベレル/ベレットの減少率は7・6%と今回調査した車種の中で最小となっていて、生産を終了してから42年が経ったクルマとは思えぬ好成績だ。117クーペも18・8%と低い。この要因をいすゞ車のメインテナンスなどを得意とする「ISUZU SPORTS」(東京都)に聞いてみたところ、「’60〜’70年代のクルマは、現在の複雑にセンサーで電子制御されたクルマとは違い、最低限のメカで動いているので、手を尽くせば直すことができるんです。オーナーもそのクルマの価値をわかっているので、乗り続けようという意志も強いです」と語ってくれた。旧車と付き合うのは、覚悟が必要ということだ。

残存台数の少ないクルマが

多く残る都道府県はどこなのか?

マツダMX‐6

A_01

 シルビアやプレリュードクラスのクーペボディに、2・5ℓV6エンジンを搭載する、ものすごくバブル時代を感じさせるクルマだ。

残存台数としては北海道が24台と最も多いが、札幌のマツダディーラーに聞いてみたところ「ほとんど見たことはないですね。1度か2度くらい、街中で見かけた程度です」との回答だった。中古車も、今号の編集時で全国で見てもわずか2台と、出会うことはなかなか難しい状況のようだ。

残存台数……241台

1位/北海道 24台 2位/千葉県/神奈川県 21台 4位/東京都 20台 5位/広島県 19台

A_02マツダユーノスプレッソ

小さいボディに、1・8ℓV6エンジンという、刺激的な組み合わせのクルマとして発売されたが、現在残っているのは889台だけで、残存台数トップは茨城県の83台となっている。

アフターパーツに関しては、1・5ℓ仕様は他の車種からの部品流用が利いたようだが、V6仕様に関しては、唯一といえたマツダスピードからの供給が終了したため、現在所有しているオーナーたちは中古部品か、海外から手に入れるしかないのが現状のようだ。

残存台数……889台

1位/茨城県 83台 2位/東京都 78台 3位/北海道 62台 4位/千葉県 61台 5位/神奈川県 59台

A_03

いすゞベレル/ベレット

減少率は7・6%と、いまだ根強いファンが多いベレット。残存台数トップが東京都の172台で、2位の愛知県に圧倒的な差をつけて多いことがわかる。都会で多く販売されたのと、修理できるショップが多いことが要因だと考えられる。

また、前出の「ISUZU SPORTS」の話では、ベレットでもクーペの「GT」は価値を知っている愛好者が多く、それにともなって残存台数が多いのだが、セダンは数がかなり少ないとの話だった。

残存台数……938台

1位/東京都 172台 2位/愛知県 63台 3位/神奈川県 59台 4位/千葉県 51台 5位/埼玉県 46台

いすゞピアッツァ/PAネロ

A_04

イタルデザインのジョルジェット・ジウジアーロ氏がデザインし、ほぼオリジナルに近いデザインで量産されたクルマだ。

東京都や、神奈川県など関東に多く分布しているが、当時としては先進のECUやクランク角センサーなどの技術を搭載し、電子制御が複雑になっていることで、故障してしまうと直すことが難しくなってしまった。そのため、手放してしまうオーナーも多く、いすゞ車のなかでは残存台数の減少率が高い。

残存台数……1102台

1位/東京都 254台 2位/神奈川県 153台 3位/千葉県 119台 4位/埼玉県 80台 5位/北海道 51台

マツダユーノスコスモ

スクリーンショット(2015-11-02 15.30.53)

 世界初の量産ロータリーエンジンを搭載した初代から、3ローターのロータリーエンジンで高出力エンジンを追求した、バブル景気の申し子のようなクルマだった4代目まで、常に新たな技術的挑戦をしていたクルマで、人気が高かった。

ただ、4代目はもう手に入らないエアコンコンプレッサーや、製造が終了している純正部品が多いので、維持にはかなりの苦労がついて回るので、手放す人も多くなっている。

残存台数……1273台

1位/東京都 127台 2位/神奈川県 99台 3位/埼玉県 95台 4位/千葉県 89台 5位/北海道 73台

 

なぜここまで旧車が急激に減少したのか!?

 考えられる原因はいくつかあるのだが、まず1つ目が2009年から開始されたエコカー補助金だ。この制度は、13年以上経過したクルマを廃車にして、エコカーを購入すると25万円の補助金がもらえて、さらにハイブリッドカーを購入すれば合計で40万円もの補助金がもらえるというものだった。

この補助金効果によってプリウスが爆発的に売れ、’08年と’09年の登録車数で比べると、なんと13万7214台も増えていた。その他のエコカーも軒並み販売好調だったのだが、これは希少な旧車がそれだけ姿を消したことを意味する。

そして2つ目として、『残存数が少ない10台……』でも書いているのだが、生産終了から20年も経った旧車になってくると部品が廃番になり、補修部品が手に入らず修理ができないので、泣く泣く愛車を手放すオーナーが少なくないという点だ。

この傾向は電子制御が複雑になった’80年代からのクルマに特に言えることで、電装系などで壊れた一部の部品だけを交換したいと思っても、アセンブリーでないとメーカーから補修部品が出ないものが多い。その他の部品も含めて廃番になっていた場合、中古部品を探すことになるのだが、古くなればなるほど部品取りできるクルマも減って手に入らなくなってしまうのだ。自前で作れる部品なら、ワンオフで作ってくれるショップもあるが、それには相応のコストがかかってしまうので、二の足を踏むオーナーも多い。

特別そのクルマに価値を見出している、または相当な愛着があるオーナーでなければ、手に入らなくなった部品を高いお金を出して作ってまで直そうということは難しい。そうなると、新しい年式のクルマに買い替えという選択になり、どんどん旧車が姿を消していくというわけだ。

 

 

 

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ